1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫成功報酬制度のメリット

成功報酬制度のメリット

jyosei-uwaki-1

探偵調査の料金には大抵2つのパターンがあります

1つめは、1時間毎に料金が加算される時間制(パック)

そして2つめは調査が成功した場合にのみ探偵社に全額を支払う成功報酬制度(せいこうほうしゅうせいど)です。

この両者はまったく特性の違う二つの料金体系のため、予算や調査の内容によって使い分ける必要があるので、依頼をするまえに料金体系の知識を身につければ、余計な出費を防げます。

それでは、まずは探偵社では古くから使われている成功報酬制度について学んでいきましょう。

 

成功報酬制度とは

成功報酬制度とは『着手金+成功報酬金』で構成された料金体系のことです。

シンプルに言えば、料金の支払いは調査前と調査後に行い、最低でも2回以上の支払いを行います。

 

着手金とは

着手金とは、調査を行うための費用として頂くお金のことで、相場としては5万円前後となります。

着手金は例え調査に失敗しても返ってくる事はありませんが、依頼者にとって着手金を支払うことで、仮に探偵社が調査を行わなかった場合には、調査を行うよう促したり、消費者センターに相談、もしくは裁判を行う事もできます。

また、探偵社にとっても着手金をもらうことは重要です。

探偵社の依頼者の中には極々少数ながら調査の途中経過を聞いた途端に姿を消してしまう人が居ますが、事前に着手金をもらう事で、料金未払いのリスクを軽減できるのです。

 

成功報酬とは

成功報酬とは、依頼料の全体から着手金を除いた金額になります。

相場としては着手金と成功報酬の比率が3:7と言われているので、5万円の着手金の場合には、成功報酬は10万~20万円前後となっています。

ただ、成功報酬は調査の期間や難度によって変化するの、一律の料金を求めることは大変難しいです。

例えば、同じ成功報酬でも調査員2名で行った場合のほうが安いですが、調査員を3名で行うとなると料金も割り増しになります。

そして、当然調査期間が長ければ長いほど料金が発生するため、成功報酬の金額も大きくなってきます。

 

成功報酬制度のメリット

成功報酬制度のメリットには次の項目が上げられます。

 

調査が失敗した場合に料金が安くなる。

調査が失敗した場合には着手金のみの出費ですむので、成功するか解らない依頼内容の場合にはリスクを軽減できるでしょう。

難しい依頼の主な例としては、対象者が異常に警戒している、過去に調査された事がある、行動が不規則で監視が難しい等が入ります。

 

調査の不履行を防げる

着手金を支払っておけば、もしも探偵社が調査を行わない場合に関係機関に訴える事が出来ます。

 

成功報酬制度のデメリット

成功報酬制度のデメリットは次の項目が上げられます。

 

時間制に比べて料金が高くなる。

成功報酬制度の調査料金は、時間制に比べれば高くなりやすい傾向にあります。

ただ、成功報酬制度であっても料金プランのスリム化や、導入する調査員の数を減らして料金を抑える事が出来ます。

 

調査料金を支払いたくなくなる。

着手金で5万円前後を支払った後。調査が成功したとしても、再び料金を払うのを嫌がって失踪する依頼者もいます。

支払いを2回も行うことに納得出来なかったり、感覚的に合わない方は成功報酬制度はお勧めできません。

 

成功の条件を決める

成功報酬制度を利用する場合、もっとも注意しなければならないのは、『成功』の条件を探偵社との協議でしっかりと決めて置くことです。

 

例えば、依頼者が『浮気現場を押さえる』ことを成功だと思っていても、探偵社側が『浮気相手の自宅の割り出しまでで成功』と考えていれば、探偵社が余計な調査を行ってしまい、成功報酬の金額も大きくなりすぎてしまいます。

 

また、探偵社が浮気現場を押さえても、撮影された映像が不鮮明である場合に、探偵社側が『調査が成功したので料金を支払ってください』と催促してくる事があるかもしれません。

この様なトラブルを防ぐためにも、契約前には必ず調査成功の条件の取り決めを行う必要があるのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい