1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の動向
  4. ≫浮気調査で発覚するモラハラ被害とは?浮気とモラハラの関係性

浮気調査で発覚するモラハラ被害とは?浮気とモラハラの関係性

2049

モラハラとは、精神的な暴力を指す言葉であり、現在はDVの一種として考えられています。

このモラハラは熟年離婚の原因としても注目されており、最近はモラハラ被害の訴えの数も増加してきましたが、じつは浮気問題においてもモラハラは非常に密接な関係にあります。

そこで今回は、モラハラと浮気問題の関係について考え、そこから導かれる答えに皆さまと一緒に迫って行きたいと思います。

浮気調査の依頼者はモラハラを受けている例が多い?

浮気調査の依頼者は、はじめからモラハラを訴えている訳ではありません。

また、全ての依頼者がモラハラ被害に合っている訳ではありません。

ただ、以下の様なプロフィールの女性依頼者は、男性依頼者からモラハラを受けている可能性が非常に高いです。

専業主婦

経済ななかなか安定しない現代では、専業主婦の数も減りつつあります。

そのため、女性の中には「専業主婦になりたい!」と考える人も少なく無いようなのですが、事浮気問題が発生している専業主婦家庭では、旦那さんからのモラハラが酷いケースが大変目立つのです。

その理由として考えられるのが、いまや死語ともなりつつある「亭主関白」が最も大きな問題かもしれません。

家計の収入の全てを賄う男性は、まさしく一家の家長であり、女性にとっては頼もしい存在かもしれません。

しかし、家計の全てを自分の力で得ているという自負心から、奥さんに対して冷たく当たったり、時には罵詈雑言をぶけてしまう男性も居ます。

専業主婦は楽だと言われるかたも多いですが、それは無駄なトラブルが起こらないせいで、もしもトラブルが起きてしまえば、専業主婦側はかなり不利な立場に立たされてしまうものです。自分を支えてくれていたはずの夫に、いつの間にか良いように使われているだけと気がついても、その頃にはすでに浮気問題すら口出し出来なくなって居るかもしれません。

そのせいか、浮気調査を依頼される専業主婦の方の中には、すでに精神的な疾病を抱えていらっしゃる方も多いです。

自己中心的な男性に振り回されやすい女性

モラハラが発生する原因の一つに、本人の自己中心的な性格が上げられます。

自己中心的な性格の人物は、自身をしっかりと持っており、自らの哲学や理想を持っているかもしれませんが、その代償として他者の意見を聞き入れず、自分勝手な対応をしやすいです。

こうした人物はエネルギッシュで、好き嫌いがはっきりしているので、嫌悪感や怒りを感じる度合いも非常に大きく、つい口に出して相手を攻めてしまいがちです。

こんな男性を相手にせず、自分に合う男性を探せば良いのですが、母性が強く、男性のわがままを受け入れられる様な器の大きな女性程ほど、モラハラの対象となりやすいです。

男性の浮気に我慢する姿勢を見せる女性

旦那さんの浮気に対してどんな態度を取るのかで、女性の個性はよりはっきりと表れます。

その中でも「浮気をされても無視をする」「浮気をしても我慢する」という姿勢をみせる女性は、安定や平和を好み、リスクを極端に嫌う傾向にあります。

そのため争い事になるとついて黙ってしまいがちになり、自分の意志を出すことを嫌いがちになってしまい、相手のモラハラも「耐えていれば大丈夫だ」と思い込んでしまうのです。

几帳面な人

神経質で几帳面な性格な性格の人は、相手から言葉の暴力を受けやすい傾向にあります。

こうした方々は非常に心が敏感で、言葉で傷つけ合うだけでも自分の精神状態が悪化してしまいます。

モラハラを受けやすい人は、浮気をされやすい人との共通点が多い

浮気問題に詳しくなくとも、上記の特徴を持つ人間が浮気をされやすい理由は分かるかもしれません。

ただ、その点をあえて説明させて頂くなら、やはり「パートナーのわがままを受け入れてしまう」人間ほど浮気をされやすいのが一番の原因に挙げられるでしょう。

この様な性格を持つ女性は非常に優しく、包容力があり、真面目で向上心のある女性が多いのですが、そんな人ほど被害に会いやすいというのはなんとも不条理を感じます。

それでは、モラハラをする側の人間的特徴も、浮気をしやすい人間の特徴と一致するのかというと、ズバリほぼ同じ性格的共通点を持っていると言えます。

モラハラ加害者の特徴

 外面が良い

自宅ではあなたに威圧的な態度をとっている夫であっても、人前では良き夫を振る舞うことが多いです。
表向きには愛想が良く、友達や職場の同僚・上司に話を聞いても「しっかりした人」「出来るやつ」と思われています。

反対にあなたのことを「ダメな嫁だ」などと、嘘をついてけなしていることがあります。
結婚前に優しく理想的な相手に思えたのも、完璧な恋人を演じていたということがあります。

豹変する

結婚後も優しく接してくれていたのに、妊娠・出産などをきっかけにしてモラハラ男へ豹変したりします。
自分の要求が通らないと機嫌が悪くなり、時には物に怒りをぶつけて当たり散らし言葉巧みに「お前が悪い」と攻撃することもあります。

責任転嫁をする

「○○ができないのはお前のせいだ」と、自分がうまくいかない理由をすべて他の人のせいにすることがあります。

「いつも自分が正しい」「相手が悪いからこうなった」という考えで発言することが多いです。

自分は特別な存在だと思っている

モラハラ夫はエリート型自己愛とも言われ、極端にプライドが高い傾向があり人を見下すこともよくあります。

妻に対しても「お前はダメな人間だ」などと、人格を否定する言葉や「誰のおかげで飯が食えていると思っているんだ!」といった言葉を浴びせ、支配関係を作り上げたりします。

(引用元:http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/ningenkankei/s003/)

この性格的特徴は、浮気をしやすい男性との共通点が非常に多いです。

特に自己愛が強く、嫉妬深く、野心のある点は浮気性に通じるものが多いでしょう。

モラハラで離婚よりも、浮気で離婚の方がメリットが大きい?

モラハラで離婚するよりも、浮気で離婚した方が得られる慰謝料が大きくなりやすいです。

ただ、モラハラが原因であると認識しているなら、やはりモラハラの事実を専門家に相談し、打倒な対処を取った方が後々楽な事が多いです。

夫婦問題の最も重要なトラブルは何なのか?それをはっきりと認識するのが一番大事なのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい