1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫浮気相手の調査は浮気調査には含まれない?

浮気相手の調査は浮気調査には含まれない?

%e6%8e%a2%e5%81%b51

浮気調査を依頼した結果、対象者が浮気をしていたことが判明したとしら、恐らく多くの人が浮気相手の情報についても調べたいと考えるでしょう。

しかし、実は浮気相手の情報を調べることは浮気調査の範囲外になってしまい、追加料金などが発生するケースがあるので、探偵社の依頼時には必ずこの点を確認しなくてはいけません。

 

なぜ浮気相手の調査は範囲外なのか?

実際には、浮気相手の名前、住所、勤務先などを調べるには、浮気調査の延長線上で行われるのが普通です。

例えば住所や名前は、浮気調査中に対象者と別れた後、浮気相手の尾行を行って判明させるのが普通なので、依頼者にしても現場の調査員にしても、それが別の調査項目であることに気がつかないという人も居ます。

しかし、実際には浮気の事実を確認する事と、浮気の相手の調査を行うことには次の様な相違点があるのです。

 

浮気調査と浮気相手の調査の違い

まずはじめに、浮気調査について詳しく見て行きましょう。

まずは浮気調査ですが、これは対象者が浮気のしているのか、それとも事実無根であるかを確認するための調査を指します。

つまり、厳密に言えば浮気調査の範疇は、対象者が異性と性的な関係にあるかを調査すれば良いので、その相手にまで調査範囲を伸ばすべきものでは無いという事になります。

 

一方、浮気相手の調査は尾行や張り込みは行うものの、依頼者はこの浮気相手について詳しい情報を何も得ていない段階から調査を進めて、名前や住所、勤務先などを割り出すことを目的としている訳ですから、これはすでに浮気調査ではなく所在調査の範疇に入ってきます。

また、両者は調査手法についても大きな違いがあります。

浮気調査のばあいは、対象者と異性が性的な関係にあることを証明することを目的としているため、尾行や張り込みを主軸とした行動調査により、とにかく浮気の現場を写真やビデオなどで抑えることになります。

 

しかし、浮気相手の調査は、依頼者が知りえない浮気相手のプロフィールを完成させるために、聞き込みやメディア検索、または図書調査やインターネット調査などを用いて、浮気相手に関する様々な情報を得て行く作業が中心となります。

このような違いから、多くの探偵社は対象者と浮気相手との接触を確認後、浮気相手の調査に関しては別の調査項目に当たるとして、調査を行う場合には追加料金を貰う事になるのが普通なのです。

 

追加料金が発生しない場合

浮気相手の調査を行うのに追加料金が発生しますが、探偵社によってはある程度の段階までなら、浮気調査の範囲内で調査を進めてくれる所もあります。

よく探偵社で見られるケースとしては、浮気相手の帰宅先を判明させる事のみをサービスとして行っている会社です。

確かに、実際に現場で働く調査員としては、後々追加依頼が来る場合を考えても、浮気相手の帰宅先は知りたい所です。

また、浮気相手の帰宅先を割り出すことは、浮気の現場を押さえるよりも簡単な場合も多いので、調査の流れの中で一遍にすませる場合には追加料金を貰わないと言う所もあります。

ただ、それはサービスでのみ行われるものであり、ある程度探偵社側が自腹を切って調査を行って居る事をご理解ください。

 

浮気相手の調査を行う必要性

心情的な部分で浮気相手の調査の必要性を語るまでもありませんが、後々慰謝料の請求を行う予定があるならば、必ず浮気相手の名前、住所、連絡先を判明させておかなければなりません。

なぜなら、慰謝料請求は郵送で書面を送付しなければならないため、相手の住所や名前、勤務先が解らなければ請求することすらできないのです。

しかし、電話番号さえ解っていれば、あとで探偵社や弁護士などに依頼すれば住所を判明させる事ができるので、無理に多く情報を得ようとしなくても良いかもしれません。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい