1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 浮気不倫調査の方法
  4. ≫これで誰でも名探偵!調査プランの立て方とは

これで誰でも名探偵!調査プランの立て方とは

調査プラン

調査を行う時には、かならず最初の一回目が重要になります。

この考え方を持っている人と、そうでない人では調査の成功率は大幅に変わってしまうのです。

しかし、調査という行動に慣れ親しんでいない人は、こうした調査の厳しさをあまり知らないがために、自分で行う浮気調査や行方調査に失敗してしまうのです。

そこで、今回は自分で調査を行いたい人達向けに、調査を行うためのセルフ調査の方法について詳しく解説させて頂きます。

 

調査は殆ど「一回勝負」の世界である

一般の世界と調査の世界が大きく違うのは、驚くほどミスが許されない世界ということです。

そのシビアさは、まるでマッチ棒で積み木をしていくようなもので、どこか一つでもミスをすれば、一気に積み木は崩れてしまい、その調査は二度と行えなくなってしまう事もあるのです。

自主調査で一番失敗しやすいのが、証拠を得るために行動を起こしたことを相手に悟られてしまうパターンです。

 

例えば、貴方が旦那さんの携帯電話の中にある証拠を手に入れようとしたら、普通に「携帯を見せて欲しい」と頼むか、こっそりと中身を見るかの二つの選択肢を迫られるはずです。

こんな時、道徳心が高い人であれば、相手から承諾を得て携帯を見せてもらうでしょう。それはとても素晴らしい行動なのですが、この時相手から猛烈に抵抗されてしまい、携帯電話にロックを掛けられてしまえば、もう携帯の中身を見ることは出来ません。

 

つまり、ここで貴方が携帯の中身を見るために取るべき行動は、「相手にバレないように中身を見る」という選択肢でしたが、そこでも慎重に行動せず、携帯を見ている所を相手に見つかってしまえば、やはりここでもマッチの積み木は崩れることになります。

いかがですか?調査の世界というのはこれ程までにシビアな世界です。一度ミスをしたら、証拠を得られるチャンスを失ってしまい、二度と取り返しが付かなくなる以上、通常の仕事の様な「トライ&エラー」など許されてはいないのです。

 

最初に何をすべきか、じっくりと考える癖をつける

調査における初動とは、スピードよりも慎重さが大切です。

そして、自分でセルフ調査を行うにしても、最低限必要なる調査プランを立て、起こり得るリスクを事前に発見し、安全な方法を取らなくてはなりません。

そこで、自主調査を行うために必要な「調査計画」のチェック項目を下に記しておくので、調査を行う前にポイントを確認しておきましょう。

 

自主調査プラン

調査の目的

何の目的も持たず、ただ闇雲に証拠を漁ることは出来ません。だからこそ、まずは自分が何のために調査を行うのか確認しましょう。

浮気調査であれば「慰謝料を請求するための証拠が欲しい」や「夫婦関係を改善するための証拠が欲しい」など、出来るだけ具体的な目標を立てるのが大切です。その方が、計画がより具体的になり、実際の調査でも迷わず行動できます。

 

証拠が手に入りそうな物、場所、人

次に、目的の情報が手に入りそうな物や場所、人物をリストアップしていきます。

リストの順は可能性が高いものから上に並べていきますが、その後、そのリストを安全な順序から羅列しなおします。そうすることで、安全で、なおかつ情報が得られやすい調査ポイントを絞り込むことが出来ます。

私はリストの作成をパソコンで行いますが、紙やノートでもかまいません。ただ、調査対象者に見られる可能性もあるので、リストを作ったら、いざという時にはすぐに消せるようにしておきましょう。

 

(例)

「情報が得られる可能性」 1携帯電話 2財布 3車の中 4知人の証言

「安全に調査が出来る」 3車の中 2財布 1携帯電話  4知人の証言

 

こうすると、両方のバランスが取れた財布から調査を行い、続いて車をチェックし、最後に携帯電話を探り、それでもダメなら知人に聞いてみるという流れが出来るはずです。

 

証拠が最も得られる方法を考える

調査を行う順番を決めたら、次に調査方法を考えなくてはいけません。

調査方法はとにかく「安全性」を重視しなくてはなりません。調査の発覚を防ぐのはもちろんですが、明らかな違法性が無く、自身の身に危険が及ばない方法を選択しなくてはなりません。そのためには、インターネットを使って既存の調査方法を探すのも良いでしょう。

ただ、調査にはマニュアルは存在しません。対象者の行動が少しでも変われば、こちらもアプローチを変更しなければならないので、相手を良く観察しながら、どの様にすれば目的の情報を安全に得られるのか考えてから実行に移しましょう。

でなければ、取り返しの付かないミスをしてしまい、二度と証拠が手に入らなくなるかもしれません。自分の発想力を最大限に生かして、柔軟な頭で挑んでください。

 

調査を行うために必要なアイテムを揃える

調査の方法が決定したら、最後の仕上げに、調査を行うために必要となるアイテムをリストアップしましょう。

例えば、夜間に旦那さんの車の中を調べるなら、小型のペンライトや、証拠を撮影するためにカメラが必要になるかもしれません。

また、必要なアイテムは物とは限りません。そのために、別の角度から調査を行う必要があるかもしれませんし、誰かの協力が必要になるかもしれません。

 

前に出した例の場合なら、調査のためには旦那さんの車のカギも必要になるはずです。また、車庫の位置によっては、車の中を調べていることを、旦那さんの部屋から見られてしまうかもしれません。

この問題をクリアするには、やはり調査が必要になります。旦那さんの室内に入り、どこに鍵を置いているのか事前に調べ、窓から見た時に車の位置が見えるのか確認した方が良いでしょう。

また、こっそりと調査を行うなら、音も重要な問題になります。シャッターの開け閉めはもちろん、ドアの開閉など、旦那さんの部屋からどの程度聞こえるのか、慎重に調べておけば、そのあと発生するリスクを最小限に留めることが出来ます。

 

まとめ

調査プランを立てておけば、安全に、より確実に証拠を手に入れることが出来ます。勢いに任せて行動する前に、一旦落ち付いて行動しましょう。

そうすれば、欲しい情報は必ず手に入れることが出来ます。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい