1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫不倫をやめたいと感じる時の理由

不倫をやめたいと感じる時の理由

furin_yametai_1

不倫をしている人間をズルいと思う気持ちは誰にでもあるでしょう。

しかし、良く考えてみてください。本当に不倫なんて関係に満足している人ばかりでしょうか?

不倫は確かに非日常的でスリルのある関係です。

しかし、やはりその相手を本気に好きになることが許されない恋愛。そんなに器用に立ち回れる人間などそう多くはありません。

そして、本当にそこで結ばれたとしても、所詮不倫は不倫。多額の慰謝料の支払いが生まれ、財産は分与され、さらには決して祝福されることのない結婚をしなければなりません。

つまり、結局どう考えてみても、不倫をすればするほど人は自分の行いの不毛さに耐えきれなくなるのです。

そこで、今回は不倫をする人間が関係を終わらせたいと思う理由について詳しく解説していきたいと思います。

もしかしたら、貴方のパートナーもすでに不倫を辞めたいと考えているかもしれませんよ?

 

お金と時間が無駄だと感じた時

不倫関係を続けていく上で、お金と時間はとても大切なものになります。

お金はもちろん、不倫相手とのデートを楽しむためのもの。

基本的には金銭的に余裕のある側が支払うこととなるので、男性がデート代を支払うことが多いでしょう。(ただ、W不倫の場合は両者が共にお金を払う事が多いようです)

これも金銭的に裕福で、生活に何不自由していない人間ならストレスにはなりませんが、そんな人間ばかりが不倫に走る訳はありません。

むしろ、探偵社が調査に入る不倫とは、その大半が中流階級層の家庭ばかり。こうなると、不倫相手とのデート代が大きな負担となっているでしょう。

また、不倫を行うことで浪費する時間は男女共に大きな無駄と感じ安いです。

特に向上心が高い人間の場合、仕事に勉強と忙しいので、不倫関係を維持するために時間を浪費するなどもっての他。下手に不倫関係に発展してしまったら、すぐに耐えきれなくなり、さっさと相手との関係を解消しようとします。

 

また、趣味に没頭している人間も同じです。

不倫相手とのデートに時間とお金を使うなら、その分を自分の趣味につぎ込みたいと考えはじめたら、もはやその不倫も終了までのカウントダウンが始まったと見て良いです。

ただし、趣味人間の場合は共通の趣味を持つ不倫相手を持った場合、趣味を口実にどんどんと不倫にのめりこんでいくので、不倫関係で終わらず、そのまま結婚してしまうケースも珍しくありません。

 

相手が離婚する気が無い時

不倫関係にある人間の多くは、既婚者と独身者という構図で成り立っています。

しかし、その関係はとても危ういバランスで成り立っており、バレずに関係をつづけていけば、いつかは相手にのめり込み、二人で共に新しい生活を始めようと考えるかもしれません。

しかし、いつでもその発想に真っ先にたどり着くのは独身者で、既婚者はそう簡単に別れることはありません。

むしろ、不倫相手よりも家族を大切にしている人間の方が多い位ですから、不倫相手の独身者からすれば、常に劣等感に際悩まされるでしょう。

 

そんな時、かならず独身者は「はやく離婚してほしい」という発言を既婚者に向かって投げかけますが、これに既婚者が答えることはありません。かといって、不倫関係を終わらせるつもりも無いので「もうすぐ離婚するよ」と、都合の良い言い訳を延々と繰り返すことになるでしょう。

こんな関係は、どんなに頑張っても1年も持ちません。

いつまでも相手が離婚する気が無いと知れば、独身者の方から別れを切り出して来るでしょう。

 

不倫関係がバレそうになった時

お互いに家族をもっていながら不倫関係に陥ることを、巷では「W不倫」などと呼びますが、こんな関係はそう多く有りませんし、関係が持続することも稀です。

なぜなら、お互いに常に家族を優先しているため、不倫関係にのめりこむことが殆どありません。また、お互いに家族を裏切ってまで一緒になるなどもっての外、もしも不倫がバレそうになれば、すぐさま何方から「もう終わりにしよう」と言い出します。

また、これはW不倫に限った話ではなく、通常の不倫においても同じことが言えます。

ただ、通常の不倫では家族を持っている側が不倫関係の終わりを願っても、その相手が関係を持続させようと抵抗することが多いので、そう簡単には不倫関係を終わらすことが出来ないかもしれません。

 

将来に絶望した時

不倫をしはじめの頃、まだまだ浮気の段階はイケない男女の関係も楽しめていたかもしれません。

しかし、つい関係が長く続いてしまい、不倫関係がズルズルと続いてしまったら、そこから先は将来への不安が常に襲ってきます。

特に女性は不倫関係にロマンを抱いているものの、いざ不倫関係に陥ると、将来への不安に常に押しつぶされそうになると言います。

『不倫をしている事実が回りに知れてしまったらどうなるのか?親や兄弟に知られたら?もしも相手の家族に知られたらどう思われるのだろう?結婚はできそうもないなら、自分は将来どうしたらいいのか?』

と、次から次へと不安が浮かんでくるため、常に強いストレスに胸を痛めることになります。

特に寝る前に強い不安に駆られることが多いのですが、隣にいるはずの彼は奥さんと一緒に眠ている最中。不倫関係にあるだけに、ほかの人間に相談もできず、その苦しみを一人で抱え続けなければいけません。

 

まとめ

不倫を辞めるタイミングは、不倫を行っている最中に幾度となく繰り返し本人に襲ってきます。

それに耐えれてしまうのは、結局は不倫相手に対する愛情があったり、割り切った関係であるからこそ。そうでなければ、とても不倫関係など長年続けられるものではありませません。

しかし、不倫関係の終わりの迎え方は平穏とはいきません。もしもお互いに本気になってしまったら最後、家族を捨ててまで一緒になろうとする人間も珍しくありません。

だからこそ、不倫問題というのはなるべく早く解決しなければいけません。自然に別れることも多いのですが、もしも関係がズルズルと続いたら、そのあとに待っているのはパートナーからの離婚宣告しかありません。

自分のためにも、家族のためにも、早めに調査をして浮気問題を解決しましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい