1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の調査方法・見抜き方
  4. ≫不倫浮気する男の特徴

不倫浮気する男の特徴

furintokutyou

浮気をしているかどうかを確実に見抜くには、やはり浮気調査が一番です。

しかし、やはり探偵事務所に浮気調査を頼むとなれば、ある程度は浮気の可能性について見抜きたい所です。

そこで、今回は浮気をしている男性の特徴について把握することにより、セルフ調査の足がかり、もしくは探偵社の依頼への判断材料として使えるチェックポイントについてご紹介させて頂きます。

携帯は常に手放せない

仕事でもプライベートでも常に携帯電話を操作している人間は、とにかく浮気の可能性が高いと見て良いでしょう。

そもそも、浮気をするためには、浮気相手とのマメな連絡は欠かせません。

しかし、普段から携帯を使っていない人間が級に携帯電話を操作していれば、すぐに浮気について疑われてしまいます。

そこで、浮気をしている人間は普段から常に携帯電話を操作してカモフラージュをしている事が多いのです。

木を隠すなら森という言葉がありますが、浮気メッセージはその他の多くのメッセージの中に隠してしまうのが一番ということ。最近ではアプリゲームなども流行しているため、携帯電話を普段から操作する口実は幾らでも存在します。

また、仕事用の携帯電話とプライベートの携帯電話の2種類を持っている人間の場合、プライベートの携帯電話ではなく、ビジネス用の携帯電話で浮気相手と連絡を取り合っている人間もいます。

これは当然、ビジネス携帯を操作していれば、それだけで『仕事相手と連絡とり合っている』というイメージを付けられる他、大胆な人物であれば、パートナーの目の前で電話をすることで、あえて電話の相手を仕事相手と勘違いさせようとする巧妙な人間も居ます。

この様に、とにかく携帯電話ばかりを操作している人間は浮気の可能性が高いので、携帯の操作のしかたや、ビジネス用携帯の扱い方にはよく注意しておきましょう。

時間が不定期な仕事についている

浮気を頻繁に繰り返す人間は野性的な本能が強いため、安定した仕事よりも時間が不定期なハイリスク、ハイリターンの仕事を好む傾向にある事が最近の研究でわかってきています。

しかし、この様な不安定な職業は、実は浮気を隠すのにもってこいの環境です。

突然浮気相手と会いたいと考えた場合『急に仕事が入った』といって浮気相手と会う人間は多いですが、これが普通の公務員やサラリーマンである場合、不定期な仕事そのものが不自然なため、配偶者にすぐに浮気の可能性を疑われてしまいます。

ただ、普段から出張が多かったり、昼夜問わず仕事が入るような職業だと、急な仕事も大量に入ってくるため、浮気相手と会う口実に仕事を使っても怪しまれにくいのです。

こうした職業は世の中に沢山ありますが、特に夜勤が多い職業の場合、夜勤といって浮気相手と一夜を共にする場合も多いので、本当に夜勤なのかどうか確認してみる事をおすすめします。

趣味が多い

外出する趣味が多い人間は、不定期な仕事人間同様、浮気のチャンスを作りやすいというメリットがあります。

特に多いのはゴルフ、釣り、登山など、野外活動をメインとする趣味を持っている人間は性格的にも浮気をしやすい傾向にあるため、当然趣味を言いわけにして浮気相手と会っている可能性があります。

%e6%8e%a2%e5%81%b55

ただ、このような趣味人間の場合、浮気相手そのものが同様の趣味を持っている可能性が高く、ゴルフの相手や釣りの相手、もしくは登山のパートナーが浮気相手である可能性が大変高いです。

この様な様子を直接確認できれば浮気を見抜くのも大変簡単なのですが、野外の趣味というのは頻繁に場所を移動したり、行き先などを急に変更することもあるので、どこに行ったのかを配偶者が把握することが大変難しいです。

また、例え相手に『今何処にいるのか?』と確認できたとしても、到着した頃にはすでに浮気相手を帰してしまった後なので、結局証拠を得る事は難しいのです。

頻繁に飲み会に出かけて居る

会社の飲み会に行くといって毎晩遅くまで飲んでいる人間は多いですが、バブル期ならまだしも、この現代においては月に1度あれば良い程度。そうそう毎日あるわけではありません。

しかし、これを知らない主婦の方は、案外夫の『今日は飲みに行って来る』という台詞に騙されている人も多いです。

また、この様な言いわけを使用して浮気をしている男性の場合、その多くは社内不倫である事が多く、『会社の同僚と飲んでいた』というのも、厳密には嘘というわけではありません。

だからこそ、浮気をしている人間も嘘をつきやすいため、同僚とお酒を飲んでいたという嘘は未だに頻繁に使われるのです。

土日には友人と遊んでばかりいる

コミュニケーション能力が高く、土日には常に友人や知人と遊んでばかりいる人間の場合、その遊び相手の中に浮気相手が要るというパターンは大変に多いです。

特に学生時代の同級生、もしくは元同僚など、ただの友人として合っているという人物に限って浮気をしているのです。

しかし、このような交友関係の広さをもっており、土日に配偶者ではなく別の人間と遊べてしまうような環境は、明らかにパートナーの方が有利な立場にある事が多く、浮気の事実について問いだすと、逆に責められてしまうという状況が多いです。

まとめ

  • 携帯電話を常に触っている
  • 不規則な仕事をしている
  • アウトドア系の趣味を持っている
  • 会社の飲み会が多い
  • 交友関係が広い

このような行動が見られた場合は、ある程度浮気を疑ってみると良いでしょう。

もし何もなければそれでよし。しかし、浮気の兆候がさらに見られるようならば、さらなる浮気調査を行い、真実を確認しなければなりません。

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい