1. 興信所探偵
  2. 結婚
  3. 結婚前身辺調査
  4. ≫結婚前身辺調査は本当にバレない?調査が秘密裏に行われる理由

結婚前身辺調査は本当にバレない?調査が秘密裏に行われる理由

1249

結婚調査を行おうと考えている人は少なくありません。

しかし、多くの人は様々な理由によって結婚調査を躊躇っているのですが、その理由も実はただの情報不足であることが殆どです。

その顕著な例として今回取り上げたいのが「結婚調査がバレるのが心配」という意見です。

 

確かに、もし結婚調査をしたことが相手にバレた場合、結婚そのものが壊れてしまう恐れもあります。しかし、だからといって結婚相手の不振な動きも気になりますから、心の中にはモヤモヤとしたストレスがたまり続けてしまうでしょう。

それでは、もしも結婚調査を依頼した場合、その調査は絶対にバレることはないのか?

今回はこのポイントについて詳しく解説させて頂くことにします。

 

結婚相手に浮気調査がバレることはない?

結婚調査は大変デリケートな調査ですが、その調査内容が他調査対象者にバレるということはまずありまえません。

結婚調査とは、これから結婚する予定である人間(対象者)の行動を監視、もしくは対象者にまつわる情報を調べることによって、幸せな結婚生活の妨げになる障害が無いかを調べます。

 

そのため、対象者に「これから結婚調査をおこないます」という連絡を入れることはありません。そんな連絡を入れたら、対象者が事実を隠すに決まっていますからね。

だからこそ、探偵は常に高い調査力を使って秘密裏に調査を行い、決して対象者に築かれることなく調査を完了させる必要があるのです。

また。もしも調査の事実がバレてしまえば、その時点で結婚調査は中止しなくてはならないのです。

 

結婚調査が発覚しない理由

結婚調査が発覚しない理由は、探偵社がおこなう調査の特殊な手法のおかげです。

それは各探偵社が独自に編み出したものもあれば、業界全体で長年にわたって研究されてきた技法、もしくは調査員個人の持つ才能や知識などから生み出されるものです。

もし、一般の方が結婚調査を行ったとしても、プロの様に行くことはないでしょう。仮にうまくいっても、あとで話が本人に漏れていると思って良いでしょう。

それでは、いったい探偵はどの様にしてバレない調査を行っているのか?

その点については次の項目から詳しく解説していきます。

 

テクニック1『聞き込みの開始地点』

結婚調査で聞き込みを行うとき、探偵が最も重視するのは「いかにして本人にはバレず、なおかつ重要な情報を得られるか?」です。

まず最も重要な情報を得るためには、その情報を持っている人間に接触する必要があります。

しかし、そんな情報は誰が持っているのか考えた場合、普通は次の人物たちが思い浮かぶでしょう。

  • 本人
  • 本人の友人
  • 本人と同じ職場の人間
  • 本人の家族

たしかに、彼らに話を聞けば本人にまつわる重要な情報を手に入れることが出来るでしょう。

しかし、それと同時に聞き込みを行った事実までもが本人の元に届いてしまうのは避けらえません。

 

しかし、かといって本人の元に情報が生きにくい人物からでは、こんどは重要な情報を引き出せる可能性が極端に下がります。友人の友人や仕事場、居住地域でも本人と交流がない人物は、本人と接触が少なく安全な情報提供者となりますが、そのぶん得られる情報の精度はイマイチということが多いのです。

そこで、探偵が行うのは「安全」と目される人物から攻め、次第に本人の周辺人物に向かって聞き込みを続けていく方法です。

 

この聞き込み方法は、本人を中心として、放射状に増える人間相関図を描いた時に、外側から円を描きながら中心へと向かっていくように行うのがポイントです。

ただ、最終的に本人に近しい人物まで聞き込みを行うのは稀で、たいていはお隣さん程度までの聞き込みで終わります。それ以上の聞き込みは、得られる情報と引き換えに支払う発覚のリスクが大きくなりすぎてしまいます。

また、聞き込みの安全ラインを確かめつつ、外から内側に向かって聞き込みを行えば、本人にかつて近しかったが、現在は交流を絶っているような最良の情報提供者を見つけ出すことも可能。本人にまつわる情報だけでなく、情報を持っていそうな人間を探し出していくのもプロが行う聞き込みの特徴なのです。

 

張り込み、尾行は探偵の専売特許

探偵は、民間人の中で唯一尾行や張り込みを専門にしている職業です。

そのため、結婚調査においてもその腕はまったく変わらずに発揮されることとなり、浮気調査などで培ったプロの調査力によって調査の発覚を防ぐこととなります。

 

多人数尾行

結婚調査であっても発覚を防ぐために2人以上による行動監視活動(張り込みや尾行)が行われます。

複数人で調査をするメリットとしては、1人が相手に感づかれそうになっても、すぐに尾行者をローテーションすることで発覚を防ぐことが可能だからです。

また、トラブルが起きて一人が現場を離れる必要が出た場合でも、残りの1人が調査を続けることが可能なので、緊急のアクシデントにも強いのです。

 

専用の調査機材

探偵社は職業上、調査の発覚を防ぐための車両や機材を所有しています。

なかでも小型カメラや変装道具は調査発覚を防ぐための重要なアイテムですので、どんな探偵社でも必ず持っていると言って好いでしょう。

また、結婚調査でも相手の行動を調べるためにGPS端末を使用した追跡活動が行われているのです。

 

しかし、それでも100パーセント対象者に調査の事実を隠し通せる訳ではありません。

常に慎重に行動し、対象者から警戒を受けない様に心がけることこそ、探偵社がもつ結婚調査の技術力なのです。

 

依頼者自身が調査を発覚させることも

結婚調査の相手が、こちらの詳しい調査内容を知ってしまっている場合、そこには貴方の調査をリークした何者かが居るかもしれませんが、それよりも依頼者自身のミスによって浮気調査が発覚しているケースがとても多いです。

例えば契約書などは、きちんと隠していますか?契約書を見られてしまったがために調査が発覚した人も少なくないので、せめて調査が完了するまで気を抜かず、事実を隠しとおすようにしましょう。

 

まとめ

結婚調査はプロである探偵が行う以上、発覚する可能性は極めて低いです。

もしも結婚調査の依頼をお考えなら、まずはお近くの探偵社に相談してみましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい