1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫男女の不倫は職場でおきる?その仕組みとは

男女の不倫は職場でおきる?その仕組みとは

syokubafurinriyuu_1

探偵として多くの現場を経験してきましたが、その経験を踏まえてみると、対象者と浮気相手の関係にはある共通点が大変多くみられました。

それは、「会社の同僚」もしくは「上司と部下」という関係性です。

こうした不倫関係は昔から続いているので、一般的にもよく知られているでしょう。

また、依頼者の中には不倫といえば職場の女性を疑う人はとても多いのです。

 

しかし、職場不倫というのは大変リスクが高く、普通の発想ではなかなかしようとは思いません。むしろ、不倫をしたいと思った人間は職場とはまったく離れた場所でパートナーを求めた方が安全なのは言うまでもありません。

また、最近ではインターネットを利用して出会いを求めることも可能ですから、なにも無理に職場で浮気相手を探す必要もないはずです。

それでは、いったいなぜ職場不倫にのめりこんでしまう男女が多いのか?

今回は世の中の不倫男女の実態について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 

社内不倫のリスクとは?

社内不倫事態、常識的に誤った行為と言わざるを得ません。

しかし、社内不倫の実情を詳しく分析してみると、そこには具体的なリスクが多数潜んでいることが解ります。

 

社会的信用を失う

ビジネスパートナーと不倫関係になったことが発覚すれば、それだけで社内の信用を一気に失うことは避けられません。

社内の信用を失ってしまう原因としては、特に上司が部下と不倫をしている時に起こりやすいです。

例えば、周りの部下の中で一人だけ上司との関係が深い女性が一人いた場合、周りの同僚たちは「彼女だけが上司に贔屓にされている」と感じ嫉妬心を覚える可能性もあります。

また、上司から仕事による正当な評価を受けていないのにも関わらずに出世する可能性もあるのため、両社は共に社内での立場を無くしてしまうでしょう。

 

社内での噂になる

社内不倫が発覚すれば、そのスキャンダルは瞬く間に社内に広間っていくでしょう。

そして、スキャンダルの中心人物である両者は共に避難の的となり、社内での立場を失ってしまいます。

また、その様な噂は尾ひれが付きやすく、実際には行っていない不正な人事までもが噂になることもあります。

 

仕事への悪影響

社内不倫が発覚した場合、男性は避難こそすれど寛容な姿勢を示すことが多いですが、女性は不倫そのものに対する嫌悪感が強いので、不倫関係にあった両者に対して辛く当たることが増え始めます。

それも気にしなければ良いのでしょうが、社内の人間のすべてがそう優し人ばかりではありません。此方から頼んだ仕事を後回しにされたり、場合によっては無視や陰口などの陰湿な社内イジメが発生することも十分にありえます。

 

退社、もしくは左遷

以上の理由から、社内不倫は社内の正常な業務を妨げる可能性が高いため、多くの企業では社内不倫はもちろんのこと、社内恋愛すら禁止しています。

つまり、不倫そのものが社内規則に違反してしまうため、不倫が発覚すれば当然のごとく何らかの処分は免れないのです。

社内不倫をおこなった両名の処分が求められる時、会社側としては有能な人材であれば残し、能力が低い、もしくは勤続歴が短い方を左遷、もしくは退社させようとすることが多いです。

そのため、社内不倫で最も多い「男性上司と女性部下の不倫」の場合は、男性上司は降格、もしくは左遷措置がとられがちです。女性側は勤続年数が低いことが多いので自主退社に追い込まれることが多いのです。

 

リスクが高い社内不倫を行うメリット

社内不倫には余りにも多すぎるリスクが付きまといます。

しかし、社内不倫には以下の様なメリットも存在することを忘れてはなりません。

 

男女共に良く相手のことを知っている

SNSや出会い系サイトを使った不倫に比べ、社内不倫は恋愛関係から発展する場合がとても多いです。

社内で不倫関係となる男女は、普段から職場を共にしているため、相手の性格、もしくは能力的な部分についても良く理解しています。

そんな理解があるからこそ、相手の見た目だけではなく、内面的魅力に惹かれて関係をもってしまうため、その関係は通常の恋愛と殆ど変わらない強い結ぶ付きを持ちやすいのです。

 

会う時間を合わせやすい

社内不倫をするカップルは、お互いに相手の休日、もしくは仕事の進捗状況も理解しているため、デートの時間を作ることが楽になりやすいです。

また、相手にデートの時間がなくとも、相手お仕事の事情について通じ合っている二人であるため、会う時間が少ないということもでもトラブルになりにくいのです。

 

お互いの悩みを共有できる

同じ会社で働いている人間同士が持っている悩みは共通点が多いため、不倫関係にある二人はお互いの悩みも相談しあえます。

そのため、社内不倫を行う両者はただの恋愛関係だけではなく、仕事上のパートナーとしても強い信頼関係を築いているため、夫婦以上に強い結びつきをもっていることも珍しくはないのです。

また、人間はその生活の大半を仕事場で過ごす以上、家庭内の悩みよりも仕事上の悩みについて考える時間が多くなります。

そうした悩みを家庭に持ち込めない人間にとって、仕事の悩みも話せる異性ほど魅力的な存在は居ないのかもしれません。

 

社内不倫におけるスリル

社内不倫がもつ高いリスクそのものに興奮し、不倫を行う男女も少なくありません。

こうした人間はとても珍しいですが、実際に居るのが困りものです。

 

手軽にアプローチを掛けれる位置にいる異性

仕事尽くめの毎日で異性との出会いがなければ、社内にいる男女に目を向けてしまうことも珍しくありません。また、共通の話題も豊富な相手でもあるため、仕事終わりのお酒などに誘いやすいかもしれません。

 

まとめ

社内不倫とは、社会的信用と同時に、仕事も家庭も一気に失ってしまうほどの危険性をはらんでいます。

しかし、そこにはそのリスクを上塗りできる程の魅力や利便性が潜んでいるため、インターネットが発達し、様々な場所で出会いを求められる現在でも続いているのです。

しかし、やはり社内不倫は誰もが疑う不倫です。本人達は気が付かなくとも、同じ職場で働く同僚の殆どは、すぐに二人の不倫関係に気が付くため、発覚率も相当高くなるでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい