1. 興信所探偵
  2. 人探し
  3. 行方調査
  4. ≫行方調査で別れた恋人を探す事は可能?

行方調査で別れた恋人を探す事は可能?

yukuetyou-kanojyo-1

探偵社に所在調査を頼んで、かつての恋人を探そうと思っている方は多いでしょう。今はどんな生活をしているのか?現在も結婚しているのか等、気になる事はとても多いと思います。

しかし、元恋人を探す調査はストーカー規制法などに抵触する恐れもある、非常にデリケートな調査ですので、探偵社選びや調査方法の確認も慎重に行わなくてはなりません。

そこで、今回は元恋人を探すための調査について詳しく解説させて頂きます。

別れた恋人を探すことは可能

探偵に依頼すれば、別れた恋人を探すことは可能です。

実際に、所在調査では多くの方がかつて別れた恋人の連絡先知るために調査を依頼されています。ただ、別れた恋人を探すのはそう簡単ではありません。

恋人と別れてから年月が経ちすぎている

連絡が分からなくなるまで、数年から十数年以上の年月が経っているケースが多く、所在を追うために必要な情報が出そろわない段階から調査を始めることが多いです。

しかし、それでも1週間で解決できる案件もありますので、調査の何度は依頼内容次第とも言えます。

恋人の情報を持っている人が少ない。

会社の同僚や、肉親、恩師などとなると、得られる情報の数も多いのですが、元恋人となると、そうそう相手の詳しい情報を持っている人は少ないです。依頼者の方が持っている情報は、電話番号やメールアドレスのみ。

所在調査で重要となる周辺情報(知人や友人、勤務先、実家住所など)が揃わない場合が多いのです。

また、中には依然住んでいた詳しい住所も知らない事が多いので、連絡先の特定には時間が掛かることが多いです。

どんな調査を行うの?

別れた恋人の所在調査は、所在調査の基本からは少し外れた方法で行う場合もおおいです。

基本的な調査方法

まずは依頼者から得られた情報を元に、本人にたどり着くためにどの様な調査を行うか検討します。

これは得られた情報によっても変わりますが、その方法の多くは「聞き込み」をメインに組み立てられる場合が多いです。

聞き込みよって得られる情報は、次の情報を持っている人物や組織、またはメディアなどを特定するために用いられ、これを繰り返すことによって本人の連絡先へと迫っていきます。

特殊な調査方法

元恋人を探す時は、本人に関する情報があまりにも少ないケースが多いので、非常に変わった方法で調査を行うこともあります。

私個人が経験した中では、元恋人の知り合いと目される人物を張り込みによって探すだす案件がありました。

この案件では、元恋人の名前と以前使用していた電話番号、そして元住所と勤務先以の情報は一切不明でした。

しかし、元恋人の友人と思わしき人物が現在も勤務先で働いていると思われた為、勤務先から情報に似た人物が出て来る様子を張り込みによって確認したのです。

この様な一風変わった調査を行うのも、元恋人関連の所在調査の特徴です。情報が少ないと、正攻法の所在調査ができずに遠回りをすることになりますが、それでもプロである探偵なら、必ず本人にたどり着くためのルートを見つけ出せるはずです。

依頼時に気を付けたいポイト

男女の恋愛関係を端に発する所在調査は大変繊細な調査項目となっているので、依頼者との取り決めもかなり厳しめに設定している所も多いです。

ですので、以下のチェックポイントを確かめてから契約を結ぶようにしましょう。

報告書の作成

連絡先が判明した場合、その連絡先のみを依頼者に伝える探偵社もあれば、調査を行った詳細な記録を含めた報告書を作成して依頼者にお渡しする探偵社もあります。

いずれの方法でも構いませんが、探偵がきちんと調査をした記録を見ておいた方が、後々メリットとなる場合もあります。

また、調査の記録を見ることによって、探偵がどんな過程を得て連絡先を手に入れたのか知ることが出来ます。

連絡先

所在調査の場合、探偵社によっては調査対象者にきちんと連絡を取り「あなたの連絡先を知りたがっている方が居るのだけれど、連絡先を教えても良いだろうか?」と確認を取る探偵社もあります。

もしも確認をして欲しくなければ、事前に契約事項を確認した方が良いです。

しかし、依頼者と対象者との間に不要なトラブルを生まないためにも、私個人として相手に連絡をしてから調査結果を渡してもらう方法をお勧めします。

ストーカーからの依頼は受けられない!

近年、探偵業界からはストーカーからの所在調査に悩まされています。

もちろん、元恋人の所在を探そうとする依頼者の全てがストーカー規制法に該当される人ばかりではありません。

しかし、探偵社側からは、依頼者がストーカーであるのか正確に判断できないので、そもそも「元恋人関連の所在調査は受けない」姿勢を見せる探偵社も増えています。

ストーカーは探偵を利用する

こんな事態になってしまったのは、かつてストーカーによる殺人事件でその名を知らしめた「逗子ストーカー殺人事件」にある探偵が関与していたのが原因です。

関与した探偵は、相手がストーカー犯だと分からずに調査をしていたと言われますが、その真意については分かりません。

探偵からは相手がストーカーか判断できない

探偵は依頼者を調べることは出来ないので、元恋人を探す人間がストーカーか否かを正確に判断することは出来ません。

そのため、調査を受ける際の防御策として身分証の提示の他、調査対象者と実際に恋愛関係があったことを示す証拠(2ショットの写真など)が必要な場合もあります。

また、調査対象者に連絡を取るのもストカー対策の一環です。もしも依頼者がストーカーであったら、調査対象者に確認さえ取れれば、最悪の事態を防げます。

もちろん、ストーカー扱いされて気分の良い依頼者は居ません。これも防犯対策の一環ですので、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

所在調査の費用は幾ら?

元恋人を探すために必要な料金は依頼内容によって変わります。

しかし、所在調査の一般的な相場が10~20万円ほどですので、調査対象者に関する情報を沢山お持ちなら、相場に近い金額で調査が完了するでしょう。

ただ、前述のとおり元恋人の調査となると、対象者に関する情報が少ない人が多いです。調査が難航するケースが多いので、詳しい料金については探偵社の無料相談や見積もりサービスを利用して確かめてみましょう。

まとめ

ストーカーからの依頼は例外として、元恋人に関する調査は、中~高年の方々からの依頼が多いです。

これ位の年齢になると、昔の恋人が懐かしくなって連絡を取りたいと思う人も増えます。また、人生の終わりに差し掛かれば、元恋人に会って伝えたい言葉も出てくるかもしれません。そうした人々の思い答えるため、探偵は常に調査力を磨き続けているのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい