1. 興信所探偵
  2. 夫婦関係
  3. 幸せな家族生活
  4. ≫幸せな家庭を取り戻せ!不倫関係を止めさせるコツとは?

幸せな家庭を取り戻せ!不倫関係を止めさせるコツとは?

1842_1

もしも貴方が旦那さんや奥さんの不倫を発見したら、その後どうしますか?

恐らく多くの人は怒りのあまり制裁を加えようと考え、離婚や慰謝料請求を行おうと考えているかもしれません。

しかし、一度怒りを発散させたあと、多くの人は夫婦関係の修復を望むのが現実です。

事実、探偵に依頼した8割近くの人が、浮気調査後に離婚をせず、そのまま夫婦関係を維持し続けるというデータも存在している位です。

ただ、不倫関係にある人間同士はそう簡単に別れられるものではありません。

ふつうの浮気とは違い、両者は共に愛し合っていることが多いですし、その愛情は時として夫婦の愛以上かもしれません。

それでもあきらめず、夫婦関係の修復を望むのであれば、そこでは必ず行わなければならない事があるので、ぜひ以下に記すポイントを参考にしてみてください。

 

不倫相手には必ず慰謝料請求を

不倫関係になった相手に慰謝料請求をすることで、不倫には大きな代償が起こることを教えてあげなければなりません。

一般的には慰謝料請求=離婚と考えている人が多いのですが、不倫によって受けた精神的損害を補うのに離婚をする必要はなく、旦那さんに対しても慰謝料請求を行うことが出来ます。

慰謝料請求が不倫関係を終わらせるのに効果的な理由は、実害が発生することにより、不倫相手が自ら身を引く可能性が高くなるからです。

また、この場合の慰謝料請求はあくまで不倫相手と旦那さんを引きはがすのが目的ですから、無理に請求額通りの金額をもらう必要はありません。いくらか譲歩する姿勢は見せてもかまいませんが、その代わり、二度と旦那さんに近づかない誓約書など書いてもらうと良いでしょう。

 

不倫相手の住所、名前、勤務先を抑える

慰謝料請求を行うためにも、不倫相手の住所、名前、勤務先は必ず押さえておきましょう。

もしも住所が分からない場合には、勤務先だけでも十分です。

慰謝料の請求を行うためには、まずは内容証明郵便によって請求書を送る必要がありますが、これは勤務先に送っても十分通用します。

また、勤務先に内容証明郵便が送られると、不倫相手としては相当こたえるので、慰謝料の支払いが早くなるという意見もあります。

しかし、慰謝料請求は脅迫ではありません。あくまで自身が受けた損害を賠償してらもうために請求するものであることを頭に入れておきましょう。

 

次に不倫をした場合の制約署を書いてもらう

一度不倫が発覚し、その事実を認めたとしても、再び影で不倫相手との関係を再開する恐れがあります。

そんな事にならないよう、不倫を認めてもらった後には、必ず不倫相手と二度と会わないための誓約書などを書いてもらいましょう。

また、この誓約書は不倫相手にも書いてもらいましょう。

そのためには前述のとおり、必ず不倫相手の住所や氏名が必要なので、解らない場合は探偵に頼むなどして調査してください。

ちなみに、誓約書の内容にはかならず「不倫関係に至った場合○○○万円の損害賠償請求を行う」という文面を盛り込んでください。不倫をしてはいけないと言ってもするのが人間ですから、現実的に、どの程度の損害が発生するのか数字で示さなくては不倫は止めれません。

文面の内容に関しては、行政書士、もしくは弁護士の力を借りると良いでしょう。後々法的な効力を最大限発揮させるためにも、文面には最大限の注意を払ってください。

 

不倫相手との示談

不倫相手と直接話すことは、不倫相手との関係を絶たせるためには有効です。

ただ、あまり不倫相手と直接話すことは進められません。もしも相手が本気で旦那さんを愛している場合、その場で喧嘩になってしまい、話し合いが進まないかもしれません。

そこで、示談を行う場合は出来るだけ弁護士などに頼み、間接的に法的措置をとってもらうようにしましょう。

示談を行う目的は、慰謝料の請求、または誓約書へのサインを確実に行うためです。

法律の専門家である弁護士であれば、書類の不備やのちにこちらの証言を不利に使われる可能性を下げてくれるでしょう。

 

親を呼んで話し合いを行う

不倫を二度としないと約束をさせても、あとで言った言わないの水掛け論になる可能性があります。

また、貴方一人だとどうにでもなると思っている旦那さんは、不倫の決定的証拠を見せつけても不倫を認めず、反対にあなたに対して離婚請求を行ってくるかもしれません。

そこで、旦那さんの頭が上がらず、確実にあなたの味方となってくれる人物。つまり、あなたのご両親を呼び、その場で不倫の証拠を見せ、不倫相手との関係を断つように約束させましょう。

また、出来ることなら旦那さんのご両親も呼んだほうが良いかもしれません。

相手のご両親もその場に呼ぶことで、もはや旦那さんは言い逃れはできません。もしここでも不誠実な行動に出ようとすれば、あなたの両親プラス自分の両親から責められるからです。

そして、出来ることなら相手のご両親にも謝ってもらいましょう。

子供が行ったことは親に責任は無いかもしれませんが、親が謝る姿勢をみて、罪悪感を感じない子供はいません。できるだけ、誠実な対応をしてもらう様に願い出ましょう。

 

夫婦関係を良好にする

不倫相手との関係を断つ最大の武器は、あなたの愛に他なりません。

結局、人は自分を最も愛してくれる人間には敵いません。あなたの愛情によって、旦那さんが再びあなたへの愛情がわき始めれば、もはや不倫相手への思いも断ち切れるでしょう。

また、不倫相手との関係をいくら絶ったとしても、そのあとに待っているのは壊れかけてしまった夫婦関係をいかに修復するかという問題です。

この問題を解決するのは非常に大変なことですが、これも結局は貴方の愛情が基本となり、夫婦関係を修復することになります。

 

まとめ

旦那さんの不倫関係を完全に絶つのはとても難しいことですが、決して不可能ではありません。また、専門家に依頼するために幾らかの費用が掛かることもありますが、その費用も問題解決のためには必要不可欠なものなのです。

そして、最終的に旦那さんとの関係をもとに戻すには貴方の努力が必要不可欠です。

あきらめずに、幸せな夫婦に戻れるよう最大限の努力を行いましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい