1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫不倫浮気が許されないのは、日本人の道徳思想の高さゆえ?

不倫浮気が許されないのは、日本人の道徳思想の高さゆえ?

不倫浮気道徳

昨今芸能界を騒がしている不倫問題は、誰でも注目せざるを得ません。

しかし、なぜここまで人の不倫が気になってしまうのか、気になってしまったことはありませんか?

そこで、今回は他人の不倫について気になってしまう人間の心理について迫ってみたいと思います。

 

不倫を許せない訳ではない?

日本人が不倫についてとにかく言及したがるのは、不倫についてよりも、不道徳な行いそのもに対する厳しい姿勢があることが大きな原因です。

不倫という行為は、そもそも人の道を外れた行為とを指す言葉です。

その意味は本来「非道徳」と同じ意味でしたが、江戸時代頃から「不倫」を男女関係の非道徳的行為について言及する際に使われ始めました。

つまり、不倫に対して人々が持つ嫌悪感は、非道徳的な行為に対する嫌悪感と同じです。

行列に割り込んだり、信号を無視したり、タバコをポイ捨てするのを見るのと、他人の不倫を見るのとでは、それほど大きな感情的変化は無いのです。

 

非道徳的行為を日本人は非難しやすい?

日本人は他の国よりも、協調を重んじ、特殊で風変りな行動を寛容できない部分があります。

例えば、東日本大震災が起きた時も、日本人の協調性の高さや規範やモラルの高さを海外から評価された出来事を覚えているでしょうか?

あの時、震災によって荒れ果てた土地で、普通ならパニックに陥り暴動が起きたり、食料などを手に入れるために店舗を荒したり、火事場泥棒の様な行動に出る人間が出ると思っていた外国人が、日本人がその様な行動を一切せず、冷静に避難していた様子に驚いていました。

この特徴を、海外の人間は「日本人のモラルは素晴らしい」と絶賛していました。

しかし、こと非道徳的な行為(アンモラル)な行いを出る人間がその中に現れたとしてたら、モラル意識の高い日本人ほど厳しい人種は存在しないのです。

 

自分に関係の無いアンモラルな行いも、日本人は怒りを覚えやすい

集団的意識が高い日本人は、家族単位や仲間単位でのモラルを大切にしますが、それ以前に、さらに大きい範囲での集団意識すら持ち合わせているのが特徴です。

例えば、ある人間が浮気や不倫をしていても、それによって傷つくのは自分ではありません。つまり、それは対岸の火事となんら変わらないはずです。

ですが、人の不倫を見聞きした人間は、まず間違いなくその相手に不快感を示します。特に日本人の中でも集団行動を重んじる女性達は、モラルや規範に対する意識があまりにも強いため、対岸の火事である他人の不倫にも危機感を持って接してしまうのです。

 

インターネットの発展により、暴発する民意

インターネットが人々に浸透するにつれ、ネット上には様々な人々の声が書き込まれるようになりました。

それは発言権を持った一部の人間だけではなく、月数千円のインターネット利用料金を払え、なおかつスマホか携帯電話、パソコンを購入できるありとあらゆる人間が可能となっています。

その声は一つ一つが独立した意思によって書かれている訳ではありません。特に日本人の場合は集団意識が高いので、インターネット上で最も目立ち、最も多い意見に賛同する特徴があります。つまり、こと不倫問題が騒ぎになった場合は、もっとも道徳的な意見

に対して、次々と同じ意見が続いて行くため、一気に炎上騒ぎとなってしまうのです。

一方、炎上された側の人間も日本人です。その性質が日本人らしければらしいほど、見ず知らずの人間から不倫を叩かれることによって、精神的ダメージの負い方も大きくなります。

 

不倫をする人間でも、逞しい人間がいる

「不倫によって世間をお騒がせしてすいません」と芸能人が誤るのは、決して彼らが心の底から不倫を申訳ないと思っている訳ではありません。

なにせ、不倫についてこちらが勝手に騒いでいるだけですから、私達に誤ってもらう理由もありません。

ただ、こうして謝れる人間、もしくはなんらかの声明(ゲスの極みの川谷さんのように「お前たちに謝る必要はない!」など)を出せる人間は、その後の自分の立ち位置を考えての行動です。謝るにせよ謝らないにせよ、インターネット上の民意にまかせて潰されるのであれば、どちらかの行動を選んだ方が、その後生き残れる可能性も高いというものです。

 

一般人はこうはいかない?

不倫をして謝るべき相手は、もちろん傷つけた奥さんです。周囲の人間に謝る必要はありません。

ただ、これは力のある芸能人や富裕層であるからこそ言える発言であり、一般社会に住む私たちの様な人間が同じことをすると、かなり手痛いダメージを受けることになります。

 

周囲の人間からの信用を失う

日本人的気質によるモラル狩りは、私たちに対しても向けられています。特に表面上「いい人間」として評価されていた人間ほど、その周囲にはモラル意識の高い人間が集まりやすいのが日本人の特徴です。

そんな人間が不倫に走ってしまったら、その後は周囲の人間から「あいつは信用できない人間だ」として、一気に友人関係を失ってしまうでしょう。

 

社会的信用性を失う

日本は未だに個人主義の社会とはいえません。

周囲の人間に同調し、協調性を持って行動出来ることこそ優れた人間であるという意識が高いため、社会生活においてもモラルは重要視されます。

 

その結果、社内不倫など起こそうものなら、左遷や退職に追い込まれることも珍しくありません。

この時、首を切られるのは、社内でも立場が低い側の人間と相場が決まっています。今後、離婚率が増加していけば不倫問題でクビや左遷、降格などが起きる確率も減るでしょうが、最近の若者はモラル意識が以前にも増して高くなりつつあるので、離婚率が高まったとしても、モラル違反の代償は高く付くかもしれません。

 

まとめ

不倫に対する厳しい目線は、日本人ならではの特性が大きく関係しています。モラルに対して強い意識を持つ日本人だからこそ、例え赤の他人の不倫でも、大きく騒ぎ立て、さらには他者の意見に強く同調し、インターネット上の炎上を巻き起こします。

ただ、アンモラルな行為が嫌いでありながら、そこへの興味関心が高いのも日本人の特徴です。

芸能人のみならず、多くの方々も、日本人のモラル狩りの対象にならないよう、普段から気を付けて行動しなくてはいけませんね。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい