1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 芸能人の浮気不倫
  4. ≫社長の浮気事情!そもそも不倫なんて当たり前?

社長の浮気事情!そもそも不倫なんて当たり前?

社長浮気不倫

企業の社長といえば、浮気や不倫なんて当たり前、愛人も何人もいて、女遊びは常に絶えないというイメージが一般的ですよね?

そんな企業の社長さん達の不倫事情を追い続けた筆者としては、そのイメージはとても古いものという印象を受けます。ただ、あながち間違いでも無い部分が多い、というのが正直な感想です。

そこで、今回は企業の社長さんの不倫や浮気の事情について詳しく解説させて頂きます。

 

とんでもない豪遊の仕方

豪遊の仕方が恐ろしい人間は珍しくありませんが、その中でも私個人が見聞きしたとんでもない豪遊のしかたについて紹介させて頂きます。

 

不倫相手との密会のための一軒家を購入

バブル時代に名を馳せたある事業家は、不倫相手を家に招くために一軒家をまるまる購入してしまったといいます。

しかも不倫相手は一人ではありません。何人もの不倫相手を家に招いては豪遊を繰り返していたそうです。

しかし、日本経済が落ち込むにつれ、結局は不倫相手を維持することもできず、その家を売り飛ばしてしまったとか、豪遊をするにも程があります。

 

幼少期から女性を宛がわれていた資産家一家

一家代々資産家として有名なある男性は、なんと幼少時だいから遊ぶための女性を親から宛がわれていたといいます。

一体何のためにそんな真似を親がしていたのかは分かりませんが、その男性いわく「女性で遊ぶことを覚えていないと、経営者としての素質が身につかない」というとんでもない帝王学が家庭にあったのだとか。ここまでくると、経営者にとっての女遊びというのは、もはや仕事の一部なのではと思ってしまいます。

ただ、この男性はかなりの高齢で、当時は昭和後期であったとの事。その時代を考えてみると、こんな奇妙な行動も当たり前なのか………庶民の私にはちょっと理解の及ばない領域です

 

高級車を余裕のプレゼント

不倫相手というより、もはや愛人関係と言っても良い相手が多いのが企業家の特徴です。特に大きく稼いでいる人となると、高級車でも余裕でプレゼントしてしまう人がいるのが驚きです。

それも所謂「ポケットマネー」感覚で買ってしまうのですが、お金持ちって怖いですね。ただ、これだけお金をもらっていれば、愛人関係でも得かなと思ってしまいます。

 

お金持ちの不倫はスキャンダルにすらならない

芸能人や政治家など、影響力の強い人間ほど不倫などで受けるダメージは大きいです。しかし、経済界に影響があるレベルの大物となると、不倫や愛人によって受けるダメージは殆どありません。

 

愛人を作ることは、もはや仕事の一つ

資本家にとっての愛人とは、資本家のステイタスの一つです。この点については、彼らの奥さんも半ば同意しており、小さな不倫程度は目を瞑る人が大半を占めています。

ただ、そうした風潮は過去の日本の風習を因襲しているに過ぎません。世界一の経済大国であるアメリカでは、巨大資本家であっても不倫が原因で離婚することは珍しくなく、日本の資本家よりも離婚経験が多いことが知られています。

この風潮は今後の日本にもやって来るでしょう。男性は社会的地位が高くなればなるほど原始的な欲求に抗えなくなるものですが、そのために多額の慰謝料を支払う日も近くなるかもしれません。

 

社会的イメージに影響を与えない

一企業の社長が不倫をしていたとしても、社会的影響はさほど大きくありません。

なぜなら、彼らは自らのイメージで社会貢献をしているのではなく、その経済力によって社会貢献をしているからです。最悪の場合、彼らの性格が破綻しており、人間的に大きな問題があったとしても、大きな資本力さえあれば何とでもなるというのが世の中の仕組みなのです。

また、芸能人や政治家のスクープを狙う人間はいても、企業家のスキャンダルを狙う記者は殆どいません。それほど企業家の不倫騒動に対して世間の注目は薄く、週刊誌などにとっては「お金にならない」スキャンダルの一つなのです。

 

泣き寝入りする奥さんはどんどんと減っていく?

それでは、お金持ちと結婚した奥さんは、旦那さんの不倫に常に我慢しなければならないのかというと、実際にはそうではありません。

前述の通り、その様な風潮はかつて日本にあった妾制度を周到している古い考えに過ぎません。今や女性の地位が向上し、資本家の女性も増えている中では、女性にもプライドが芽生えているため、相手が資本家の男性であろうと離婚するケースが目立ちはじめています。

また、お金持ちの男性達は常にお金目当てで自分を狙ってくる女性を警戒しています。女性たちはその事実を隠し通している自身があるのでしょうが、世の中の酸いも甘いも知り尽くしているお金持ちの男性達にその手の方法は通用しません。

女性側が離婚を切り出さなくても、その本性を見抜いた男性側から離婚を切り出されるケースも多いです。

 

やっぱり愛情が無ければ結婚生活は維持できない?

浮気性のお金持ちと形式上の結婚生活を送ることは出来ますが、おそらく女性達が本来求めている愛情を得ることは難しいかもしれません。

こんな事をいうと「お金があるんだから離婚する必要はない!」とおっしゃる女性も居るでしょうが、大半の人はどんなに努力しようとしても、お金と結婚することは出来ません。

だからこそ、お金持ちの社長と結婚するならば、その事をしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。また、離婚をするにしても潔く決断するのが無難です。お金持ちの男性と離婚した女性の殆どは過去の自分を後悔しています。特に玉の輿と言われる格差婚の場合は、自分の結婚が誤りであったことに気が付きやすいでしょう。

 

離婚を選ぶのは貴方の自由

結局、どんな人でも自分の幸せを追求する権利があります。

その幸せがお金であるからこそ、企業の社長さんたちは一生懸命働いているのですが、もし貴方がそうでは無いのなら、別の幸せを求めて行動を起こすべきでしょう。

最近では日本の離婚制度も整いはじめていますし、慰謝料の金額も大きくなってきています。

離婚後の生活に不安を抱くのは当然ですが、その生活があまりにも苦痛なら、潔く自由を求めた方が結果的に良いことは沢山あります。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい