1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫探偵社に依頼する時に必要な持ち物とは

探偵社に依頼する時に必要な持ち物とは

%e6%8e%a2%e5%81%b5

探偵社へ依頼をするためには、必ず契約書を交わさなければなりません。

その場合、面談を行ってからすぐに契約をしたいと言われる依頼者も多いのですが、その時に契約に必要な物がそろっていないため、後日改めて契約という流れになる事もおおいです。

ですが、何度も相談員と直に接触すると、配偶者が探偵社に依頼したことを察知してしまう可能性もあるので、契約時は出来るだけ面談後に即決したいと考えている依頼者も多いです。

というわけで、ここでは依頼時に必要なものをまとめて置きましたので、困った時には是非参考にして下さい。

 

印鑑

探偵社への依頼では、必ず契約書が必要になってきますので印鑑を持参してください。

探偵社は探偵業法(探偵業の適正化に関わる法律)によって、『依頼者とは必ず契約書を交わさなければならず、そのためには必ず本人の印鑑が無ければなりません。

仮に印鑑を忘れた場合には、一度印鑑を取りに戻ってもらうか、後日改めて契約することとなりますので、印鑑は必ず忘れずにもっていきましょう。

 

身分証明書

探偵社にもよりますが、契約時に身分証が必要になることがあります。

近年、探偵社を悪用するストーカーなどの犯罪者が増えてきたことをうけ、本人確認の意味と犯罪利用を防ぐために身分証のコピーを取る探偵社は多いです。

身分証となりえるのは免許証、保険証などで、学生証等は身分証として扱われません。

この場合、探偵社が身分証の内容を悪用しないか心配な方も多いでしょうが、探偵社は依頼者の情報を守る守秘義務が課せられているのでご安心ください。

 

調査対象者の顔がわかる写真

調査対象者の顔写真があるようなら、契約時に必ずその写真を持参してください。

対象者の写真は調査開始時に、調査員が対象さを探すために必ず必要となります。

調査に使える写真は全身が入ったものと、顔写真が映ったものであれば十分でしょう。

 

調査対象者の情報

依頼を行うためには、調査に必要な情報を準備しなければなりません。

必要な情報は調査項目毎に変化するので、事前に探偵社からどのような情報が欲しいか要望が出るかと思いますが、基本的には以下の情報があれば十分だと思われます。

・名前

・住所(過去の場合でも可)

・勤務先(過去の場合でも可)

・家族構成

・所在地以外の住所(実家など)

・電話番号やメールアドレス(過去の物で可)

・身体的特徴

 

その他にも、調査の種類によって必要な情報が加わってきます。

例えば、浮気調査の場合には予想される浮気相手の情報や、浮気をしそうな日時や場所があれば効率的に調査が進むでしょう。

また、結婚前調査の場合は対象者の交友関係、両親の住所と連絡先も必要になるでしょう。

ただ、情報を集めるために無理をしすぎると調査が発覚してしまう可能性があります。

 

調査料金

成功報酬制度の場合、調査まえに着手金が必要となるので、依頼契約時に着手金を持参する必要があります。着手金に必要な料金は面談時に必ず伝えられますので、メモなどをして保管しておきましょう。

また、最近では自社ローンや銀行振り込みが可能な探偵社が多いので、料金の支払い方には面談時に確認しておくようにしましょう。

 

担当の相談員から説明をうける。

契約時に必要なものについては、事前に探偵社に確認しておきましょう。

基本的には探偵社から説明があるかと思いますが、もしも説明された内容を忘れてしまったり、メモを失くしてしまった場合には探偵社に電話をして確認しても良いでしょう。

契約時に必要な情報は出来るだけ多いほうが良いですが、やはり無理をしてはいけません、どうしても必要な情報があれば相談員の方から質問されるので、情報を集め過ぎてリスクを冒す真似だけは避けましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい