1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 男性の浮気不倫傾向
  4. ≫エリートは浮気をするって本当?エリートが浮気をしてしまう5つの理由

エリートは浮気をするって本当?エリートが浮気をしてしまう5つの理由

エリート浮気

エリートとの特徴といえば、その向上心の高さです。

勉強への意欲もさることながら、常に上を目指す意識の高さこそがエリートの象徴といえるでしょう。

しかし、その向上心の高さゆえに、恋愛や結婚後も常に上を目指します。今いるパートナーにはすぐに飽きてしまい、また別の優れたパートナーを求めて貪欲に行動に出ます。

その結果、結婚をしても長続きがせず、すぐに今のパートナーに飽きてしまう人が多く、不倫にも積極的です。

 

野生に忠実な人が多い

エリート男性に多くみられるのが、野性的な人がとても多いことです。エリートというと、かなりナイーブな性格と外見を持っている人が多いと思う人が多いでしょう。

しかし、その印象は学生時代までです。いざ社会にでると、エリートほど野性的な人間はいません。仕事はバリバリとこなし、常に自身に満ち溢れているのがエリートの本質です。

そうした性格ゆえ、自分の性欲に貪欲な人もおおいです。

あまり知られてはいませんが、社会的エリートとして有名な弁護士の業務停止の理由に、依頼者へのセクハラや性的関係の強要が多いことをご存じでしょうか?

これは社会的地位が高くなるほど、人間は自分の本能に忠実に動きはじめるからです。この事実を示す研究もある位です。人間は力を得ると、性欲を開放しやすくなるのです。

 

モテるため、浮気のチャンスも多い

エリートでがモテる理由は、その社会的地位の高さと、資金の豊富さです。

愛情はお金で買えないという意見もありますが、お金や社会的地位が高い人間ほどモテるのも事実です。ロマンも何もない意見かもしれませんが、人は意識しようが、無意識であろうが、ステイタイスの高い異性にほど惹かれる傾向にあります。

そこに加え、性格や容姿も良ければさらにモテるチャンスは高まります。こうした人間に集まる異性はとにかく多いので、浮気をせずに生涯を過ごすためにはかなりの自制心が必要でしょう。

 

社会的地位と不倫は関係性がある

有名大学を出て有名企業に就職したエリート達は、必ずと言って良いほど高い社会的地位についています。

そうした地位を持っている人間が不倫をしやすい理由として、男女の力の差が不倫に大きく関係していると言います。

不倫関係は通常の恋愛とは違います。その関係が不毛なものであり、なおかつ無意味なことであることを知っている人はとても多いのです。

しかし、それでも不倫関係に持ち込むためには、異性としての純粋な魅力だけでなく、立場の差を利用する必要があると言われています。

 

例えば、エリート男性が不倫をする相手が、自分より立場の上の女性であることは殆どありません。反対に、自分より立場が下の、アウトエリート層の女性と関係を持つことが多いのです。

 

一方、不倫関係に陥るアウトエリート層の独身女性は、そもそも不倫をするつもりが無かった人が多いのです。それでも不倫に陥ってしまうのは、自分より立場が上のエリートからの圧力に負けてしまっている場合が殆どです。

また、最近では女性の社会進出により、エリート女性達が年下の男性を誘惑する例も見られます。ここにもやはり社会的立場や地位の違いを利用して異性の関係を築こうとする女性の欲望が見られます。

 

エリートは浮気をステイタスと思っている?

エリートの全てがそう思っている訳ではありませんが、エリートの男性の多くは浮気をステイタスの一つと思っている部分があります。

特に外資系の商社や証券会社などに努める野心的なエリート達は、浮気相手の女性の数や相手女性のステイタスなどを仲間内で競っていることがあります。

 

彼らにとって、浮気とはハンティングに他なりません。

こうした行動をする男性はエリート層だけではありませんが、とにかくモテル要素が大きいエリート達だからこそ、狙う獲物のステイタスも大きくなるため、狩りへののめりこみ方も多きくなります。

 

若い頃に遊べず、中高年になってから不倫にはまるエリート達

野心的なエリート達は、若いころから異性との浮気や不倫を楽しんでいます。しかし、そうでは無いエリート達は、若い頃は勉強に励んでいる人が殆で、恋愛にいそしむ時間はありません。

また、性格的に真面目であるものの、異性への積極性に欠ける人が多いのも特徴です。そのため、有名大学に入り、有名企業に就職するものの、異性にはあまりモテない人も多いです。

 

しかし、そうした奥手な姿勢も中高年になりはじめると変化します。この年齢の人間はホルモンの変化によりリスクに対する感覚が薄れはじめるため、若いころは考えられなかったような大胆な行動をとってしまうものです。

また、道徳的意識が低下しはじめるのも中高年の特徴です。若い人間ほど道徳に関して強い意識をもっていますが、年齢が経過するのと共にモラルが低下し、非道徳的な行動も簡単に取ってしまいます。

これらの特徴は老化によって起きる現象ですが、その弊害として不倫に対する抵抗感が無くなってしまうという、かなり頭の痛い問題が起きはじめます。

 

その結果迷惑をこうむるのは奥さんなのですが、家庭や奥さんのことを考えると、離婚をしようとしても出来ない人が多いです。

 

まとめ

浮気調査をすると多くの対象者に出会うことになりますが、その中でも浮気相手の数、そして浮気の酷さが大きいのは、やはり社会的地位の高い人達です。

エリートだからと言って、何をして言い訳でもありません。もしそれが発覚すれば、避難を受けるのは当然のこと。そうした社会でなければ、配偶者に苦しむ人達は増えるばかりでしょう。

ただ、かといって彼らの浮気を必要以上に叩くのは望ましくありません。もちろん、社内規則に反するような不道徳な行いなら問題ですが、ただの不倫であり、法に反していないのなら、家庭内の問題として片づけるだけです。

 

最近は報道などでエリート達の浮気を必要以上に叩く人達が多いですが、それによって彼らの社会的地位を必要以上に貶める必要はありません。

エリートの仕事は社会への貢献であり、それ以上のものは求められてはいません。出来れば人格者であることを望みたいところですが、それをエリート達に臨むのは、あまりにも酷なのではないでしょうか。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい