1. 興信所探偵
  2. 夫婦関係
  3. 夫婦仲
  4. ≫浮気をしないための秘訣は「夜」に人と合わないこと?浮気が起きやすい状況

浮気をしないための秘訣は「夜」に人と合わないこと?浮気が起きやすい状況

1709_1

浮気をする人間は、何も特別な生き物ということではありません。

もちろん、先天的要因によって浮気をしやすい人もいれば、浮気症の人間に誘われるがままに不倫関係に走ってしまう人もいますし、その時の状況によっても浮気をしやすくなります。

しかし、それだけ沢山の要因が絡んでいては、浮気予防のために一体何をしたら良いのか分からなくなってしまいますよね?

しかし、浮気予防というのはそれほど難しいことではありませんし、例え浮気性の人間であっても、ある小さなポイントだけを気を付けていれば、浮気をする可能性は格段に低くなるでしょう。

そこで、今回は浮気予防の秘訣を伝授しますので、自分の浮気性を改善したい人、もしくはパートナーの浮気予防を考えている人はぜひご一読ください。

 

夜間に別の異性と二人きりにならない

仕事終わりなどに異性と二人きりで同じ空間に居ると、それだけでも十分浮気に走ってしまう可能性があります。

心理学的見地から見た場合、人間の性欲は日中よりも夜間に向けて高まる傾向にあります。

その高まりは、次第に日が落ち始めてから寝るまでの間に向かって高まっていくといわれているので、性欲のピークは9時~10時程が頂点に位置するかもしれません。

それ以降になると性欲よりも眠気が高くなっていくはずですが、やはり浮気は夜に起こるものと心得て、夜間にはあまり異性と二人きりで会わない方が良いでしょう。

 

週末に異性と二人きりで会わない

人間の性欲の高まりは、疲労の度合いと相関関係にあります。

これは人間が危機的状況に陥れば陥るほど、子孫を残そうと必死になるため。

つまり、疲れが溜まれば溜るほどに性欲が増してしまうので、浮気をする口実を自分自身に与えやすくなってしまうのです。

そんな日が毎日続いている人は別にして、平均的なサラリーマンであれば、一週間の内もっとも疲労が蓄積されているのが週末となります。

特に土曜の夜は浮気が起きる確率が最も高い日。気分も開放的になりやすく、そんなつもりがなくとも、つい羽目を外して浮気に至ってしまう可能性もあるでしょう。

特にお酒が大量に入ってしまうと、浮気に至る可能性はかなり高まります。

浮気をしたくなければ、週末は必ず自分のパートナーと過ごしましょう。

 

地下に行かない

人間の性欲は階段を上がるよりも下がることによって引き起こされます。

そのため、地下にある店の中に入ると気分が高揚し、浮気に走りやすくなると言われています。

そして、地下にある店の代表格といえば、やはりバー。

ムーディーな店内に美味しいカクテルに酔っていると、つい魔がさして浮気心がむくむくと湧き上がってくることもあるでしょう。

こんな事にならない様にするためには、できる限り地下の店を選ばず、開放的な空間を選ぶのがベスト。また、座席も対面式の方が体が密着せず、テーブルを挟んでしゃべれるので浮気心を抑制することができます。

 

お酒を二人きりで飲まない

浮気を防止するためには、なんといってもお酒を控えるのが一番です。

お酒は正常な判断力を低下させてしまい、何時もなら強く持っていたはずの倫理観や道徳心をあやふやにします。

また、お酒の中には性欲を高める効果があるものもあるので要注意。知らずに飲みすぎていると、相手の誘いにフラっと乗ってしまうこともあります。

 

密室に二人で入らない

浮気が起きるのはお酒が提供される場だけではなく、薄暗い密室に居るだけでも浮気心はむくむくと起き上がってきてしまいます。

特に注意しなくてはならないのは、カラオケボックス。

ここは非常に薄暗いばかりか、ほぼ完ぺきに近い密室になるので、浮気心が首をもたげる可能性はかなり高くなります。

また、カラオケボックスで浮気が起きる原因の一つとして、体の位置関係も影響しています。

人間は体の空間が開けば空くほど精神的安定を得るのと同時に、その相手に対する性欲も抑えこめます。

しかし、体が密着するほどの距離になると反対に性欲が高まりやすくなり、つい「浮気をしてもいいかもな・・・」と思ってしまいやすくなります。

特に体を横向きの状態で距離が近くなると、顔を向き合わせる必要が無いのでお互いにプレッシャーも無く、体の距離はより近づきやすくなります。

そして、カラオケボックスの座席は、殆ど横並びのソファー席・・・これでは浮気をしてくださいと言っているようなものですね。

 

浮気心を制御することは難しいが、不可能ではない

浮気心をもっていない人間などこの世には誰一人としていません。

ただ、人々は家族や環境のおかげによって浮気をせずに済んでいるだけで、一度自制心が崩れてしまえば、浮気心は一気に漏れ出してしまいます。

しかし、精神的に強く、恋愛や自分に対して強い理想がある人間は、そう簡単に浮気をしません。

例えば二人きりで週末のバーに行ったとしても、常に倫理観や道徳心を強く働かせ、パートナーとの時間を作るために早めにお酒を切り上げるでしょう。

また、例え相手から浮気を誘われたとしても、強い倫理観を持った人間は誘いには乗りません。むしろ相手を拒絶し、浮気に誘う相手自体を嫌悪しはじめるかもしれません。

本当に、こんな人ばかりが世の中に溢れていたら浮気はなくなりますし、探偵の出番も減って良いことですね。

けれど、残念なことに、世の中にはそれほど高潔な人間は多くありません。

というよりも、100人に1人の確立しか居ないかもしれませんね。でなければ、探偵業では浮気調査が未だにシェア№1を維持してはいないでしょう。

 

まとめ

浮気が起きやすい状況を知ることは、自分の浮気心が暴れだす危険性を知ると共に、未然にトラブルを防ぐ効果があります。

また、浮気をしやすい状況を知ることによって、パートナーが浮気をする可能性を極限まで減らすことができるでしょう。

しかし、だからといって上司や同僚の飲みの誘いを断り続けることも出来ませんし、パートナーの行動を束縛し過ぎることもできません。そんなことをしていたら、それこそお互いにストレスが溜まって浮気に走る可能性が高まりますしね。

つまり、やはり最後にものをいうのは自分自身の心の強さと、パートナーへの愛情です。

浮気に勝るのは本気のみ。自分の想いを信じ、遊びもほどほどにしてパートナーの元へとさっさと帰りましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい