1. 興信所探偵
  2. 人探し
  3. ≫行方不明者捜索に有利?特異行方不明者とは

行方不明者捜索に有利?特異行方不明者とは

tokui-yukuefumeisya-1

探偵が行う行方調査は、警察とは大きくその手法が異なります。

また、基礎的な調査力である人員や科学調査、または監視システムなどを利用した操作方法も断然警察の方が有利な点が大きいですので、警察と同レベルという見方はしない方が良いです。

それでは、なぜ探偵が行方調査を行う必要があるのか?

それは探偵業が行う行方調査の多くが、警察が本格的な捜査を行わないためです。

しかし「特異行方不明者」に認定されれば、警察の本格的な捜査が期待できるのです。

特異行方不明者とは?

特異行方不明者とは、行方不明者の届け出を出した結果、警察によって認定されます。

もしも特異行方不明者として認められれば警察が本格的な捜査に乗り出してくれるので、行方不明者の発見率は大きく変わります。

【特異行方不明者の届け出】

  1. 1殺人、誘拐等の犯罪により、その生命又は身体に危険が生じているおそれがある者
  2. 少年の福祉を害する犯罪の被害にあうおそれがある者
  3. 行方不明となる直前の行動その他の事情に照らして、水難、交通事故その他の生命にかかわる事故に遭遇しているおそれがある者
  4. 遺書があること、平素の言動その他の事情に照らして、自殺のおそれがある者
  5. 精神障害の状態にあること、危険物を携帯していることその他の事情に照らして、自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがある者
  6. 病人、高齢者、年少者その他の者であって、自救能力がないことにより、その生命又は身体に危険が生じるおそれがあるもの

(行方不明者発見活動に関する規則より引用)

例えば行方不明者の半数近くを占めるといわれる未成年者の家出は、状況によっては2や6に該当するでしょう。

また、重度の精神疾患があるため自殺の可能性が高ければ5番に該当することも多いです。

また、最近多発している高齢者の失踪事件の場合は6番に該当することになり、警察の積極的な捜査が期待できるでしょう。

しかし、そもそも行方不明者の多くはこのいずれにも認定される事が無い人が多く、もし認定されても、あまり積極的な捜査協力が行われない事が多いのです。

特異行方不明者に認められないケース

特異行方不明者として認められれば、警察の積極的な捜査が期待できますが、特異行方不明者として認められるケースはそれほど多いものではありません。

精神疾患があっても軽度である

精神疾患があったとしても、特異行方不明者として認められるには重度のうつ病や、生活に支障のきたすレベルでなければなりません。

ですが、行方不明者の多くはそこまで重度の精神疾患がある訳でなかったり、本人も回りも気が付かないうちに精神疾患の進行が進んでいた為に行方不明になるケースが多いのです。

こうなると、警察としても行方不明者の危険度がどの程度なのか、客観的な判断をすることができないため、特異行方不明者として認めるかどうか判断に困ってしまう事が多いのです。

社会人として働いており、前後の行動に命の危険を感じさせない場合

未成年の行方不明者よりも、やはり社会人の行方不明者の方が得意行方不明者として認められにくい事が多いです。

なぜなら、自活力のある社会人が行方不明となったあと、行方不明となった先で新たな生活をしていたり、長期間行方が分からなくなっても、ひょっこりと家に戻ってくる事が可能だからです。

また、警察が行方不明者の捜索に避ける人員も限られたものなので、やはり大人よりも子供の命を優先して行動するのは当然といえば当然です。(実際にテレビでも見たことがあると思いますが、何千人もの規模でヘリまで動員して行方不明者の捜索を行うのは未成年者のみです)

ただし、自殺による死亡率は年齢が増すごとに高くなる傾向にあるため、中年~高齢者の失踪はかなり危険であると示すデータもあります。

遺書や書置きが無い

本人に不安な言動などがあっても、その不安度がどの程度なのかは、実際に見た家族にしか分からないことが多く、自分では「命が危ない!」と思っていても、客観的に見てそれほど命の危険が無いと判断されてしまうケースがあります。

こんな時でも特異行方不明者として認めてもらうには、遺書などが大変効果を発揮するのですが、昔とは違い、最近では行方不明になるのに遺書や書置きを残す人が少なくなっています。

ただの家出と思われてしまう

未成年者が行方不明になったとしても、ただの家出と思われれば、警察の積極的な捜査はあまり期待できません。

特に普段から素行が悪く、家出を繰り返している20歳に近い行方不明者の場合は、得意行方不明者として認められても、あまり積極的な捜査を期待できないかもしれません。

探偵は特異行方不明者も探してくれる?

探偵は依頼料金さえ払ってもらえば、特異行方不明者として認められなかった人も、認められた人も分け隔てなく捜索活動を行ってくれます。

ただし、探偵側としては自分達が探し出して手柄を立てる事よりも、行方不明者の発見を最優先とするので、やはり捜査力が高い警察の助力を最大限得られるように、なるべく特異行方不明者として認められるように証拠を集め、依頼者と共に警察を訪れます。

本来であれば、探偵も警察に負けない位の操作力が欲しい所かもしれません。

ですが、何分民間の調査会社ということもありますし、やはり警察に本格的動いてもらった方が依頼者優先、ひいては行方不明者の安全を優先しているので、その点は非常に立派だと考えます。

自分だけの捜査力を手に入れるために

行方不明者の発見には、やはり高い水準の捜索力が求められます。

ですが、警察からの積極的な助力を得られなければ、行方不明者のご家族は不安と恐怖に押しつぶされてしまいそうになるでしょう。

しかし、探偵はそんな人々のために存在しているようなもので、もしご依頼頂ければ、人員や機材では警察と同等までとは行かない事が多いものの、素人よりは確実に高い発見率で行方不明者を探すことが可能になります。

また、多くの調査員は、数多くの行方調査の経験と知識を元に日々技術を磨き続けているので、場合によっては警察よりも早く行方不明者を探し出す事が可能です。

その様なプロを雇えることは、行方不明者が出てしまったご家族にすれば大変心強いはず。不安に押しつぶされる前に、無料相談で話を聞いてみましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい