1. 興信所探偵
  2. 結婚
  3. 結婚前身辺調査
  4. ≫結婚を急いでいる相手と結婚は注意すべき

結婚を急いでいる相手と結婚は注意すべき

346

婚活サイトや婚活サービスで知り合った異性はお互いに結婚への願望が強い人があつまるので、出会ってから結婚するまでのスピードも相当に早い人が多いと思う人が多いかもしれません。

しかし、実際には結婚サービスの利用者だからといって必ずしも結婚が早いわけではありません。特に年齢が上がれば上がるほど、結婚に対する危機感も多く持つようになるため、どのような相手かを見極めるための時間も必要になってきます。

結婚を急ぐ人のタイプ

探偵として結婚調査を行ってきた経験からすれば、結婚を急ぐ人間のタイプには以下のようなリスクを孕んでいる人も居ます。

結婚詐欺

婚活サービスの利用者の殆どは中高年者であると言われていますが、その中でも裕福な人間ばかりを狙ってアプローチを掛け、出会ってすぐに肉体関係等を持ち、結婚などの話し合いが行われる場合には、結婚詐欺である可能性が考えられます。

この場合、結婚の話は早いものの、実際には結婚には至らない場合が殆どで、交際中に様々な金銭的援助を受けた後、ぷつりと連絡を絶つのが通例です。

また、こうした行いを詐欺として立証するのは難しため、幾つもの婚活サイトを利用して詐欺行為を繰り返している人気もいます。

保険金詐欺

婚活サービスを利用している高齢者を狙って結婚を繰り返した後、死亡後の保険金を取得する男女が存在しています。

特に狙われるのは、中高年の次期に熟年離婚をしていたり、妻や夫に先立たれた高齢者です。

このような人物は、余生の短さに焦りを感じており、よくよく相手も見極めずに残りの人生の伴侶を決定してしまう傾向にあります。

そのため、出会ってからすぐに相手に結婚を申し込まれても断る理由が無く、保険金詐欺の餌食となってしまう場合もあるのです。

財産狙いの結婚

結婚を急ぐ男女の中には、相手の財産を狙って結婚をする人がいますが、その場合はとにかく狙ったターゲットを落とすためにあの手この手を使ってアプローチを掛ける事となります。

しかし、どんなにアプローチを掛けたとしても、二人の相性が合わなければ長期的に恋愛関係を持続させることは難しく、自分自身のボロが出て相手に嫌われてしまう事もあります。

さらに、財産目的の場合は結婚さえしてしまえば、あとはどのような事態になろうとも、離婚によって財産の半分が付与されるので、損をすることはまずありえません。

そのため、アプローチを掛けて相手が自分に夢中になっている間にとにかく結婚を急ごうとする人間が多いのか、結婚を急がれて不安になる人の殆どが相手の財産目的を警戒しています。

結婚を急がせている相手を見極めるには?

これまで多くの離婚を見てきた側としては、どんな理由があろうとも今期を急いで良いことは無いと断言できます。

なぜなら、結婚生活というのは1年や2年で終わるものではなく、30年から50年という長期間を同じ伴侶と共に過ごして行くことであり、とにかく二人の相性を確かめなければ、夫婦円満での生活はまず不可能と考えてください。

中には一目ぼれやフィーリングで結婚を決めるべきだという意見や、慎重になりすぎると婚期そのものを逃してしまうという意見もあるでしょうが、少なくとも1年か2年程の恋愛期間を得てお互い相性を確認するぐらいの時間は誰にでもあります。

そのため、まずは結婚を急ぐ相手と話をして、恋愛期間を経てから結婚を考えたい意思を伝えましょう。

そして、それでも話し合いに応じないようであれば、きっと何か事情があるはずです。

それが致し方無いことなのか、悪意あるものなのかはわかりませんが、どちらにせよ探偵社に相談して事実を確かめてみることをお勧めします。

 

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい