1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の定義
  4. ≫風俗は浮気か?妻が風俗で働く事は不倫?慰謝料請求はできるのか?

風俗は浮気か?妻が風俗で働く事は不倫?慰謝料請求はできるのか?

fuzoku

浮気調査を行っていると、調査対象者が風俗通いをしていたり、妻が家に居ない間、自宅にデリバリーを呼んでいる事が判明することがあります。

ただ、対象者が風俗にはまっている事を知った依頼者の態度は2つに別れるでしょう。

一つ目は『風俗なら浮気じゃない』という寛容な反応。

そして二つ目は『風俗は浮気だ、許せない!』という態度です。

この浮気論争は多くのカップルや配偶者の間で交わされてきた問題ですが、果たして実際の所はどうなのか?ここでは風俗が浮気か否かについて詳しく解説していきます。

風俗は浮気に該当する

風俗を利用して性行為を行った場合、その行為が複数回以上連続して行われた場合は、不貞行為として認められる傾向にあります。

実際の判例としては、最高裁が昭和48年11月25日に下したもので、『風俗サービスを受けることも自由意思による性行為であるため、不貞行為に該当し、重大な離婚事由に相当するものである』という判決が下されています。

この様な判決が下された背景には、風俗といえど異性と性交渉を持つことは、妻に与える精神的損害が大きいためであるとされています。

また、男女の関係に金銭が絡んだ場合、全ての不貞行為が売春や風俗サービスと見なされてしまう恐れもあるため、裁判所では基本的に風俗通いも度が過ぎると浮気と判断するようにしているのです。

風俗で働く場合も浮気になる

夫の同意を得ずに風俗で働いたり、売春行為を行った場合は法的には浮気と見なして良いでしょう。

過去の判例では最高裁が昭和38年に下した判例として『収入が少ない夫の生活を助けるため、該当に立ち売春行為をおこなった事がきっかけで夫から離婚を求められたが妻がそれを拒否した。

しかし、『売春行為も自由意思による性交渉であるとして不貞行為に該当する』という判決が下されたのです。

通常であれば、不貞行為は恋愛感情や相手への行為がそこに存在しなければなりませんが、金銭を得るために売春を行う場合には、相当の理由が存在しない限り不貞行為とみなされるでしょう。

慰謝料請求はできるのか?

風俗に通う、または風俗で働くことは不貞行為として認められ、離婚事由に相当しますが、慰謝料の請求に関してはあまり期待できません。

なぜ慰謝料とは配偶者の不貞行為によってどれだけの損害を被ったかが重要となります。そのため。他の異性と恋愛関係に至り家庭を崩壊させた場合で無い限りは、ほぼ慰謝料を期待することはできません。

風俗通いの場合は、風俗嬢との密接な関係が立証できれば良いですが、その関係は悪魔でビジネスとしての味方が強いです。

しかし、妻が何度止めても風俗通いが止まず、金銭的に家庭を困窮させたり、セックスレスの原因を作るなどして離婚に至るなど、その被害が甚大であると理解されれば慰謝料請求が行える可能性が高くなります。

また、女性が風俗で働く場合も同様であり、風俗で働く事を止められながらも働いたり、他にも金銭を得る方法がありながら、家庭崩壊を招くまで風俗で働き続ける事が立証できれば、慰謝料を請求することも可能でしょう。

一般論では浮気ではなくとも、法的には風俗は浮気である

世の中の多くの女性は、男性の風俗通は『恋愛感情が入っていないから浮気ではない』と思い込んでいるかもしれませんが、法律的には風俗通いも浮気となります。

また、自身が辞めるよう訴えても、それを無視してパートナーが風俗で働くことも、法的には浮気と判断できます。

そのため、もしも探偵社の調査で風俗通いや風俗務めが発覚した場合には離婚できる可能性が強くなります。

ただ、風俗通いの場合、ある特定の風俗嬢に入れ込んでおり、プライベートでも接触している可能性もあるため、さらなる調査をして浮気の証拠を固めることをおすすめします。

 

風俗で行われる本番行為は浮気?

旦那さんが浮気をするのは嫌ですが、風俗に行くのはまだ我慢が出来ると思っている奥様方は決して少なくありません。

しかし「風俗は浮気ではない」と考える女性達の中には、風俗で行われているサービスの内容を詳しく知らない方もいます。

それでは、風俗で行われるプレイの内容によっては、浮気に当たるのかどうか、今回はこの点について詳しく解説していこうと思います。

性風俗の世界で行われるプレイといえば、基本的にはキスやフェラ、そして素股などの行為です。

しかし、世の中にはかなり過激な性サービスを行う店舗もあり、世の中の奥様がたは旦那さんの浮気予防のためにもぜひ知識として取り入れておいた方が良いかもしれません。

 

AFプレイ

AFプレイとは、いわゆるアナルセックスを指す専門用語です。

こうしたサービスを行う業者はあまりありませんが、特定の店舗によってはプレイ内容の一環としてAFも行っています。

AFはオプションプランですが、その料金は一回2~3万円とかなり高額。

しかし、それでも頼む男性が多いのでしょう。

 

本番行為

本番行為とは、つまり本場、セックスを指す業界用語です。

風俗では本番行為が行われないと考えている女性もいるかもしれませんが、実は本番行為を許されている風俗サービスも存在します。

また、風俗店の中には違法行為として本番サービスを行っている店舗、や風俗嬢自らが本番を行って小遣い稼ぎをしている所もあります。

また、一個人による売春行為では本番は当たり前。風俗だからといって本番が無いとは言えないので注意しなくてはいけません。

 

AFプレイを行っている風俗業

AFを行っている店舗は以外なほど多く、AF専門店なんてものも最近あらわれはじめました。

その理由は、本番行為を許される風俗店舗の営業許可は一般的にまず降りないため。

やはりAFを求めている男性が多いということなのでしょう。

 

イメクラ

イメクラとは、イメージクラブの略。

独特なシュチュエーションやコスプレ、プレイ内容などを行うシュチュエーション重視型のプレイです。

こうした店舗の一部ではAF行為を行える店もあります。

AFプレイが現れた理由としては、最近その数を著しく増やしているデリバリーヘルスの台頭によるものと思われます。

 

デリバリーヘルス

店舗を持たず、自宅やホテルなどで風俗サービスを行うデリバリーヘルスは、今や風俗業界一人気のある業種です。

この業種では最近AFを専門とする所が増え続けているので、もしも旦那さんがデリヘルを頼んだとしたら、かなり過激な行為に及んでいた可能性は十分にあります。

 

本番行為を行っている風俗業

本番行為を行っている風俗業は大変限られています。

ソープランド

ソープランドは風俗産業の中で唯一本番行為が許されている業務形態です。

本番行為の際にはもちろんコンドームを使用行い、プレイ時間もそう長いものではありません。

また、料金的にも非常に安い所が多く、1時間1万円などで本番が可能なので、男性が風俗に行くといえば、ソープランドを思い浮かべる人も多いでしょう。

 

その他の店舗

ソープランド以外での本番行為は違法行為となるため、表向きはどの風俗でも行っていません。また、店舗としても本番行為が行っていることがバレれば営業許可が取り消されてしまうので、風俗嬢達に本番は行わないよう教育を行っている所が殆どです。

しかし、それでもデリバリーヘルスでの本番行為は不可能というわけではありません。

例えば、風俗嬢に対して通常のプレイ料金に別途本番料金として5万円を渡したとするなどうでしょう?どうせプレイ内容はきわどいものですし、AFコースまで行うのなら、本番を行ってもさほど変わりないと考える風俗嬢は必ずいます。

し かも、本番行為によって得たお金はそのまま会社に渡すことはできません。となれば、そのぶんのお金は上前をハネられることなく、そのまま風俗嬢のポケット マネーに消えます。つまり、お金で性サービスをしている女性にとって、本番かどうかという線引きはとても曖昧なものであり、お金を積まれても絶対に本番を しないという女性の方が少ない可能性があるのです。

また、風俗に入りたての女性のばあい、サービスやお客への接客に慣れていないがばかり、お客の口車に乗せられて本番行為に乗じてしまう可能性も十分にあります。

 

AF.・本番行為は不貞行為に当たるのか?

AF・本番行為そのものは確実に性行為ですから、倫理的、道徳的観点から見ればほぼ浮気といって相違ありません。

しかし、法的な観点から見た場合は、いかにその行為が過激であったとしても、風俗のサービスの一環として行われた以上、AFプレイも本番行為も不貞行為に当たるとはいえません。

ただし、残念がるのはまだ早いかもしれません。

例えば、風俗で過激なプレイを求める男性の場合、もしかしたらその風俗嬢とサービス外のところで同様のプレイを行っているかもしれません。

もちろん、店舗の外やサービス外で風俗嬢とプレイにおよべば、同じプレイ内容でも不貞行為として認められます。

ただ、相手側が「サービスの一環だった」として主張してくる場合もあるので、不貞行為の証拠は慎重に手に入れましょう。

 

まとめ

風俗嬢との過激なプレイは、浮気相手と行うプレイよりも過激になりがちです。

しかし、そこにお金が絡んでくると、どうしても法律的に浮気と認められないのは、奥様方にすればとても残念なことでしょう。

ただ、旦那さんの風俗通いがあまりにもひどく、精神的にも大きな損害を被ってしまった場合、不貞行為としては認められないものの、その事由によって離婚、もしくは慰謝料請求を行うことが可能です。

この場合でも、やはり風俗に通っている証拠は揃えておいた方が良いでしょう。浮気をしているなら本人にも罪悪感はありますが、「風俗通いは浮気ではない」と考えている人が多いです。

となると、やはり奥さんからの訴えを認めない旦那さんも増えるはず。

風俗に通っていることを示すメールや映像証拠を集めるためには探偵社への依頼が必要になるかもしれないので、現在の状況をまとめ、証拠の入手方法について検討してください。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい