1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫浮気調査は依頼者を助けるのか?精神的なリスクは?

浮気調査は依頼者を助けるのか?精神的なリスクは?

uwakityousa-risk

探偵が行う浮気調査に対する意見が、大きく分けると二つに分かれるでしょう。

一つ目は、「浮気をはっきりさせないと問題が解決しない」という意見。

そして二つ目は、「無理に粗を探さず、良い面だけを見るべきだ」という意見です。

この二つに誤りはありません。探偵としては「浮気の事実をはっきりさせずに夫婦生活を営めるような人は殆ど居ない!」という意見を投げかけたい所ですが。確かに、浮気をはっきりとさせる事にも、そのままにする事にも必ずメリットがあります。

しかしコインの裏と表のように、双方にメリットがある以上、どちらにもデメリットがあります。そのリスクを受けるのは浮気問題の当事者であり、どちらの意見を取るのかも、浮気をされた側、した側で違ってきます。

そこで、今回は浮気調査を行って事実を明らかにする事と、事実を伏せ続ける事のメリットやデメリットについて知り、浮気調査を行う時の判断材料にしてもらおうと思います。

浮気調査を依頼するデメリットは?

浮気調査を依頼する際のデメリットとは、探偵社を利用した事に対して依頼者が言われなき非難を受ける事にあります。

配偶者に浮気調査をしたことを非難される

これは浮気調査を依頼される方の多くが想像されるでしょうし、文献、ネット、噂などでも聞いた事があるでしょう。

確かに、浮気調査を依頼して得た調査報告書を配偶者に見せれば、殆どの相手は「探偵社に依頼なんてして!」と怒り出すか、声に出さずとも心の中で思っているものです。

ただ、実際にはこうした避難に対しても様々な対策を講じることが可能です。

例えば、探偵社の浮気調査の報告書を直接見せる代わりに、撮影した写真などを見せる方法があります。

報告書そのものを見せると、配偶者が激高する恐れがある場合に良く使われる方法ですが、探偵社に「報告書とは別に浮気相手と会っている写真が欲しい」といえば、写真だけを印刷して渡してくれる所が多いです。

調査費用が掛かりすぎる

浮気調査の相場は20~30万円と言われていますが、この相場は依頼内容によってか数十万円のふり幅があり、さらに探偵社ごとに設定している料金が違うため、あまり鵜呑みに出来ない数字となっています。

つまり、一つの不貞行為の証拠をとるために100万円を支払う人もいれば、十万円以下で済んでしまう人も居るというのが現状ですので、もしかしたら、予想以上に大きな金額を費用として失うかもしれません。

ただ、浮気調査をある程度自分の手で行ったり、不貞行為の証拠の取り方を工夫するなどすれば、費用の削減は可能です。

また、費用があまりに掛かりすぎる例として、対象者が警戒行動を表してしまうため、調査が難航してしまう例が多いです。

この場合、依頼者の動向を見て浮気調査に感付いてしまう対象者が非常に多いので、普段の言動に細心の注意を払えば余計な費用も掛からずに済むでしょう。

浮気調査をしないメリットは?

浮気調査をしない事で得られるメリットとは、浮気の事実そのものを依頼者が無視し続ける事にあります。

浮気の事実を無視する方法は人それぞれですが、私の知る限りは以下の方法によって事実の無視を行う人が多いです。

浮気をされても構わないと自分に言い聞かせる

浮気をされた事に対する嫉妬心とは、裏を返せば愛情そのものと言っても過言ではありません。その愛情が強くなればなるほど、相手への独占欲や依存心という言葉で表現される物になるかもしれません。

つまり、愛情そのものを薄めれば、自然と嫉妬心も薄まるということ。

ただ、配偶者に甘えて浮気をしている人には効果がありますが、本気で離婚の決意がある相手には良い都合を与えるだけです。また、自分をどこまで偽れるかは、その人の精神力次第とも言えます。

浮気そのものを見ないようにする

「浮気をするならバレないようにやってほしい」という言葉がありますが、確かにその通りで、一切疑わせないで浮気をしてもらえれば誰もが幸せに暮らせるかもしれません。

ただ、浮気をする人間の多くはそこまで完璧主義者ではありません。基本的に些細な事に拘らない性格な人ほど大胆になりやすく、浮気をしやすい傾向にあるため、配偶者から見ればバレバレな人が多いかもしれません。

また、浮気を一切バレずに行う事が難しい理由として、やはり浮気に気がついてしまう人間の本能が原因かもしれません。

浮気調査を行わない方が良い事もある?

浮気調査を行わない方が良い場合もあるのは間違いありません。

なぜなら、浮気調査を依頼するのに多くの依頼者が何らかの覚悟をなさっている以上、そこには必ずリスクが存在するからです。

そして元探偵としては、探偵社にご依頼して頂いた方々の覚悟や、現状を変えようと一歩を踏み出したその意思を尊重する意味でも、浮気調査はノーリスクで行えるものでは無いという事を伝えたいです。

ただ、そのリスクは人によっては取るに足らないものであったり、むしろメリットに代わる事もあるでしょう。

だからこそ、何の考えも無しに浮気調査をしてもらうのではなく、本当にコレで良いのか?

それとも浮気調査を依頼するべきではないのか、後悔の無い様に考えてから調査を依頼して頂きたいと考えます。

そして、もしも多少のリスクを承知の上で一歩を踏み出された方には、必ず手を差し伸べてくれる人間が居ます。

最近の探偵社のアフターフォローの充実は、そうして一歩を踏み出された方々の手出すけをしたいという気持ちの表れでもあります。

まとめ

浮気調査はどんどんと手軽なものになってきましたが、そのリスクは未だ消えてはいません。

しかしリスクを意識して一歩を踏み出すのだからこそ現状を変えられる以上、何の考えも無く浮気調査を依頼してしまっては、探偵社のせいで依頼者を不幸にしてしまうかもしれません。

その様な出来事が無くなる様に私も日々活動しているつもりですが、なかなか世界とは変わらないものです。

もしもご理解頂けるのであれば、浮気調査を行う前には是非とも浮気調査のデメリットやリスクについても考慮して頂きたいと思います。探偵は慈善事業ではありませんが、それでも多くの探偵は、依頼者の幸せを願って調査を行っているのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい