1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫探偵社の不倫浮気料金プランが不透明な理由

探偵社の不倫浮気料金プランが不透明な理由

239

探偵社を選ぶ時、貴方は探偵社のどの部分を重要視しますか?

例えば調査力、会社の規模、資本、調査員の数、支社の数、メディア出演実績などなど、探偵社がアピールしてくる優良ポイントは様々です。

その中でも依頼者が最も見ている点は、やはり料金プランの内容でしょう。

しかし、探偵社というのは随分と料金に幅があったり、詳しい料金について記載していない所が多くて、不安になられる方もいると思います。

なぜ探偵社は料金表を出さないのか?

現在でこそ料金体系をホームページに記載することが一般的になりつつある探偵業界ですが、いまだに詳しい料金について完全にその内容を記載できている探偵社は殆どありません。

ただ、最近では時間制(パック料金)を浮気調査などの行動調査料金に導入している探偵社もいるので、ホームページ上に料金表などを記載している探偵社もあります。

実は探偵業界のみならず、弁護士なども同じ様に料金体系が不透明で、最近でこそホームページに時間毎の料金が記載されはじめましたが、昔は相場すら存在しない業界でした。

なぜこのように、探偵も弁護士も料金体系が不透明なのかというと、実はどちらも個人や法人からの依頼内容によって、仕事の内容が大幅に変動してしまうことから、詳しい料金表を算出することが不可能なのです。

例えば弁護士の場合、離婚裁判の費用を一律30万円と定めると、全ての離婚裁判を30万円で行わなければなりません。

ところが、一回目の口頭弁論で終了する裁判もあれば、2回、3回、4回と裁判が長期化してしまう裁判があります。こうなってくると、もはや30万円では完全な赤字となってしまい、弁護士事務所は大きな損害を被る事となるでしょう。

そして、探偵事務所も同じ様に、1日対象者を尾行すれば調査が終了するものもありますが、調査が尾行だけに留まらず、その他多くの情報を得るために、聞き込みや張り込み、図書調査などを行う必要が出てくる調査があります。

特に行方調査、所在調査などは、はじめに依頼者側が提示できる情報量が少なければ、それだけ調査が難航することが予想されるため、1時間幾らといった具合に詳しい料金をホームページに乗せることは出来ないのです。

そのため、かつては事務所ごとに同じ調査をしても、数万円から数十万円以上の差があり、中には一回の浮気調査で数百万円もの費用がかかる探偵社もあったそうです。

料金の透明化の流れ

しかしこれも昭和の頃までの話で、今や探偵業界のみならず、これまで料金が不透明であった各業界が一斉に料金の透明化の流れを歩んでいます。

それが出来るようになったのも、やはりホームページの存在が大きく関係しています。

インターネットが整備される前まで、探偵社は自社の宣伝をするためにはビラや広告、看板などを使うのが一般的でしたが、それではスペースが限られてしまい、膨大な調査項目とそれぞれの料金などに関する説明は全て口頭で行わなければなりませんでした。

しかし、ホームページの登場により、各調査にかんする詳しい説明、かかる費用についての解説など様々な事項について不特定多数の人々に発信できるようになったのです。

また、探偵業界も秘密主義的な営業方針から、どんどんと社会に自分達の存在をアピールして健全な営業を目指す機運が高まってきているため、時間制などのわかりやすい料金を提示し、業界の相場などを配慮した料金設定を心がける探偵社も増えてきています。

その結果生まれる不毛な価格競争で、低品質な調査を低価格で提供してしまう探偵社も出始めているため、全てが良い結果に傾いているわけではありません。

ただ、依頼者にとってはより以来のしやすい業界の仕組みが出来上がりつつあるため、探偵業界全体の依頼者の総数は以前にもまして増えつつあるでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい