1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. ネット(SNS・LINEなど)浮気
  4. ≫SNSが浮気の温床となっている?浮気ツールとしての利便性と水際防止対策

SNSが浮気の温床となっている?浮気ツールとしての利便性と水際防止対策

1800

現在、浮気ツールとして浮気性の人間達にもっとも使われているのは、SNSを代表とするインターネットコミュニケーションツールです。

某WEBメディアの統計によれば、浮気相手と出会う場所として最も高い割合を誇ったという結果もあり、浮気対策を行う身としてはやはりSNSツールによってどの様に浮気が行われているかを知る必要があります。

そこで、今回はSNSを利用した浮気の方法と共に、SNS浮気の水際対策の方法についてもご紹介させて頂きます。

 

LINEよりも浮気率が高い?SNS浮気の実態

一般的に浮気ツールと知られているLINEですが、これは浮気相手との親密度を高めるためのコミュニケーションツールとして用いられている場合が多く、LINEで怪しい文章を発見した場合には、すでに浮気が進行していることが殆どです。

では、LINEで浮気相手とやり取りを行う前、つまり浮気相手との出会いの場はどこなのかというと、そこには必ずと言って良いほどSNSツールの存在があります。

では、人々はSNSツールを使ってどの様に浮気相手を探しているのか?

次項から具体的な方法について触れていきたいと思います。

 

SNSでの出会い

SNSで異性と出会う方法には様々な方法がありますが、基本的には同じ趣味、もしくは同じ目的をもって利用しあっているユーザー同士がつながる性質がSNSにある以上、なんらかの共通点を持った人間同士でなければなりません。

 

同じ趣味や趣向を持っている人間を探す

SNSを利用する最大の目的は、同じ趣味や趣向を持っている人間との交流を持つことにあるかもしれません。

実際に、twitterやfacebookなどで友人などを探す方法として、自分と同じ趣味や趣向、もしくは同じクラスタ(同じ属性を持つ集合体)に属している人間を探すのが一般的で、現実社会の様に多種多様な人間をランダムにフォローしつつ、時間をかけて相互理解を深めながら仲良くなっていく事はありません。

である以上、浮気相手を探す際にも、必ず本人と同じ趣味や趣向、もしくは業界に属している人間であることが必要不可欠となります。

 

進行を深めながら、コミュニケーションをリアルに移行していく

はじめから出会い目的でSNSを利用している人間は殆どいません。

むしろ、リアル(現実)での寂しさを紛らわすために利用している人間が多く、SNSへの依存度が高い人間ほど、現実での交友関係が薄い傾向にあることも分っています。

そうした人間同士がインターネット上で出会えば、仲良くなることにそう時間はかかりません。また、コミュニケーションもすべてテキスト上で行われるため、容姿も異性慣れも関係ありません。

しかし、そうしてコミュニケーションを行っていくと、どうしても仲良くなった相手がどんな人間なのか気になったり、さらに関係を深めたいと考えるのが人間というものです。

そこで親密度が一定以上まで高まると、今度は「オフ会」に代表される様なSNS上で出会った人間とのリアルでの交流が始まります。

その結果、気になる異性がいると、その場でLINE IDを交換したり、もしかしたらその場でホテルまで流れる可能性もあります。

また、SNSでのやりとりから、そのままLINEに移行することもあり、この場合はさらに親密度が深まるため、すでに精神的な浮気がスタートしているでしょう。

 

インターネット上の出会いは、すでにリアルでの出会いの割合を超える

SNS先進国であるアメリカの若者の間では、インターネット上で異性と出会うことは、すでに現実での出会いを割合を超え始めています。

統計によれば、その割合はなんと60%以上。

この数値を見てみると、すでにインターネット上で浮気相手と出会うことは当たり前の様な気すらしてしまいますね。

しかし、浮気を許すことは誰にでもできませんし、出来ることなら、浮気が発生する前に水際で浮気を防ぎたいものです。

 

SNS浮気の水際対策

SNSで行われる浮気の対策はそう難しい事ではありません。

ただ、本人が頑なに自身のアカウントを隠す場合には労力を必要とするので、できるだけ自然と相手のIDを聞き出すことから初めてみましょう。

 

パートナーのSNSをフォローする

パートナーのSNSアカウントを知ることができれば、そのアカウントをフォローすることによりフォロワーとのコミュニケーションを常にチェックできます。

チェックのポイントとしては、返信率が高い人間とその内容です。

もしも相手が異性であり、親密な様子があり、さらにSNS上のコミュニケーションのみでは分かりえない様なお互いの個人情報まで共有している様子があるなら、親密度はかなり高いと判断できるでしょう。

ただ、この方法はすでに多くの人が実践しており、浮気をする人間の多くはすでに対策を施しているものと思ってください。

その対策方法としては、裏アカウントを使って、親密な相手とはそのアカウントで主にコミュニケーションをとる方法です。

ただ、この方法も裏アカウントさえ発見できれば見破ることが出来るでしょう。

 

疑わしき異性のSNSアカウントをチェックする

本人のSNSに浮気発見対策が施されていても、相手のアカウントには対策が施されていない場合があります。

なぜなら、浮気をする時に多くの人間が自身を独身者と偽ることが多く、その浮気相手も独身者である可能性が高いため、相手は何も隠すことなくSNS上にパートナーとの恋愛に関する情報をアップしている可能性が高いからです。

そのため、本人のSNSアカウントで疑わしきコミュニケーションを取る人物がいれば、その相手のアカウントも同時に確認しておきましょう。

 

本人のパソコンをチェックする

裏アカウントの運営を暴くもっともシンプルで確実な方法は、本人のパソコンをチェックしてアカウントを探り出す方法です。

スマートフォンからでもSNSを確認することは出来ますが、ロックが掛かっていることが多いので難しいことが多いかもしれません。

しかし、パソコンの場合は夫婦が共同で使用している事が多いので、ロックがなく確認も比較的簡単です。

ただ、アカウントに不正ログインを行うことだけは避けましょう。プライバシーの侵害やセキュリティを不正な方法によって回避したことにより、後々トラブルになるかもしれません。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい