1. 興信所探偵
  2. 結婚
  3. 結婚前身辺調査
  4. ≫結婚前身辺調査の費用で損をしないためには何をすれば良い?

結婚前身辺調査の費用で損をしないためには何をすれば良い?

1245

探偵社に結婚調査を依頼するときにまず悩んでしまうのは結婚調査に費用の高さかもしれません。

なにせ、結婚調査の費用は浮気調査と殆ど変わらない処もおおいので、その費用も20万円前後となっている所が多いからです。

しかし、それでも結婚調査をしたいと思っている人は多いはず。

なにせ結婚は一生に一度の一大事。さらに、結婚後はその相手と一生を過ごして行かなくてはならないのですから、ここでの失敗は自分の半生の失敗といっても過言ではないのです。

それでは、出来るだけお金をかけずに結婚調査を依頼するためにはどうしたら良いのか?

今回は結婚調査の費用をなるべく抑えるための方法についてご説明させて頂きます。

 

費用が高すぎる探偵社に依頼しない

探偵社の調査料金は、その調査力に見合ったものであることが多いのですが、中には調査力に見合わずとも高額の料金設定をしている会社もあるかもしれません。

そうした探偵社にもしも当たってしまった場合、せっかく高い調査費用を払ったのに、料金に見合わない低品質の調査しかしてもらえず、おまけに手渡された調査報告書は穴だらなんてことになりかねません。

 

安すぎる探偵社にも注意

費用をそれほど多く準備できないときは、やはり安い料金で調査をしてくれる探偵社はとても助かりますよね。

しかし、あまりに値段が安すぎるところも問題です。

むろんしっかりと調査をしてくれる所ならいいのですが、依頼者目線でみたときに「これはちょっと大丈夫かなぁ・・・」と不安になる要素が多いこともあるでしょう。

 

例えば、調査料金はやすいものの、よく見てみると「報告書は作成しません」と書かれていることが良くあります。

 

もちろん、契約ですから報告書を作成してもらわなくても良いのですが、この場合、調査の結果が思わしくない場合、口頭で説明されても納得できず、探偵社とトラブルになってしまうこともと多いです。

また、料金が安いために調査期間に制限があったり、調査にかける人数にも制限がある場合があります。

費用削減のために依頼するとしても、その条件は良く確認しておきましょう。

 

目的をはっきりとさせる

結婚調査の目的をはっきりとさせることで、無駄な調査費用を抑える事が出来ます。

結婚調査というのは他の調査と違い、目的があまりはっきりとしない依頼者が多いです。

例えば「結婚相手に不振な行動がある」と探偵社に相談しても、以来の段階になりどの様な調査を行うのか尋ねると、疑うべきことが多すぎて様々な調査を提案する人がいます。となると、やはり調査機関が長くなり、費用もおおきくなりがちです。浮気の可能性あるので行動調査を行い、なおかつ過去の異性関係の調査も行っていては、いくら費用があっても足りなくなるのは当然です。

 

だからこそ、相談の段階で調査の方向性を一つにまとめあげなければなりません。

  • 異性関係に不安があるのなら行動調査を
  • 過去の素行に不安があるのなら経歴調査を

と、言ったように、一つの依頼に対して一つの調査プランを立てることが費用削減のための近道です。

 

余分な調査の提案を断る

結婚調査を一つ行うと、その調査の最中に別の新たな不審点が浮かび上がることがあります。

例えば、異性関係が疑われるため行動調査を行った所、異性ではなく男性と接触し、ギャンブルなどを行ていた様子が確認できたとします。

そんな調査結果が出ると、おそらく依頼者自身も「もしかしたら、ギャンブル癖もあるのでは」と思い、異性関係の調査にさらに調査を追加して、ギャンブルに関する調査を行ってしまうでしょう。

 

しかし、こうして様々な追加調査をしていれば、当然費用は次々とかさんでいきます。最初の調査費用が10万円で済んだとしても、同じような調査をもう一度すれば20万円、さらにもう一度調査を行えば30万円にまで膨れ上がってしまうことでしょう。

そのため、たとえ調査中に不審な部分が出ても、調査費用の削減のためにはある程度目をつぶる必要があります。ただ、もしもその不審点に対して即応的な対処が求めらえるような場合(犯罪など)であれば、調査費用を上乗せしてでも調べるメリットはあるでしょう。

 

費用は先に提示する

調査費用を探偵社側に提示してもらうのではなく、依頼者の方から先に費用を提示すると費用の節約につながる可能性があります。

これは交渉術の一種です。何か値段を交渉する場合、その商品の基準価格を決定する必要がありますが、それは必ず「先に値段を付けた」方が有利になる人間の心理を利用すると、価格を釣り上げたり、吊り下げることが可能なのです。

 

例えば、探偵社が先に費用を提示してきた場合、その料金を基準として値下げ交渉を開始しなければなりません。この場合だと、相手の言い値から競りがスタートするようなものなので、いくら値段を下げようと思っても、自分の予定予算に到達するためにはかなりの値下げ幅必要となるため、交渉が決裂しやすくなります。

 

しかし、もしもこちらから費用を提示したばあい、今度は探偵社側がその費用を基準に交渉を行うことになるので、値段が吊り上がったとしても交渉が決裂することが少なく、相場よりも相当安い価格になるのです。

また、親切な探偵社となると、費用を先に提示すれば、その費用内で調査を行ってくれることもあるでしょう。そういった探偵社に出会えればかなり幸運ですので、費用削減のためにも是非大切にしてあげてください。

 

調査費用で損をしないためには努力はおしまない

調査費用を無駄にしないために一番大切なのは、費用削減のために出来る限りの努力を行うことです。時は金なりといいますが、それは本当です。時間を惜しめば、その分出費が出ていきますし、1っ分というわずかな時間を削減するために、現代人は多くのお金を支払い続けています。

 

しかし、その1っ分を我慢して、丹念に調査を行い、様々な探偵社に相談して値段を見比べることができれば、その分の費用は確実に浮きます。

また、時間が無い人でも、最近は探偵業専門の見積もりサービスも多数でているので、そうしたサービスを利用するのも一つの手でしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい