1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫探偵に依頼するのは常識なのか?浮気調査が必要な人たち

探偵に依頼するのは常識なのか?浮気調査が必要な人たち

2155

「浮気をされたら浮気調査は必要なのか?」

こうした問いを投げかけられる事が過去にも何回かありましたが、当然、浮気をされたからといって全ての人が浮気調査をする必要はありません。

いえ、そもそも浮気をされたからといって、国の法律で「浮気調査をしなければならない」と定められている訳でもなく、あくまで依頼者の依頼によってのみ成立するので、どんなにひどい浮気をされたとしても、そのまま放置してしまう人もいます。

しかし、探偵として様々な浮気のケースを見てきた私は、浮気をされた場合に調査が必要な人と、そうでない人がはっきりと別れていると感じます。

そこで、ここでは浮気調査が必要な人と、そうでない人との違いについて状況的に見ていくと共に、浮気調査のメリットについて感じて頂けたら幸いです。

浮気調査が必要な人

浮気調査が必要になる人とは、主に以下の状況に当てはまる人達です。

慰謝料請求をしたい

あらゆる状況の中で、最も浮気調査の必要があるのは慰謝料を取りたいと考えている人です。

特に相手の不貞行為があまりにもひど過ぎて、その結果離婚に至ってしまった人にとっては、慰謝料の請求は精神的にも生活的にも必要な措置といえるでしょう。

しかし、慰謝料請求をしたとしても、相手が請求額通りの金額を支払ってくれるということはまず考えられませんし、浮気をしてその結果離婚に至るような自己中心的な発想を持つ人間が、慰謝料請求に誠実に答えるというのは甘い考えと言わざるを得ません。

そこで、探偵社の浮気調査によって不貞行為の決定的な事実をつかみ、浮気の実態を明らかにし、依頼者の受けた精神的損害に見合うだけの金額をもらうための行動を起こさなくてはなりません。

また、浮気相手の住所や名前なども分からなければ慰謝料を請求できないので、そのために浮気調査を依頼される方も居ます。

相手が離婚を認めてくれない

浮気をされたことによって酷く傷ついた場合、もうパートナーとの生活に耐えられなくなり、離婚を切り出す人も少なくありません。

しかし、たかが浮気だと離婚を認めなかったり、そもそも浮気事態を認めず強引に夫婦関係を継続しようとする人がいます。

そんな人から離婚するためにも、やはり不貞行為の証拠は必要です。特に映像証拠は相手に反論の余地を殆ど残さないだけの証拠能力があるので、不貞行為を理由に離婚請求が通る事も多いでしょう。

また、自身の浮気や不倫を棚に上げて離婚を許さない男性の中にはDV加害者となっている人も少なくありませんので、早めに離婚を進めた方が良いこともあります。

離婚を有利に進めたい

離婚の際に発生する財産分与や親権にかかわるトラブルを貴方自身に有利に解決するためには、配偶者の不貞行為を立証する必要があるかもしれません。

その場合、自分で証拠を収集できるなら良いですが、お金や子供が絡むと生半可な証拠では相手が不貞行為を認めたがらないため、当然探偵の出番となってくるでしょう。

浮気調査の必要が無い場合

浮気をされたとしても、または離婚問題に発展したとしても、その状況によっては浮気調査が必要でない場合があります。ただ、状況判断はできるだけ専門家による意見を頼るようにし、自分ひとりで悩まないようにしてください。

相手がすでに浮気を完全に認めている場合

配偶者がすでに浮気を完全に認めている場合は、本人の自白という最大の証拠を貴方自身が握っている事になります。

そのため、無理に探偵社に依頼をせず、本人から詳しい話を聞き出し、浮気の全容を明らかにしていった方が早いでしょう。

しかし、自白が取れたといっても、本人が後々自分の証言を覆すと厄介です。自白はかならず録音、もしくは書面に記してもらい、本人の署名、捺印をとるようにしましょう。

また、浮気は認めても浮気相手の所在が明らかになっていない場合は、本人の気が変わらない内に早めに証言を取りましょう。浮気の事実は認めても、事が大きくならないように浮気相手の所在や住所を隠したがる人が多いです。

不貞行為があっても無視できる場合

あまりお勧めできるものではありませんが、不貞行為の事実があったとしても、その事実に見て見ぬふりを通し続けることも一つの選択肢です。

良く言いますが「浮気があっても、バレないようにしてくれれば良い」という言葉がありますが、まさしくその通りだと感じる人も多いでしょう。

ただ、そこまで達観した価値観を持ちながら夫婦生活を送れるようになるには、夫婦関係が相当冷え切る必要がありますし、熟年にまで達しなければ、やはりパートナーの浮気に対して激しく動揺するのが普通です。

また、金銭的安定を最優先される場合も、やはり浮気調査をせずに放置することが多くなるかもしれません。それは金銭的に豊かな場合のみならず、離婚によって発生する生活の不安やストレスに耐えられない方も同様です。

不貞行為の事実に関係なく離婚を考えている場合

浮気や不倫は先に夫婦関係の悪化がある場合が多いのですが、その結果、相手が不貞行為をしていても関係なく、すでに離婚を前提にした話し合いが進んでいる場合があります。

もちろん、この時に慰謝料請求をしたいと考えていたり、親権や財産分与を有利に進めたいと考えているなら探偵も必要ですが、それよりもとにかく離婚したいと考えているならその限りではありません。

自分の状況に合わせて、賢い調査を

不貞行為を立証するためには、探偵は最強の武器となりえます。

しかし、そのためには十万円以上の費用が発生したり、貴方自身が知りたくなかった真実を知ることになるかもしれません。

つまり、探偵はやはり手軽に依頼できるものでもなく、お金以外にも様々な負担が依頼者に掛かることになります。

そのため、探偵事務所の殆どは無料相談をされた方に強引な勧誘をすることはありません。トラブルを解決できない依頼者が必要として初めて浮気調査が行われるのです。

また、無料相談では相談者が浮気調査をせずとも問題が解決できると判断した場合には、そのためのアドバイスを行っている良心的な所も多いです。

今の自分に浮気調査が必要なのか分からないなら、まずは無料相談を使ってプロに客観的な判断をしてもらうのも良いでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい