1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の調査方法・見抜き方
  4. ≫浮気相手を住所を知るには所在調査!浮気との以外な関係性

浮気相手を住所を知るには所在調査!浮気との以外な関係性

2055

所在調査は、浮気調査を手出すけする重要な役割も担っています。

浮気問題の解決に所在調査が活躍している事実を知るひとはあまり居ませんが、慰謝料請求をする際には欠かせない調査でもあるのです。

また、実は浮気調査をしなくても、所在調査を行うだけで済んでしまうケースも存在します。

そこで今回は、浮気問題解決のための所在調査活用方法についてご紹介させて頂きますので、これを見てさらに探偵社の利用法について詳しくなってしまいましょう!

浮気問題解決に使える所在調査とは?

所在調査とは、人の住所や連絡先を調べるための調査です。

その調査は聞き込みやデータ調査、もしくはメディア調査を主軸に行うため、少ない人員や時間で行う事が可能です。

また、調査費用も所在調査の方が遥かに安いです。

事前に依頼者が持っている情報量にもよりますが、基本的には10万円前後となるケースが多いと言われています。

この費用で浮気問題が解決できるとしたらとてもお安いですよね?なにせ浮気調査の相場が20~30万円ですから、それが10万円代で解決できなら、これほど安いものはありません。

しかし、全ての浮気調査を所在調査のみでカバーできる訳ではありませんので、その条件についてご説明させて頂きます。

所在調査ができる条件とは?

通常、浮気調査で行う所在調査は、あくまで通常の浮気調査の補助的な目的として使われています。

ですが、以下の条件を満たす依頼内容であれば、所在調査のみで浮気問題を解決できるかもしれません。

1. 浮気が確定している

探偵社に依頼する前に、すでに配偶者から浮気を白状させていれば、当然浮気調査は必要ではなくなります。

ただ、口頭のみで浮気の事実を認めていても、後で発言を変えてしまうかもしれません。書面にサインしてもらい、きちんと証拠を残しておきましょう。

2. 浮気相手に関する情報がある

所在調査を行おうとしても、浮気相手の情報が必要になります。

最低限必要な情報は、電話番号、相手の名前、生年月日、勤務先のいずれか、もしくは複数の情報があった方が望ましいです。

また、インターネット上のアカウントが分かるだけでも相手の住所を調べられるかもしれないので、集められる情報は何でも集めておきましょう。

所在調査で解決できる浮気問題とは?

所在を判明させるだけで解決できる浮気問題は限られたものですが、それでも余計な浮気調査を行わずに済む依頼者もとても多いです。

慰謝料問題

浮気をしている事は判明したものの、浮気相手の住所が分からなければ慰謝料請求は行えません。

こうした状況なら、浮気調査をわざわざ行うよりも所在調査で十分状況に対処できます。

浮気相手の所在を判明させるためには、上記の通り多少の情報が必要ですが、情報さえ出そろえば驚く程簡単に所在が判明する例も珍しくありません。

さらに、所在調査では相手の勤務先を判明させる事も可能です。勤務先が判明すれば、慰謝料を請求する目安が決まるので、その後の戦略も立てやすくなるはずです。

また、電話番号が分かれば、慰謝料請求を依頼している弁護士事務所に事情を説明すれば、弁護士会を通して浮気相手の住所を知ることが可能ですので、探偵社を利用する以外の手段も検討してみましょう。

また、メールアドレスやLINEのIDなどから分かる情報もありますので、どんな情報でも良いので探偵社に持ち込んでみましょう。

浮気相手との話し合い

離婚をするつもりも、慰謝料請求もするつもりが無くとも、浮気相手との話し合いをしたいと思っている方も居ます。

そんな時には、必ず浮気相手の連絡先を手に入れておく必要がありますが、浮気相手に迷惑を掛けまいと配偶者がその連絡先を隠してしまうケースが非常に多いのです。

しかし、こんな時でも探偵社の所在調査を利用すれば、浮気相手の連絡先を手に入れられるかもしれません。

二度と浮気をさせないために

浮気相手と話し合いをしたり、今すぐ離婚する予定は無くとも、その後配偶者と浮気相手に慰謝料請求を行う予定があれば、早めにその所在を突き止めておくべきです。

特に熟年離婚に備えた場合なら、はやめに浮気相手の所在を抑えておき、いつ配偶者から離婚を切り出されても良い様に備えておきましょう。

所在調査では不貞行為の証拠はつかめない?

所在調査についてご存じ無い方の為にあえて説明させて頂きますが、所在調査は飽くまで「人の住所や連絡先」を調べるための調査であり、不貞行為の証拠を掴めるものではありません。

もしも不貞行為の証拠が欲しいのなあ、しっかりと浮気調査を行いましょう。

不貞行為の証拠があるなら、あとは所在調査のみ!

探偵社に依頼をせずとも、不貞行為の証拠を握っている人は多いです。

例えば、複数の状況証拠(携帯メールやLINEメッセージ)を集めることによって、浮気調査で得られる映像証拠と同じか、ほど近い程度まで不貞行為を立証出来るかもしれません。

そうなれば、あとは話し合いや慰謝料請求のために浮気相手の連絡先や住所を調べれば良いだけです。余計な浮気調査をするよりも、所在調査のみを依頼して費用削減を狙いましょう。

まとめ

最近は浮気を発見する方法も多様化しているため、不貞行為の証拠を握るためにご自身で様々なセルフ調査を試される方が増えてきました。

また、私個人としてもセルフ調査の流行は歓迎しています。お金が無いから浮気に泣き寝入りする人が増えるよりは、探偵社に頼らなくとも証拠が握れる世の中の方が浮気への抑止力が高いからです。

しかし、浮気相手の住所や連絡先、または勤務先を明らかにするための調査は、素人の方には大変難しいものですから、一般の方が無理をして危険な目にあったり、違法行為に走るよりは探偵社に任せた方が確実です。

そして何より、所在調査は浮気調査よりも値段が安いので、費用が足りない人でも依頼がしやすいのも良い点です。この調査で浮気問題の全てをカバーするのは不可能ですが、この記事を読んで知識を付けてもらえば、より安く、より確実な探偵社の利用法を発見してもらえるでしょう。

探偵社は、浮気問題に悩む方々のために存在しています。

もしも分からない事があれば、お近くの探偵社に気軽に相談してみましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい