1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫探偵社への依頼方法

探偵社への依頼方法

%e6%8e%a2%e5%81%b54

探偵社への依頼を普段から考えている人は居ませんが、いざ浮気の疑惑が発生したとなると、その証拠を集めるために突然探偵社が必要になります。

そうすると、探偵社への知識を殆ど持ち合わせていないため、調査の内容はおろか、依頼の仕方まで解らず右往左往する人も多いです。

しかし、探偵社の調査は浮気被害者にとって大きな助けとなることは間違いないので、

ここでは探偵社への依頼方法を詳しく紹介させて頂きます。

 

探偵社への依頼の手順

1.無料相談

探偵社のHP等に設置している無料相談窓口から電話やメールを使って相談を行います。

この時、なるべく事前に相談内容をメモしておくとスムーズに話しが進むので、以下の項目について思いつく限り書き記しておくと良いでしょう。

  • 調査してほしい内容
  • 相談に至った経緯
  • 調査対象者となる人物の概要(職業、年齢、性別など)
  • 調査に掛けられるおおよその予算

 

メモをするときは、なるべく多くの情報を書いておくと良いですが、まだ相談の段階なので、自分の本名を名乗ったり、調査対象の名前や住所を知らせる必要はありません。

また、予算について詳しくわからない場合は、相談時にどの程度の料金が必要かを確認して、そのあと出せる金額を提示しましょう。

 

2.直接会って相談

探偵社の相談員や探偵と直接面談を行い、調査の内容について詳しい打ち合わせをします。

この場合、探偵社に出向くこともあれば、依頼者の指定場所で相談を行うことも可能です。

調査の具体的な予想がつけば、そこから探偵社が見積もり金額と、調査における重要事項を提示してきますので、その提示に同意した場合には契約となります。

 

3.契約

探偵社が持参する契約書に署名捺印をおこなうと、そこから貴方は正式な依頼者となり、探偵社はさらに綿密な調査計画を立てていきます。

契約時に必要なもの

調査契約時には必ず以下のものを準備しておくと、スムーズに契約を行う事ができます。

○印鑑

○身分証明書

 

印鑑は契約をする際に絶対に必要なので、忘れない様にしましょう。

また、探偵社によっては身分証の提示を求められる事もあるため、免許証や保険証を忘れず持っていった方が良いでしょう。

 

また、実際の調査計画を立てるのに、以下の様な情報が必要になるので、忘れない様に持参しましょう。

○調査対象者の写真(なるべく最近のもの)

○調査対象者の容姿、年齢、性別

○勤務先の情報

○携帯電話の情報

○所有している車の車種とナンバー

○浮気を行っていそうな日時、場所

○欲行く店舗などの立ち寄り先

 

この情報を誤って渡してしまうと、調査そのものに多きな影響が出るので、かならず確認してから探偵社に渡すよう心がけましょう。

対象者の写真は、できるだけ顔のアップと、全身がわかるものを用意すると調査の成功率が上がります。

また、出来る事なら普段から使用しているバックの写真もあれば、なお成功率が上がります。

また、この項目は、事前に探偵社の相談員からどのような情報が欲しいのか伝えられるので、それに応じてなるべく多くの情報を持参するようにしましょう。

 

契約時の注意点

契約時には、探偵社は必ず以下の書類を提出しなければならないので、悪い探偵社にひっかからないためにも、必ず書類には目を通し、必要なものがそろっているか確認してください。

 

重要事項説明書

ここには調査におけるリスクや、契約時の取り決めなどが書かれています。

注目すべきポイントは、調査を途中でキャンセルした時の取り決めと、個人情報、調査報告書の作成についての欄です。

その他には、探偵社の社名や住所がきちんと書かれているかもチェックしておいてください。

 

契約確認同意書

契約確認同意書は、調査結果を悪用しないことや、情報を漏洩しないことを依頼者に約束する書類です。

ここも、きちんと書類の文面を確認して、記入漏れが無いか確認しましょう。

 

契約書

契約書はもっとも重要な書類ですので、時間をかけてじっくりと書面を読んでいきましょう。

この時、調査料金や調査方法について必ず確認し、打ち合わせで決まった内容と変わっていないかを確認しておいてください。

また、相談時に解らない事があれば、担当者にどんどんと質問をしてかまいません。

相談や契約時の疑問に応えるのは探偵社の役割ですし、遠慮の無い質問に誠意ある対応を見せる探偵社ほど良い調査を行うと思って良いでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい