1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫浮気不倫調査員は何人で頼むのがベスト?

浮気不倫調査員は何人で頼むのがベスト?

233

探偵社に一度でも浮気調査の見積もりを出してもらった人ならご存知でしょうが、探偵社の料金は一時間の調査料金は調査員1名が基本となっており、その調査に加わる調査員の数が増えれば増える程料金が上がっていきます。

また、成功報酬制度であった場合も同様で、調査員1~2名分の料金が基本となり、そこに調査員の人数が増えるほど料金が加算されていく仕組みを採用している探偵社があります。

しかし、依頼社からすれば『なぜ調査員を増やさなくてはならないのか?』『本当は少ない人数でも調査員が行えるのでは?』と思ってしまうことがあるかもしれません。

では、一体なぜ探偵社は依頼内容によって調査員の人数を変えねばならないのでしょうか?

依頼によって調査員の人数が変わる理由

依頼内容によって調査員の人数は常に変動しますが、ここでは解りやすいように代表的な状況を取り上げて説明していきたいと思います。

建物の出入り口が多い

例えばオフィスビルから出てくる対象者を捉えるためには、正面入り口さえ押さえておけば良いと思うかもしれません。

しかし、探偵が行う調査では中途半端な推測や確証バイアスなどは絶対に許されません。きっとそうだという思い込みで正面入り口を張り込んでいたのに、裏口から出られたため見失いましたでは仕事にならないのです。

そこで、基本的には調査開始地点や勤務先ビルの出入り口と同じ数の調査員が必要となります。

しかし、もしも一人で2か所の出入り口が見張れる場合には、3つの出入り口でも2名で調査を行えることもありますが、2か所から出てくる人間を見張るのには相当の集中力が必要となるので、ベテラン調査員以外ではほぼ不可能といえるでしょう。

対象者の警戒度合

調査対象者の警戒度合が高い場合は、必ず調査員の数を増やさなくてはなりません。

尾行者の気配につねに敏感な対象者は、自分の後方に付く人や車両をつねにチェックしており、数分でも自分の後ろを付いてくる人間がいれば尾行者と断定してしまいます。

こうした人物を尾行するには、対象者との距離をいつもよりも取りながら、常に後ろに付く調査員を交換していくしかありません。

しかし、ローテンションをする人間が少ないと、尾行者の存在に気がつかれやすくなってしまうため、1人の警戒した対象者を尾行するのに、最低でも3名以上の調査員が必要となってしまうのです。

調査の成功率を上げるため

調査員の人数が少なければ、そのぶん現場の状況変化への対応も遅れてしまいます。

例えば2人で徒歩尾行をしている最中、対象者が突然道端でタクシーを拾ってしまったとします。しかし、道路にはほかにタクシーが走っていなかった場合、それ以上の調査は続行不可能となってしまうでしょう。

%e6%8e%a2%e5%81%b54

しかし、徒歩尾行を2名の後ろから車両尾行を行うもう一名の調査員が居たならば、タクシーに乗った瞬間に徒歩尾行組みの2名を車に乗せ、そのままタクシーを追跡できます。

調査員の人数=調査の成功率?

このように、調査員の人数を増やせば増やすほど、その調査の成功率が高まるのは間違いありません。

ただ、これは単純に全ての調査員が同じレベルであるという前提での話であり、実際には調査員の個々の能力の違いや、コンビネーションプレイに優れた調査員同士とそうでない調査員同士が存在するため、単純な乗算では説明しきれない部分もあります。

しかし、個人のレベルがいかに低くとも、動員された探偵社の人数に勝る調査力はありません。

もしも調査員の増員に疑問があれば、調査員を増やす理由について尋ねてみましょう。

その結果、上記以外の理由で納得がいかない場合には、無理に調査員を増やす必要はありませんが、最悪の場合を考えて1名での調査を行うことだけは避けた方が良いかもしれません。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい