1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 実録浮気不倫の事例
  4. ≫実録!とんでもない場所に浮気旅行に出かける男

実録!とんでもない場所に浮気旅行に出かける男

%e6%8e%a2%e5%81%b54

浮気をしがちな男性というものは、とにかく行動的な人間が多く、仕事にも積極的で、日本中をあちこち移動するのも苦にならないハンター・タイプが目立ちます。

そのせいか、男性の浮気調査ではかなりの頻度で遠方への浮気旅行に出かけてしまうケースも多いのですが、中にはとんでもない場所にまで旅行に行ってしまうカップルも存在するのです。

 

浮気旅行が趣味の男

その案件で調査対象となったのは、すでに60歳を超えたある企業の社長さんで、外見は色黒でとても若々しく、40代と言われても解らないぐらいエネルギッシュな方でした。

依頼者によれば、この対象者は月に3回程、仕事のため沖縄に出かけているそうなのですが、どうにもその時に不審な行動が見られたとの事でした。

 

この時、依頼者が感じた不審な行動とは次の通りでした。

  • 出張前になるとプライベート用の携帯電話を頻繁に操作している。普段は仕事用の携帯ばかり使っているのに変だ。
  • 出張中に電話をしても出ない事が多い
  • 会社に問い合わせてみるも、社員は社長が沖縄へ行く理由を知らないと言う。
  • 沖縄支社ばかり行くのは変だ(本社の業務を放っておいて行く程の事は無いとのこと)

 

以上の不審な点があるため、探偵社でも不倫をしている可能性が高いと判断してこの依頼を受件。調査員5名による調査がはじまったのです。

 

調査開始

依頼者との協議の結果、沖縄に調査に行くとの事から、まずは沖縄の那覇空港に調査員を3名配置して待ち伏せを行い、残る2名で依頼者宅から出てくる対象者を空港まで尾行する計画になりました。

調査当日、私達が依頼者の自宅周辺で張り込んでいると、予定通りの時間に対象者が載った車が敷地から出てきました。

車はそのまま真っ直ぐ空港へ。到着すると、なぜか対象者は国内線のロビーではなく、国外線のロビーへと向かっていきます。

『これは何かおかしい』

そう思いながら対象者の尾行を続けると、対象者がおもむろに携帯電話を取りだし、誰かと電話をしはじめました。

そして、周囲をキョロキョロと見回した後、大きく手を上げて誰かに合図を送ったかと思うと、向こうから若い女性が走ってきます。

これが、浮気相手の女性。年齢は20代、その服装はTシャツに短パンと、明らかに沖縄方面へ旅行に行く様な格好でした。

しかし、ここは国外線のロビー。二人は合流すると、そのままゲートをくぐり、

なんとマレーシア便の方向へと進んで行くではありませんか!

慌てた私達は尾行を続けながら、急いで本部に状況を伝えた所、なんとそのまま調査の続行命令が出されてしまい、そのまま対象者達と一緒にマレーシア航空の便に乗り込むこととなったのです。

 

まさかのマレーシア旅行

マレーシアに降り立った対象者達は、そのままタクシーに乗り込み、首都クアラルンプールへの中心地へと向かいました。

私達もその後をタクシーで追いかけましたが、まさか那覇に行くつもりがクアラルンプールに行く事になるとは夢にも思っておらず、両替をしたり電話をしたりで大慌てでした。

そんな私達をしりめに、ホテルに到着した対象者はそのまま夜の繁華街へ繰り出して豪遊。

%e6%8e%a2%e5%81%b5

マレーシアの夜を堪能しきっていたのです。

 

調査結果

この調査の結果、沖縄に行くといって出張していた対象者の言動はまったくそ嘘であり、その中身は浮気相手との海外旅行を繰り返していたという、なんとも豪快な浮気の仕方でした。

さらに浮気相手は対象者の経営する会社の従業員であり、その女性と対象者との不倫関係は社内では有名な話であったと言います。

この調査報告を受け取った依頼者は、報告書をもとに協議離婚を申し入れ、かなりの額の慰謝料と養育費を勝ち取ったのです。

つまり、裁判に勝つためには確実な証拠を手に入れる必要があり、その証拠を手に入れるには専門家である探偵社に依頼するのが最良の方法と言えるでしょう。

さすがに、浮気をされて泣き寝入りなんて誰も出来ませんよね?

浮気や不倫でこうむった不利益はしっかりと賠償してもらいましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい