1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気調査の種類
  4. ≫浮気が発覚した場合の対処法

浮気が発覚した場合の対処法

%e6%8e%a2%e5%81%b5

探偵社に調査を行った結果、本当に浮気をしていた事実が発覚した場合、多くの依頼者はその事実に困惑して、一体どうしたら良いのか解らなくなってしまいます。

しかし、浮気が発覚した後は、必ず自分でなんらかの行動を起こさなければなりません。

浮気を許すのか?許さないのか?はたま離婚するのか?家庭を維持するのか?

浮気という重すぎる事実を受け止めて、これらの判断を下すためには、人はいったどの様な事に注意すべきなのでしょうか。

 

怒りにまかせて行動しない。

多くの依頼者は浮気の事実を知ったあと、怒りにまかせて行動し、最悪の場合には暴力沙汰に発展してしまいます。

しかし、この様な行動はその場でストレスを発散できても、本当に望んだ結果を得ることはできません。

例えば、強い嫉妬に駆られて暴力沙汰を起こしてしまう女性は、それだけ相手の事を愛している場合が多いため、暴力行為を働いた後に、相手男性に謝罪し、関係修復を求める姿を良く見かけます。

 

しかし、暴力行為を働いて相手に傷を負わせてしまっては、もはや関係修復は絶望的であり、復縁する可能性は殆どありません。

また、離婚を念頭に考えていたのにも関わらず、怒りにまかせて示談で離婚し、慰謝料請求も財産分与もせずに家を飛び出してしまう依頼者もいます。

この場合も、結局相手に離婚の非があるにも関わらず、得られるはずだった慰謝料も財産も捨ててしまう為、相当な損益を被った事になります。

 

すぐに慰謝料を請求しない。

浮気の事実が解ったとたん、パートナーに事実を突き付け、その場で浮気相手に対して慰謝料請求をしてしまう人がいます。

しかし、その段階でもしも浮気相手の住所や名前を知らない場合には、パートナーが浮気相手の存在を隠してしまい、浮気相手に慰謝料請求をしようにも出来なくなってしまう恐れがあります。

また、証拠がまだ完全に集まって居ない段階で浮気の事実を告げてしまうと、相手が浮気の証拠となるものを消去しはじめてしまう恐れがあります。

もしもその後離婚を考えているのであれば、浮気の事実がわかってもしばらく泳がせて置き、その間に証拠を集めて万全な状態で慰謝料を請求するようにしましょう。

 

子供の事を考える。

浮気をした人間は確かに悪いですが、その結果離婚となってしまった場合に、子供に対してどのような影響が出るのかは誰にも言い当てられません。

ただ、シングルマザーやシングルファザーとなってしまった後、その子供が相当複雑な環境下で育たなくてはならないのは間違いなく、多くの人の手助けが必要になってきます。

もしも、周りに手助けをしてくれるような環境が無い場合には、浮気の事実がわかってもひとまず冷静になり、子供のことを考えて行動するよう努めましょう。

 

無暗に周りに相談しない。

浮気の事実がわかった時、無暗に周りの人間に相談するのは得策ではりません。

なぜなら、パートナーとの共通の友人に相談をしてしまった場合、その相手がこちらの動きをパートナーに伝えてしまう事は良くある話なのです。

その結果、パートナーは財産整理をはじめたり、浮気の証拠を消し始めたりしてしまう可能性があるので、後々の離婚にかなりの影響を及ぼしてしまいます。

これを避けるためには、相談する人間を限定する必要があります。

肉親や、パートナーと繋がっていない友人、もしくは専門家に相談することで、情報がもれるリスクを軽減しましょう。

 

■まずは冷静になる事が大切

浮気の事実を知った時、激しい怒りを感じたり、混乱状態になってしまうのは誰もが一緒です。そんな時は、出来るだけ一人で悩まず、誰かに相談して冷静に努めましょう。

また、浮気調査を依頼した探偵社の相談に悩みを打ち明けるのも一つの手です。殆どの探偵社は調査終了後のアフターケアも行っていますし、相談員はこの様な事態に慣れているので、的確な助言を求める事が出来るでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい