1. 興信所探偵
  2. ≫人探し 行方不明者を捜すには誰が何をすべきなのか?

人探し 行方不明者を捜すには誰が何をすべきなのか?

hitosagashi-top-1

masashi-0

もし貴方の家族が突然行方不明になったとしたら、あなたはどんな行動を取るでしょうか?

日本では毎年8万人近くの人間が行方不明者になっています。その内、早期発見ができず、完全に行方が分からなくなる人間は2000人程になります。

ただ、この2000人の完全な行方不明者は、決して自ら姿を消してはいません。

その中には人間の中には、本来は見つけられるはずだった人間も少なく無いのです。

そこで、今回は行方不明者を早期発見に繋げるために、探偵に依頼するメリットについてご紹介させて頂きます。

人探しとは?

reika-0

人探しとは、依頼者に変わり、特定の個人をある目的によって探すことを差します。

探す理由は様々ですが、探偵業では古くから行われ続けていた業務の一つになります。

また、最近は浮気調査に続いて依頼件数が増えているため、 インターネット上で誰かを探すために探偵社を探している人も増えています。

2種類の人探し

探偵業には「行方不明者の捜索」と「所在調査」の2種類の人探しがあります。

どちらも人間を探すことには変わりありませんが、探し出す目的や状況が大きく異なります。

【行方不明者の捜索】

行方不明者の捜索は、俗に言う「行方不明者」と言われる人々を探し出すための調査です。

特徴は、行方不明になった目的がはっきりとせず、事件や事故に巻き込まれてしまった可能性が高い人々が多いことです。

そのため、早期発見のためにスピーディーな調査が求められるばかりか、警察との協力も欠かせません。

 

【所在調査】

所在調査とは、連絡先が分からなくなり、所在(住んでいるところ)が特徴です。

所在調査の対象者となる人々は、依頼者から見て連絡先がまったく分からないものの、別の場所で生活拠点を作っており、仕事や新たな家族をもって居る場合もあります。

また、本人が死亡したことにより連絡先が分からなくなることも。

所在調査で探し出すのは人だけでなく、その人物の半生に迫ることもあります。

 

多くの人が誰かを探している?

人探しの依頼は時代に左右されることなく、昔から依頼が続いています。

依頼が無くならない理由は、人は人生の中で、誰かを必死に探すことになるからでしょう。

その相手は家族であったり、恩人であったり、もしくはトラブルの相手かもしれません。

目の前から消えてしまった人を探す理由は様々ですが、そこには自分以外の人間に対する深い感情が隠されているのです。

 

行方調査の依頼方法

平成25年における日本の行方不明者の発生件数83948人となっています。

この数字は、平成22年よりも3千人近く増えており、ここ数年で行方不明者の総数が徐々に増えている様子が伺えます。

警視庁「平成25年中における行方不明者の状況 」

行方不明者の数が増えれば、当然探偵に依頼される人の数も増えていきます。

しかし、行方不明者の捜索の仕方も知らなければ、依頼の仕方も分からない人が殆どなはず。そこで、まずは行方不明者が出る前に、知っておくべき重要なポイントを説明します。

 

行方不明者が出たら、まずは冷静に

もしも自分の家族に行方不明者が出たら…そんなこと、誰もが考えたくはありませんよね。

しかし行方不明事件は、まるで交通事故の様に行方不明事件は何の前触れもなく、突然起きてしまうのです。

この時、一番怖いのは周りの人間がパニックになったり、現実を直視できずに、問題を悪化させてしまうことです。

 

ですから、まずは冷静に行動するようにしましょう。行方不明者の命に関わるため、スピーディーに動かなくてはなりません。

何をしていいのか分からずオロオロしたり、傍観を決め込むことだけはやめましょう。

 

子供の行方不明者のポイント

日本で発生する行方不明者の半数近くは20歳以下の未成年です。

子供が家を出たまま行方が分からなくなると、大半の方は「家出」として処理します。

しかし、ただの家出であっても、子供が家を出た後にどんな事件や事故に巻き込まれるか、誰にも予想できません。

 

子供の友人に連絡

子供の家出の大半は、自分の意志で家をでたまま、友人や知人の家を渡り歩くように移動します。特に学生が行方不明になった場合には、まず確実に友人と一緒に行動していると思っても良いでしょう。

そこで、行方不明の届け出を行ったあとは、真っ先に子供と普段親しい友人や知人に連絡してください。

しかし、家出を手伝っている子供は、素直に親からの連絡に出るとは限りません。そこで、PTAの連絡網を使うなどして、子供の親に連絡を取り、自宅に居ないか確認しましょう。また、誰かの子供も行方が分からなくなっていないか調べることも重要です。

 

安心は絶対にだめ

reika-0行方不明になりやすい子供は、短期間に何度も家出を繰り返すことがあります。

家庭内の問題のせいであったり、周囲との軋轢が家出をしやすい子供を作ると言われます。

そうした家庭では、夜遅くまで家に帰ってこなくとも「どうせまた朝には帰ってくるだろう」と思われ、捜索願いを出されないことも多いです。

しかし、その結果、事件や事故に巻き込まれ、遺体となって自宅に戻る子供も少なくありません。

どんなに家出を繰り返していても、行方が分からなくなったら、すぐに警察に相談しましょう。

 

大人の行方不明者

子供に比べ、大人の行方不明は周囲の心配度も低くなります。

しかし、命を落とす危険性は、実は大人のほうが高いのです。

 

中高年の男性は要注意

大人の行方不明で最も警戒すべきなのは、40~50代の男性です。

中年男性は、行方不明になった後に自殺する確率がとても高く、失踪も自殺を意識しているものが多いです。この年代の男性は、ストレスへの耐性が減っているにも関わらず、社会的に責任の重い人が多いため、多大な精神的ストレスを抱えてしまう人が多いです。

さらに、中年男性は家族との関係も冷え切っており、行方不明になった後の対応も冷たくされる人が少なくありません。

 

失踪後には心のケアが必要

大人が自発的に行方不明になる時、そこには必ず心の大きな問題があります。少しの間一人になりたいと考える人もいれば、そのまま世の中に戻る気が無い人も……大人の行方不明には、本人が抱えているストレスがあまりにも大きいのです。

しかも、その問題は本人の力だけでは解決できません。行方不明になる大人たちは孤独で、周囲に自分の悩みを相談できないのです。

 

高齢者の行方不明者

ここ数年で社会問題ともなっているのが、高齢者の行方不明です。

日本はあと数年で3人に1人が高齢者になるとも言われており、今後も高齢者の行方不明事件が多発していくでしょう。

 

認知症による失踪

認知症の高齢者が失踪する事例が相次いでいます。

認知症になった高齢者は一旦徘徊をはじめると、自分のあるいてきた道はもちろん、自分がなぜ歩いているのか、帰るべき家がどこにあるのかも分からなくなり、自力で家に戻る確率は極めて低いです。さらに事故に会う確率は、どの行方不明者よりも高いです。

 

自殺率が高い

高齢者が行方不明になると、自殺する確率は全年齢中最も高いです。

高齢者の自殺率の高さは、金銭問題と病気への悩みが一番の問題です。

特に、一人暮らしをしている老人は金銭問題を苦に自殺する確率が高く、家族と同居している老人は、自分の疾病によって家族に迷惑を掛けることを嫌い、自ら死を選びやすくなります。

 

行方不明の判断は1時間以内に!

行方不明者が死亡してしまったり、二度と行方が分からなくなるケースの大半は、行方不明の届け出が遅れることが原因です。

届け出が遅れてしまうことは誰にでもありますが、そのせいで人の命が失われたら、一生後悔することになります。行方不明になったと判断したら、最低でも1時間以内に警察に相談しましょう。

 

行方不明者捜索の手順

行方不明者の捜索には手順があります。

手順通りに捜索を進めることで、より確実に行方不明者を見つけることができます。また、捜索の手順に沿わないと、効率良く探せないのです。

 

行方不明者の届け出

行方不明者が出たら、まずは真っ先に警察に行方不明者の届け出を行いましょう。

行方不明者の届け出を行うと、警察による捜索が期待できます。届け出を出す時には、行方不明者の住所を管轄する警察所に、行方不明者に近しい人物(家族・同居人・配偶者・同僚・雇用者など)が届け出てください。

 

届け出に必要なアイテム

行方不明者の届け出を行う時には、次のアイテムを忘れずに持っていきましょう。

氏名、年齢、住所や本籍を特定するための物 行方不明者の免許証や保険証など
身体的特徴に関する物 本人の顔写真や、全身の写真(プリクラ以外)
職業に関する物 勤務先に関する情報
行方不明になった日時や場所 メモなどでOK
自分の身分証 免許証・保険証など
車の車種、ナンバーなど 車の写真があればなお良し

 

行方不明の届け出を行うのは誰でも初めてです。不安な場合には、管轄している警察署に電話で訪ねてから出かけるようにしましょう。

 

警察の捜索レベルをチェック

行方不明の届け出を行ったら、次に警察の捜索レベルについてチェックしましょう。

届け出をしても、警察がすぐに捜索に動いてくれるとは限りません。また、テレビのニュースで見るような大規模な捜索活動はまず期待しないほうが良いでしょう。

 

〇捜索レベル1「行方不明者情報の手配」

警察に届け出を出しても、多くの人は本格的な捜索は望めません。警察は事件性が薄く、単なる家出だと判断すると場合には、積極的な捜索を行わないのです。

しかし、届け出さえすれば、全国の警察官に行方不明者の情報が共有されます。

そうなれば、パトロール中の警察官に不審者として職務質問をされたり、車のナンバーを確認してもらえさせすれば、すぐに行方不明者であることが分かります。

 

〇捜索レベル2「特異行方不明者の届け出」

特異行方不明者の届け出を行うと、警察はより積極的な捜索活動を行ってくれます。

 

積極的な捜索活動の例

通信会社の協力により、携帯電話の現在地を特定
特異行方不明者手配ポスターの作製・配布(三ヶ月間)
立ち回り先と思われる場所への見回り調査
就業、営業場所へのる聞き込み調査
特異行方不明者の情報を鑑識課に送付

 

ただし、必ずしもこれらの捜索活動を全て行ってくれるとは限りません。

捜索が遅れることもあれば、判断の遅れによって警察の動きも鈍くなることがあります。

 

〇捜索レベル3「大規模捜索の開始」

行方不明者の命に緊急的な危険が迫っている場合、大量の警察官を動員した大規模捜索が行われることになります。

大規模捜索では、数百名の警察官やボランティア、または消防、自衛隊、海上保安庁など、様々な組織や人々の協力を得ることが出来ます。しかし、これだけ大きな捜索活動を行うには、次のような条件を満たす必要があると言われています。

山岳遭難
何者かに誘拐された可能性が高い
殺害の恐れが高い場合
18歳以下の子供が行方不明になり、命の危険が危ぶまれる場合
複数人が一度に行方不明になった場合
災害に巻き込まれて行方不明になった場合

 

探偵への相談は何時?

行方不明事件の多くは探偵に依頼するまでもなく、自然に解決します。

また、警察に相談することで解決したり、警察でしか解決できないものもあるので、探偵に依頼すべきタイミングについてご紹介します。

 

警察の捜索に期待できない時

警察の活動レベルが低く、捜索活動に期待が持てないなら、最後に頼れるのは探偵だけかもしれません。

探偵の行方調査は、昔から警察に対応してもらえない尋ね人を探すことで成り立ってきました。世界一の治安国家と言われる日本では、犯罪に対しては積極的でも、犯罪ではまったくない行方不明者にはさほど積極的ではないのです。

しかも、日本の行方不明者は年間80000人以上……のすべてに警察官を動員することは出来ないのです。

 

いつまでも見つからない時

警察が行う行方不明者の捜索には期限があります。

正確な期日は解りませんが、特異行方不明者なら捜索から3ヶ月~半年で一気に捜索規模が減って行くとも言われます。

 

しかし、探偵に頼めばプロによる捜索活動の継続が可能です。依頼費用は安いものではありませんが、お金を支払う能力さえあれば、だれもが半永久的に行方不明者の捜索が可能になるのです。

 

協力してくれる人がいない時

警察が諦めて、家族や友人はあきらめることは出来ません。

自分の家族や愛する人は消えてしまったら、その生死が分かるまで、死ぬまで影を追い続けることになるのです。

しかし、多くの人は捜索のために割ける時間がありません。仕事もあれば、ほかにも守るべき大切な家族がいるからこそ、捜索を断念しなければならない人も多いのです。しかし、探偵に依頼をすれば問題は解決です。依頼者の代わりに、行方不明者の捜索を昼夜問わず行い続けることが出来るのです。

 

探偵は最後の頼みの綱

行方不明者の捜索の手順を見てもらうことで、行方不明者捜索の難しさを知ってもらえたでしょう。

警察の捜索に期待できなかったり、周りからの協力が得られず、行方不明者の捜索を断念する人はとても多いのです。

そんな人々にとって、探偵は最後の頼みの綱となります。そして、プロである探偵はそんな依頼者の気持ちに応えるため、あらゆる方法で行方不明者を探し出すのです。

 

探偵が行う行方調査

探偵への依頼を考えはしても、実際の依頼を躊躇う人はとても多いです。

そこで、実際の探偵がどの様にして行方調査をしているのか?知られざる探偵業界の姿について紹介します。

 

行方調査の費用は?

探偵に依頼するとなれば、真っ先に気になるのは費用でしょう。

行方調査の費用に相場はありませんが、おおよその金額としては100万円前後を見ておくと良いでしょう。しかし、依頼内容によっては数十万円程度で終わることもあれば、200万円以上もの費用が掛かる調査も存在します。詳しい金額については、無料相談を通して探偵社に見積もりを取ることをお勧めします。

 

依頼者への聞き取り

行方調査の依頼を受けた後、まず依頼者から話を聞き、行方不明者捜索のための情報を手に入れます。

行方不明者の捜索は依頼が入ってから即座に調査がはじまります。情報提供はスムーズに行いましょう。

 

ポスターづくり

行方不明者の捜索にポスター(ビラ)は欠かせません。

ポスターには次の情報が入ることになります。

 

行方不明者捜索ポスター

本人の顔写真
名前
住所
身体的特徴、年齢
行方不明時の状況、服装
車種、ナンバー(車に乗っている場合)
届け出た警察の名前と電話番号
家族の電話番号

 

作成したポスターは様々な場面で活用できます。街頭で配ることもできれば、店舗などに張っておいてもらうことも可能。また、聞き込みの際にポスターを見せることで、より効率的に情報を引き出せます。

また、最近はポスターの画像をインターネット上で拡散することで情報提供を呼びかけることが出来ます。

 

現場での捜索

ポスターの作製が終われば、いよいよ探偵が現場に向かうことになります。

現場での探偵は、大きく分けて4つの捜索方法を取ります。

 

聞き込み

聞き込みは行方調査の基本です。失踪者が立ち寄りそうな場所や、接触しそうな人物、または行き先を知りそうな人に話を聞き、行方不明者の情報を手に入れます。

また、聞き込みは電話で行うことも多いです。ホテルやタクシー会社など、短時間のうちに数百件もの場所に聞き込みを行うには、効率も考えなければなりません。

 

ポスターの配布

ポスターを配り、情報提供を受けることも探偵の仕事です。

しかし、闇雲にポスターを配ることはしません。行方調査はスピードが命。探偵はとにかく効率的にポスターを配布しなければなりません。ポスターを配る場所は、店舗や公共施設、宿泊施設となります。配ったポスターは目立つ場所に張ってもらうこともありますが、行方不明者がポスターを見て逃げ出してしまわないように、従業員の方だけが見れるように置いてもらうのが理想的です。

 

また、もしも行方不明者が見つかったら必ずポスターを回収するか、破棄のお願いをします。

 

目視での捜索

行方不明者の情報が得られたら、最終的には探偵が自分の目で、直接行方不明者を発見することになります。

ただ、本人に危険が及びそうな場合(自殺や事故の恐れなど)を除いて、探偵が直接行方不明者を確保することはありません。行方不明者にも人権があり、その行動を無理に遮ることは出来ないため、行動を見守りながら、依頼者が到着するまで待ち続けます。

 

発見できない場合に報告書が貰える?

行方調査の場合、調査の報告書を依頼者にお渡しすることは多くありません。しかし、行方不明者が発見できない場合には、多くの探偵社が報告書を手渡しています。

 

行方不明者の発見は簡単な仕事ではありません。依頼の中には、警察が諦めてしまった難しい調査も含まれます。また、本人が生きていれば発見できるものも、事件や事故、自殺が原因で遺体ごと山中や海の中に隠されていることも珍しくないのです。

 

しかし、行方不明者が発見できないからといって、全額を返金することは出来ません。完全成功報酬制度以外の料金プランでは、行方不明者が発見できなくとも料金を支払わなくてはなりません。

 

その料金の対価となるのが、行方不明者捜索の報告書です。報告書には捜索活動の内容が事細かに記されており、探偵社がどんな調査を行ったのか一目で知ることが出来ます。また、報告書はその後に自分で行方不明者を探す時の手がかりにもなるので、必ず探偵社からもらってください。

 

行方不明を頼む探偵社の条件

行方不明者の捜索を専門に行っている探偵社は多くありません。そのため、良い探偵社を探すのは難しいので、探偵社の探し方も知っておきましょう。

 

行方不明者の捜索についての知識が多い

行方不明者の捜索が得意な会社か知るには、様々な質問をするのが一番です。

行方不明者の捜索が得意なら、様々な質問に答えてくれるでしょう。もしも特異でなければ、質問に対してあいまいな答えばかりを返すはずです。捜索に関する知識をこのページでつけて、質問を投げかけてみましょう。

 

ホームページの内容が豊富

行方不明者の捜索が得意な探偵社のホームページでは、必ずと言って良いほど行方不明者捜索に関する知識やノウハウが充実しています。

反対に、不得意な探偵社は情報が少なかったり、あいまいな表現のみが出ているかもしれません。

ホームページを見るだけでも判断できるので、ネットは必ずチェックしましょう。

 

行方不明者のNPO法人をチェック

行方不明者の捜索に力を入れている探偵社は、行方不明者捜索のためのNPO法人に加入していることが多いです。

日本には幾つかの行方不明者を見つけるためのNPO法人があるのでチェックしてみましょう。

特定非営利活動法人

日本行方不明者捜索・地域安全支援協会

http://www.mps.or.jp/mokuteki/
一般社団法人

日本失踪者捜索協力機構

http://www.mps-j.or.jp/
特定非営利活動法人

家出人捜索ネットワーク

http://www.search.or.jp/

これらの組織では探偵社を探すだけでなく、行方不明者発見のための様々な協力をしてくれます。ぜひ利用してみましょう。

 

家族の対応が肝心

行方不明者を発見したからといって安心してもいられません。最後のつめで大きなミスをしてしまい、とりかえしのつかないトラブルを起こしてしまった依頼者も多いのです。

 

〇行方不明者に逃げられる?

行方不明になった人間が最も会いたくない人間は自分の家族です。だからこそ、行方不明者との対面は慎重に行ってください。

未成年の行方不明者は、親と会うことを極端に嫌います。家族の顔を見ただけでその場を逃げ出す子供が多いのです。

もしも家族だけで会うのに不安があるなら、周囲の協力を得ましょう。もし誰もいなければ、探偵に間に入ってもらうのも方法の一つです。

 

〇問題を共有する

大人の失踪者はストレスに弱く、社会になじめない人が多いです。金銭問題が原因で失踪したとしても、ことの本質にはストレスに対する弱さがあることを忘れてはいけません。

なのにも関わらず、真面目な正確のせいで、トラブルを抱え込みやすい人が多いのが特徴です。まずはなぜ姿を消したのか?その理由を聞いて、問題を共有してください。

 

〇安心できる場所を

行方不明者の多くは、社会的弱者と言われている人々です。身体や精神に問題を抱えており、もともと社会とうまく馴染めていない人が多いのです。

彼らが再び失踪しないためには、彼らの安心できる居場所を作ってあげることが重要です。

そのためには、周りの人間のサポートは欠かせません。再び社会に出て活躍できるよう、周りの人間が支えてあげてください。

 

 

所在調査とは?

所在調査とは、行方不明者以外の所在、つまり住所や連絡先を調べるための調査です。

行方調査は警察への届け出が出されていますが、所在調査では届け出は必要ありません。

 

需要が増えている?

所在調査の需要は年々増え続けています。

需要が伸びている原因は、個人情報保護の意識が高くなったことが原因です。昔は、人に調べたい人の住所を聞くことはとても自然なことでしたが、個人情報に関する保護意識が高まったおかげで、他人の連絡先や住所を見ることは無論のこと、尋ねることすら難しくなり、結果的に探偵への依頼が増えたのです。

 

良くあるケースとは?

誰かの住所や連絡先を知りたいと思う事は悪いことではありません。

人と人のつながりが薄くなった現代では、住所を知りたいと思うことに嫌悪感を持つことも多いでしょう。

しかし、関係が深い間柄であれば、行方が分からなくなったら見つけ出したいと思うのが普通です。

行き別れた兄弟
離婚で別れた片親
知らない間に浮気調査をする
かつての恩師
行方が分からなくなった子供
かつての同僚

 

生死の確認も?

所在調査では居場所を確かめるだけでなく、生死の確認を行うこともあります。

特に高齢者の所在調査の依頼では、調査対象者の場所だけでなく、生きているのか、それとも死んでいるかを確かめ、もしも亡くなられている場合には、本人に行方の確認を行うこともあります。

 

探偵が行う所在調査とは?

所在調査を依頼する前に、まずは探偵が行う所在調査の方法と、その依頼の仕方について学んでおきましょう。

 

所在調査の依頼方法

所在調査を依頼するには、まずは無料相談が必要です。

無料相談では、所在調査のために必要な情報が揃っているのか聞かれます。情報の量が多いほど依頼費用が下がりやすいので注意しましょう。

 

所在調査で必要な情報

調査対象者の氏名
住所(以前のもの)
電話番号(以前のもの)
かつての職場
家族の所在地
共通の知人
HPやブログ、SNSなどの跡地

 

他にも所在調査には必要な情報が沢山あります。

費用削減にもつながるので、手に入れている情報があれば、出し惜しみせず探偵にお話しください。

 

調査の主な方法

所在調査では『聞き込み』をメインに調査を行います。

聞き込みは、依頼者からもたらされた情報をもとに行います。直接話を聞いてまわることが多いですが、大量の聞き込み先や、あまりにも離れた人や場所に聞きみを行う時には電話を使うこともあります。

また、最近はインターネットを使用した所在調査も多いです。SNSやブログでの痕跡を追ったり、ネット上で散り散りになった情報を集めて、対象者の所在を確かめる手がかりにします。

 

調査費用の相場は?

所在調査の相場はとてもあいまいです。調査が簡単なものなら5万円程度から可能ですが、難しく、調査期間が長いものなら100万円近く掛かるものもあります。

調査費用を決めるのは、依頼者が持っている情報の数です。そろっている情報が多いほど調査も簡単になり、中には電話一本で調査が完了することもあります。

調査費用を削減するたなら、出来るだけ多くの除法を手に入れてください。

 

所在が判明したら?

所在が判明したら、探偵は依頼者に所在について知らせる義務があります。

ただ、報告の仕方にも違いがあれば、中には報告できない状況もあるので、所在が分かったあとのことも知っておきましょう。

 

報告書にて報告

所在が判明した場合でも報告書を作成し、依頼者に手渡す会社が多いです。とくに高額な調査は必ずといって良いほど調査の報告書を依頼者に手渡します。

 

口頭、メールにて報告

金額が低く、簡単な調査の場合には、報告書を作成せずに依頼者に電話やメールで結果を知らせることが出来ます。

ただし、幾ら費用が安いからといって、報告書を貰わないと、あとでトラブルになるかもしれません。費用に余裕があれば、できるだけ報告書を貰うようにしてください。

 

結果を教えられないケース

所在が判明しても、次のような状況であるとわかったら、残念ながら依頼者に調査結果をお渡しすることは出来ません。

依頼者が対象者にストーカー行為があった場合 最近はストーカーが本来の依頼目的を隠し、探偵に所在調査を依頼するケースが多いです。
地域差別につながる調査であると判明した場合 地域差別に関する調査は法律で禁止されています。絶対に依頼しないようにしましょう。
人種差別につながる内容とわかった場合 国際結婚が増え、なおかつテロに関する事件が相次いでいる現在、不当な人種差別を目的とする調査を依頼する人もいますが、こうした調査は探偵業界では受け付けていません。

 

探偵が行う調査は、いたずらに人を傷つけるためには存在しません。特にストーカー行為があることが判明した場合には、警察に通報することもありえます。絶対に探偵に調査を依頼しないでください。

 

探偵は人探しのプロ

探偵といえば浮気調査のイメージが強いでしょうが、本来は人探しこそ探偵の本当の仕事であることを忘れてはいけません。

探偵が人探しのプロであり続ける理由は、人を探したい人々が居続けるからです。家族や友人の絆が強ければ強いほど、突然いなくなった時には、どうしても会いたいと思うもの。反対に、絆が浅い人間関係しか築けていない人々は、誰からも相手にされず、突然消えてしまっても、探偵に調査の依頼が入ることはありません。

 

そんな人間らしい感情があるからこそ、探偵はいつまでも人を探し続けます。

どんなプロでも、行方調査は100%本人を生きて見つけ出せることはありません。中には遺体で見つけることもあれば、どんなに探しても遺体すら見つからない人もいます。それでも探偵が調査をするのは、依頼者の存在があるからこそ。もし依頼者がいなければ、探偵は人探しなど行わないのです。

 

人探しは、プロの技術+依頼者の強い思いによって初めて成功するものです。

もしも誰かを探し出して、もう一度会いたいと思うのなら、ぜひ探偵に相談してください。

人探しの記事

人探しのコンテンツ

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい