1. 興信所探偵
  2. ≫これであなたも名探偵!?探偵学校ってどんな場所?

これであなたも名探偵!?探偵学校ってどんな場所?

school-1

探偵学校とは、探偵社が運営する養成学校のことです。

養成学校とはいっても、自社に雇い入れるための探偵を育てるだけではありません。

独立開業を目指す人々のためや、自分で浮気調査をしたいと考える主婦のために、探偵の知識や技術を提供しています。

世の中には、驚くほど多くの人が探偵になりたがっているのをご存知ですか?

探偵という仕事は、昔から憧れる人が多い職業でした。アウトローなイメージへのあこがれ、庶民の味方としての探偵へのあこがれなど、様々な見方から探偵という職業に付こうと考える人がいるのです。

しかし、探偵の仕事はとても特殊なものです。日本ではライセンス制度がありませんが、それでもいきなり始められる仕事ではありません。そこで、各探偵社であ探偵学校を作り、そこで探偵を養成してから自社の探偵として雇い入れているのです。

 

探偵学校の費用

探偵学校の殆どは、入校のために費用が必要です。

費用はプランによっても変わりますが、おおよそ40~50万円前後と言われています。

探偵学校に入るために費用が必要なのには、実は次のような理由があります。

 

運営費が必要

探偵学校は専門学校と同じような扱いです。

運営は民間が行っていますし、授業をするためには人件費が掛かります。そのため、学校を無料で運営していると、運営している探偵社の負担が多き過ぎてしまいます。

そのため、入校者から費用を頂戴して、学校を運営しているのです。

 

全ての受講者が運営会社で働かない

もしも探偵学校に入る全ての人が、その会社の社員として働くつもりなら、運営費は無料にすることも出来るでしょう。

しかし、探偵学校を必要としているのは、むしろ独立開業を予定していながらノウハウのない経営者であったり、探偵に依頼をせずとも、自分で調査をしようとする主婦の方々であったりします。

また、探偵に興味を抱く人が勉強のために学校に入校することもあれば、探偵小説や映画を作る人が入校してくるケースもあります。こうなると、やはり運営費を受講者から頂かないと経営が難しくなるのです。

 

探偵学校のカリキュラム内容

探偵学校には大きく分けて「基本コース」と「独立開業コース」2つのコースがあります。

二つとも共通する授業が多いですが、独立経営だけは探偵事務所を経営するためのノウハウを教えてもらうことが可能です。

 

基本コース

基本コースでは、尾行、撮影、張り込みといった基本的な調査訓練を行います。尾行訓練では実際に町に出て尾行することになるので、本物の探偵のような気分を味わうことが出来るでしょう。また、撮影には学校が支給するデジタルカメラやビデオカメラを使用することになります。

尾行や撮影、そして張り込みの訓練が終わると、今度はそれらの技術にかんするテストが行われます。その結果、学校の卒業証書が受講者に渡されることになります。

基本コースのカリキュラムは2~3ヶ月程で終了することが多いです。

働きながら受講する人が多いので、さらに時間が掛かる人もいますが、基本的には半年以内には終了するでしょう。

 

独立開業コース

独立開業コースでは、探偵事務所を経営するための基本的なノウハウを知ることが出来ます。

探偵を経営するためには様々な法律を学ばなければなりません。探偵業法の他にも、調査中に抵触しやすい刑法や各種条例、そして過去に探偵が関わった判例も知らなくてはなりません。

他にも、探偵業唯一の商品となる報告書の作成についても学ばなければなりません。報告書の書き方はもちろん、製本のしかたや手渡し方も学ぶ必要があります。

さらに重要な契約の取り方や契約書の作り方なども教えてくれます。その後、経営の中で気を付けなければならない点や、営業の仕方についても教えてくれるでしょう。

独立開業コースでは基本コースよりも学ぶものが多いので、費用も少し高めに設定されています。また、勉強することも多いので長期間の受講が必要です。

 

探偵学校の規模

探偵学校を運営するのは大手探偵社が多いです。

しかし、中小の探偵社でも運営している学校が多いです。

どちらが良いとは言えませんが、基本的に探偵学校は探偵になるために受講するものです。探偵となって調査員と働く、または独立開業した後のことも考えて学校を選ばなくてはなりません。

また、教えてくれる講師がどんな人物なのかも重要です。ベテランで調査のノウハウを心得ている探偵が最も理想的です。ホームページを見れば探偵学校に関する情報が必ず出ているのでチェックしましょう。

 

探偵学校を出れば探偵になれる?

探偵学校に入れば、必ず探偵になれるという訳ではありません。しかし、学校に入らずに入社の面接を受けるよりは確率は上がるでしょう。

 

学校の成績で選ばれる

探偵学校で行われる法律・尾行・撮影・張り込みのテストは、その後の入社判断に直接影響します。もしもすぐに探偵とし働きたければ、学校のテストでは高得点を常に狙いましょう。また、苦手な科目をクリアできるよう、自主トレーニングや勉強も必要です。

 

研修期間中に選ばれる

探偵社によっては、卒業後に探偵社に作用された後の研修期間中にも見定められます。

研修期間中には実際の調査現場に出ることになります。探偵学校で良い成績を収めていても、そこで良い結果が出せなけば、やはり正式採用は見送られることになるでしょう。

 

探偵になるつもりが無くても受講できる

探偵学校には探偵になるつもりが無くとも受講することが出来ます。

探偵にはなりたくはないけれど、探偵という仕事には興味がある人は沢山いるため、年齢、性別を問わず沢山の方が授業を受けています。

また、前述のとおり、探偵に調査を依頼するだけでなく、自分で探偵の技術を学んでよりハイレベルな調査をしたいと考えている人が多いです。

 

まとめ

探偵学校は探偵になるための最短ルートです。

費用はかかりますが、その分得られるものは多いはず。また、探偵にならずとも、探偵についての知識や技術を手に入れたい人にはお勧めです。

もし時間や費用に余裕があれば、一度探偵学校に訪れてみましょう。無料見学やパンフレットを貰える場所も多いです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい