1. 興信所探偵
  2. 結婚
  3. 結婚に関する考え方
  4. ≫結婚後に失敗したと感じてしまう原因ランキングベスト4

結婚後に失敗したと感じてしまう原因ランキングベスト4

kekkonsippai_1

結婚をしたのちに『失敗した!』と思う事はたくさんあると思います。

ただ、結婚相手に100%満足している人なんてきっといません。多かれ少なかれ結婚相手への不満は持つもので、それも人によって度合いの大きさが違ってくるだけなのです。

しかし、それも度が過ぎてしまえばやはりストレスとなってしまい、結局は離婚へと向かってしまう事は間違いありません。

では、人はどのような事を失敗だと感じているのでしょうか?

今回は大手結婚サイトのアンケート結果をもとに結婚における失敗例をランキング形式でご紹介したいと思います。

第1位『性格的問題』

結婚をしたのち、結婚相手選びで最も失敗したと思うのはやはり性格的問題なようです。

結婚をする前は性格的相性が良いと思っていても、結婚後には性格が合わないと感じてしまう人が多いようです。

しかしなぜ結婚前に相手の性格を判断する事が出来ないのか?

実は、結婚するまえの恋愛状態にある時の男女は、ともに性格的な部分を殆ど重要視せずに相手を決めてしまっているため、その後の結婚生活で失敗しやすいのです。

性格面の問題を無視してしまう原因としては、特に女性側が男性の性格に対して我慢ができなくなってしまう場合が多いのですが、女性は結婚相手の性格よりも、収入面や安定性などに重きを置いて相手を選んでしまうがため、性格にまで気が回らないという特徴がこの失敗を生み出してしまっていると考えられます。

また、男性の場合、そもそも相手の性格面のみならず、結婚相手が自身に利害を与えない限りは、大抵の事は無頓着に過ごしてしまっているため、結婚後の生活に対する危機感そのものが薄いというのが原因のようです。

また、短期間のうちに結婚をしてしまう場合、恋愛感情のみを優先していると、当然まわりの事が見えなくなってしまうので、相手の性格が結婚後どのような影響を及ぼすのかについてまるで判断せずに結婚してしまう人が多いです。

第2位『金銭問題』

夫の収入に不満を持っている妻は多いですが、現在は夫婦共働きが多いので、夫に対する収入面に対する不満はそれほど起こりにくくなっているようです。

しかし、それでも金銭問題が2位にランクインした理由には、金銭を端に発した問題はなにも収入面に限らず常に起こりえているからなのです。

例えば夫が趣味に使うお金は、夫婦の仲でもトラブルにつながりやすい金銭問題の一つです。

男性の趣味というのは何かとお金がかかるものが多く、特に車やギャンブルなどには年間でも数百万円ものお金が投入される事があります。

ただ、若いころには収入も少ないので、夫の趣味にもそれほどお金が使われるとはまったく思っていない女性が多いのですが、収入が上がるにつれて当然趣味に使われるお金も増えてくるので、夫の収入が増えても生活がまったく楽にならずに嘆く女性も多いようです。

また、これは女性側が不満を漏らしているだけではなく、

女性の浪費癖なども当然夫側からの不満として声が上がっている所です。

特に収入に見合わない高額の買い物などを無暗に繰り返してしまう女性には『なぜ自分の収入がそんな無駄なものに使われてしまうのか?』と、男性側のストレスが一方的に溜まってしまうため、離婚請求を行う原因ともなりやすいです。

第3位『モラル・ハラスメント』

現在では暴力などを振るわれるよりも、精神的暴力、つまり『モラル・ハラスメント』が夫婦間の問題として大きく取り上げられはじめました。

昔は夫婦喧嘩は犬も食わない等と揶揄されていたもので、互いを罵りあうような夫婦の姿は当たり前の様に感じられました。

しかし現代では、どちらか一方が配偶者に対して事実無根の誹謗中傷や、突発的な暴言などを吐くような夫婦が増えてきてしまったのです。

特にストレス発散の目的で罵詈雑言を吐く人間が増えてきている事から、この問題には性格的原因はもとより、職場や家庭などの環境的原因も十分に考えられます。

また、モラル・ハラスメントは肉体的暴力ではないので、男女ともに加害者となる人物が多いとされていますが、実際にニュースなどで取り上げられる限り、その加害者となる人物は女性の方が多いようです。

これが男性の場合は、言葉よりも暴力に頼りがちで、女性の場合は言葉によってストレスを発散しようとする傾向にあるからでしょう。

第4位『異性問題』

男女ともに異性問題はやはり結婚で失敗したという大きな原因となっています。

特に浮気性の男性に対して不満を抱かない女性が多いので、離婚の原因としても十分考えられる問題でしょう。

ただ、実際の離婚率でいえば、男性の浮気よりも女性の浮気の方が多いので、結婚前には男性側も女性の浮気癖について確認しておかなければなりません。

まとめ

この様に、たとえ離婚に至らなくても、結婚後に不満を感じる事というのは何も特殊なものばかりではありません。

また、こうした事実を確認することは探偵にとってはそれほど難しくはありません。

出来る事ならば、結婚前にリスクとして確認しておけば、より良い結婚を目指すようにしましょう。

 

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい