1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. ネット(SNS・LINEなど)浮気
  4. ≫LINEを急に始めたら危険信号!SNS浮気を始める人の特徴

LINEを急に始めたら危険信号!SNS浮気を始める人の特徴

1203

LINEは様々な人とのコミュニケーションを繋げるものでしたが、それは浮気相手とのコミュニケーションをも円滑にしてしまいました。

例えば社内不倫の相手と浮気をしている人間もLINEをします。友人の友人と浮気をする場合も、インターネット上の相手と浮気をするのにも、ありとあらゆる浮気相手と連絡を取るためにLINEが使用されているのです。

だからこそ、浮気をする人間を観察するときには、必ずLINEの操作を確認する必要があるのです。

 

LINEを突然始める男性に要注意

LINEを突然始める男性は、一先ず浮気の可能性を疑ってみましょう。

そもそも、男性はそれほどLINEを使用してコミュニケーションを取ることに関心がありません。もちろん、仕事や仲間内でのやりとりをしますが、その仕方にも特徴があります。

 

返信が遅い

男性通しのやりとりの場合、LINEへの返信速度は少し遅めです。

おそらく女性から見て「返信が遅いな」と感じる位の速度が男性同士のコミュニケーション速度です。

 

頻繁なやり取りはしない

男性同士で毎日のようにLINEのやりとりを行うのは大変珍しいです。

もしそういう相手がいれば、普段から仲の良い間柄なので、おそらく貴方もその友人について良く知っていることでしょう。

 

仕事のやりとりが多い

社会人になったあとの男性は、学生時代よりも遥かにLINEを使ったコミュニケーションに無関心になっていきます。

しかし、仕事でもLINEを使用している所も多いので、ビジネスでの使用機械は多くなっていくでしょう。

 

浮気をしはじめた男性の特徴

浮気を始めた男性がLINEを始めだすと、おそらく多くの女性が以下によって浮気の可能性に気が付けるはずです。

 

スマートフォンを操作する頻度が上がる

LINEを使って頻繁にスマートフォンを操作しはじめたら、その操作方法を良く観察するようにしましょう。なぜなら、スマートフォンを操作する動きには、キーを打つ操作がメインになるので、操作方法をよく見ていればすぐに解ります。

ちなみにゲームなどをしているとき、その操作方法はスライドが多くなり、他のSNSを閲覧している最中はゆっくりとした縦方向のスライド操作がメインになります。

 

「LINEじゃない」と嘘をつく、もしくは考える間がある

そうした操作上の特徴を踏まえた上で、まずは「LINEをしているの?」という質問を投げかけてみてください。いきなり質問を具体的にしすぎては駄目。ある程度嘘をつく余裕を与えてあげるのがポイントです。

こうした質問を男性に投げかけた時、もしも浮気相手と連絡を取り合っている様なら「LINEじゃないよ」とウソを付いてくるかもしれません。

しかし、その時にはすでに貴方は操作の仕方から、男性がLINEをしているのは明白。こうした嘘をつく以上、その中身にはやましい点があると思って良いでしょう。

 

続いて、少しだけ間をあけてから「LINEだよ」と答えた場合も要注意です。このパターンの男性は、一瞬嘘を付こうか迷うものの、自分がLINEをしていることに気が付いてると判断し、本当のことを話しているだけに過ぎません。

そうして一見誠実な対応をしながら、その手に握られたスマホの上では浮気相手の名前を男性の名前に変えたり、非表示設定に変えるなどの裏工作で必死なはず。こういう時はすぐさま相手に操作を辞めさせ、携帯の中身を見せてもらわなくてはいけません。

 

LINE上に知らない名前がある

LINEの通話履歴を確認したら、まずはその中に異性の名前がないか一通りチェックしましょう。直近のやりとりなら一番上にやってくるので、そこから名前を確認するのがベストです。

続いて、直近の名前が男性であっても、その中に知らない名前があったら、その通話履歴をチェックすることをお勧めします。もしかしたら、浮気相手の名前を男性名に変えているだけかもしれないからです。

 

スタンプの増加は要注意

異性とやりとりを始めた男性は、異性受けを狙ってスタンプを増やし始めます。

使っているスタンプの種類を見抜くには3つの方法があるので、自分で行いやすい方を選んでください。

 

メッセージを送ってスタンプのバリエーションを見る

自分から男性にメッセージを送り、そのスタンプの種類を見極めてみましょう。

相手のスタンプを効率よく引き出すためには、メッセージを直接的に送るよりも、スタンプを多めのやりとりをするのが効率的です。

 

直接携帯を見る

スタンプが増えていないか確認するなら、やはり直接携帯電話を見るのが一番です。

しかし、そうそう相手の携帯電話を見るチャンスは無いので、メッセージをチェックしたときに同時にスタンプを確認しておきましょう。

ただ、相手のスマートフォンを無理やり奪ったり、隠れて手に入れるのはNG。お互いの関係を壊してしまったり、のちの離婚請求や慰謝料請求の際に証拠能力を失う可能性があります。

 

LINEカードの購入

普段LINEを使用しない人間が有料のスタンプを購入しはじめたら、そこには必ず異性が居ると思って損はありません。

また、有料のスタンプを購入すると、必ず支払いの履歴が生まれるので、スマホ代を確認すればスタンプを購入したかどうかすぐに解るでしょう。

また、LINEカードを購入した形跡があれば、やはりスタンプを増やしている可能性が大ですので、男性のレシートはマメに確認しておきましょう。

 

まとめ

LINEに関心がない男性でも、浮気のためならLINEをしだしてしまうのは困ったものですで。そんな暇があるなら、恋人や奥さんとのLINEにもっと積極的になってもらいたいものです。

しかし、かといってLINEを今まで頻繁に使っていない男性が浮気をしはじめれば、すぐに浮気と解るので、LINEもそう悪くないかもしれませんね。

ただ、一つ注意しなければならないのが、LINEのメッセージは浮気の決定的証拠とならない点です。メッセージは浮気をしていた可能性を示す証拠ではありますが、メッセージのやりとりだけで浮気を認める人はそう多くないので、簡単に逃げられてしまいます。

もしも貴方が彼の浮気の決定的証拠を見つけたいなら、まずは相手を泳がせつつ、そのほかの証拠をとにかく沢山集めてみましょう。

一つの証拠なら言い逃れは可能ですが、そのたの状況証拠があれば相手も言い逃れはできません。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい