1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫対象者を見失ったらどうなるのか?探偵に聞きにくい例のあれ

対象者を見失ったらどうなるのか?探偵に聞きにくい例のあれ

1618

プロとして仕事を行っている以上、探偵には決してミスは許されません。

なんてカッコイイことを言いたいのですが、やっぱり探偵も人間。ミスは必ずありますし、その点を無視して「探偵は完璧です」なんて発言をしてしまうと、逆に依頼者からの信用を失ってしまうでしょう。

 

ただ、幾らミスをしたとしても、そのミスをどの様にカバー出来るかが本来の「プロ」の姿でもありますし、逆にミスを上手く利用して調査結果を出すことすら可能なのが本物の探偵とも言えるのです。

また、これは探偵に限った話では無いでしょう。

どんな仕事であっても、必ずミスはおきます。単純なヒューマンエラーにしろ、何にしろ、ミスが起きた場合に上手く対処できる人間ほど信頼されますし、評価も高いはず。

そこで今回は、探偵がいかにしてミスをカバーし、調査の成功率をあげているのかについて詳しくご紹介いたしますので、探偵業の知識の一つとして頭に留めておいてください。

 

対象者を見失うミスは時々おきる

頻繁に起きるミスでは内にしろ、対象者を見失うことは時々発生します。

また、依頼者の方からも時々質問を受けることがあります

「調査って、絶対に見失わないんですか?」

これに対しては、おそらくどんな探偵社でも「絶対にではありません」と答えるはずでしょうね。特に調査というのは現場で何が起きるかわからない仕事です。下手に「絶対」なんてことは言えないのです。

 

無理をして追わない

見失った対象者の状況によっては、無理をしてお追わない方が調査の成功率を上げることが出来ます。

なぜなら、もしも対象者が探偵に尾行されることを事前に察知しており、調査当日までこちらを油断させ、尾行者の確認を行うために、あえて尾行を振り切りるような真似をすることがあるからです。

こうした対象者は、見失う前に必ずなんらかの警戒行動が見られるので、たいていの探偵は、それがただの失尾(対象者を見失うこと)ではないことに気が付いています。

こんな時は、そのまま対象者を追わずにいるのが一番。油断するのを待ってから、再び調査を行えば良いのです。

 

捜索活動を行う

万が一対象者を見失い、なおかつ対象者が警戒していない様なら、すぐに現場の調査員による捜索活動が行われます。

捜索の方法はさまざまですが、基本的には次の対象者の行動を予想しつつ、そこへ先回り。もしくは見失った地点周辺で、対象者が入り込みそうなエリアを捜索します。

こうした捜索活動は、見失ったことに気が付くスピードが速ければ、たいていの場合は発見可能です。もしも相手が特別奇妙な行動でもしない限り、必ず周辺を歩いていたり、付近の駐車場に車を止めていたりするからです。

そのため、ベテラの探偵になればなるほど、小さな失尾程度では慌てず、自分の経験を頼りに即座に対象者を見つけ出します。

また、尾行や張り込みなどの最中、探偵は常に対象者を視界に入れているわけではありません。

 

例えば相手が路地を曲がった直後は、2~3秒は必ず探偵の視界から消えます。

対象者との距離にもよりますが、ここから探偵はできるだけ早く曲がり角に辿り着き、対象者を再び視界におさめなくてはなりません。

しかし、もしもここで角を曲がった時に対象者が居なかったら?

それは確かに「失尾」といえる状況なのですが、よく考えれば、ものの2~3秒でその路地から姿を消したとなれば、必ずその周辺の建物に居ることが解ります。とくに雑居ビルや、込み入った住宅街で起きやすい現象ですが、そのあと路地を見張っていたり、ビルの内部を確認すれば、すぐに対象者を発見することができます。

このように、調査には小さな失尾は常につきものなのですが、慌てなければなんの問題もなく発見できることが殆どなのです。

 

もしも発見できない場合

捜索活動を行ったものの、もしも対象者を発見できなかった場合、後日改めて調査を行うこととなります。

この場合、良心的な探偵社だと追加料金が発生せず、そのまま調査を行ってくれるでしょうが、探偵社に細かい違いがあるので、調査前に確認しておくことをお勧めします。

それに、調査を先延ばしにするのは、決して悪いことではありません。

「失尾」というのは確かに調査上のミスではありますが、それほど深刻なミスではありません。また、調査の都合上、あえて対象者を放す「放尾」という作業が存在する位ですから、調査の成否に甚大なダメージを与えるレベルのミスではないのです。

 

失尾よりも怖い「発覚」

失尾を恐れすぎるがあまり、相手にプレッシャーを掛けるような尾行を行っていると、調査上最悪のミスである「発覚」に繋がりやすくなります。

発覚は、調査の中でもっとも危険なミスです。

なぜなら、失尾ならば翌日からでも再び調査を再開することが出来ますが、調査が発覚したとなれば、それから長期間に渡って調査が行えなくなるからです。

 

また、調査が発覚したことによって依頼者にもデメリットが及ぶのは間違いありません。

それゆえに、探偵業では発覚はご法度。

もしも発覚するくらいなら、潔く失尾を選ぶ方が良いとされているのです。

 

まとめ

調査の中で、視界から対象者が外れることや、ごく僅かな間にだけ失踪することは大変良くあることです。

しかし、もしも調査中にどうしても発見する必要があれば、即座に捜索活動を行えば発見することができます。

ただ、あまりに失尾を恐れながら調査を行うのはあまり良くありません。

なぜなら、失尾を恐れながら調査をしていると、どうしても対象者との距離を縮めなくてはならず、必然的に発覚率が上がります。

 

 

つまり、失尾というのはそれほど恐れる必要はありません。

また、探偵社には事前に失尾が発生した場合のリスクについて確認しておき、その際の取り決めをしておくと良いでしょう。

ただ、やはり依頼者からしたらせっかく調査を行ってもらうのにミスを前提に依頼するのは嫌ですよね?

そうしたミスを少なくするためには、やはり優れた探偵社を探すのが一番確実です。

さらには、探偵社にできる限り多くの情報を伝えることにより、万が一失尾が発生した場合の発見率も高まります。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい