1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 世界の不倫浮気事情
  4. ≫浮気をしやすい状況 浮気は環境の変化でおきる?

浮気をしやすい状況 浮気は環境の変化でおきる?

197_1

浮気の原因と一口にいっても、そこには色々と複雑な要因が絡み合っているため、その性格な原因を突き止めるのはほぼ不可能と言って良いでしょう。

例えば、仮に一人の未成年者が犯罪に走ったとした場合、警察に逮捕され裁判所で裁かれるのは本人のみです。

しかし、その子供が犯罪に走った理由は、果たしてその子供だけにあるのでしょうか。

それは、教育や家庭、または社会の世情とまったくの無関係なのでしょうか?

このように、物事の原因を深く追求し、事件の結果からまるで別の場所にあるものが因果律によって大きな影響を及ぼしているという構図は、この世界の全ての出来ごとに発生しているものなのです。

浮気は環境の変化でおきる?

全ての物事が発生する原因が、本人の意思とはまるで関係の無い場所にあるとした場合、浮気もまた同様に本人以外の事象から大きな影響を受けていると言えるでしょう。

その中でも、家庭環境、つまり夫婦の住む家庭環境の変化は浮気に大きな影響を与えていることで知られています。

汚い部屋は浮気を招く?

現在、世界経済の中心地であるニューヨーク市ですが、この町は十数年前まで著しく高い犯罪発生率がある街でもありました。

ところが、この町に大量にあった落書きを消し、街の清掃を5年かけて徹底的におこなった所、市の犯罪発生率は半分以下にまで低下しました。

つまり人間は生活環境が悪くなればなるほど、倫理感や道徳観といた自分自身を律するはずの観念を失ってしまい、悪質な行為を平気で働いてしまう様になるのですが、この効果は家庭環境も同様であるという研究結果も出て居ます。

一説によれば、家庭内の環境が何らかの形で悪化した場合、人は家庭そのものを放棄し、浮気や不倫といった行為を行い始めると言います。

また、行われる家庭への裏切り行為は浮気や不倫に留まりません。素行不良やいじめ、売春、窃盗などの軽犯罪などを行いはじめる子供や父、母が居るのも事実です。

ストレスをため込まない環境づくり

実際に探偵社が依頼を受けて調査を行う家庭は、大変多くの問題を抱えていますが、そうした家庭の家は大変両極端な室内模様となっている事が多いです。

一つ目は、室内の整理整頓がまったく行き届いていない場合。

夫も妻も家事にまるで無頓着であり、両者とも共働きの家庭に多いのですが、家事が殆どなされておらず、ゴミなどもそのまま机の上に置きっぱなしの家が多いように感じます。

こうした家庭は、本来安らぎを与える場所である場所が人にストレスを与える結果を生み出してしまうため、どうしても家庭内でのもめごとが多くなってしまいます。

そして2つ目は、室内があまりにも整頓されすぎている家です。

チリ一つ、ゴミ一つ無い部屋は大変綺麗で気持ちが良いのですが、問題は部屋の掃除にあまりにも神経質になりすぎている人間の存在です。

綺麗好きの人間は非常にストレスを感じやすい人がおおいので、物の置き方や掃除の仕方ひとつにも人並み以上のこだわりを発揮します。

しかし、ストレスに弱い人間は人よりも多くの事に不快感を感じてしまうため、ストレスを発散するためにヒステリックな言動を取りやすい傾向にあります。

特に女性はストレスをため込みやすく、そのストレスをとにかく外に出さないとならないため、夫や子供に強く当たってしまう事もあります。

その結果、部屋が異常に綺麗な家には、変わりにストレスを一つも許さない人間が存在しており、その人間が発生させるストレスが逆に家庭内に問題を発生させている事もあるのです。

浮気を改善するには、まずは環境を改善すべき

このように、浮気を防ぐには本人の躾と同時に、家庭環境の改善も必要となってきます。

出来ることならば、夫婦二人で仲良く掃除を行い、気持ちよく円満な家庭を築く努力をお互いにしていく心がけをしましょう。

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい