1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫調査の注意点
  4. ≫疑心暗鬼に駆られた依頼者は浮気調査を失敗する法則

疑心暗鬼に駆られた依頼者は浮気調査を失敗する法則

349

浮気調査のみならず、探偵社に自身の配偶者の調査を依頼してくる方の奥は、その配偶者に対してなんらかの疑念を抱いているものです。

夫が浮気をしているかもしれない、妻が別の男と会っているかもしれないと悩み、怯えている人が多いため、探偵社の相談員はそうした依頼者の心情を良く熟知し、何をどうすれば問題が解決するのかを提案してくれるでしょう。

しかし、多くの依頼者はとにかく相手への疑念が募り過ぎてしまい、なんとしても浮気の事実を見つけ出そうと攻撃的になってしまったり、時には探偵社の人間に八つ当たりをする時もあります。

ですが、このような状態は依頼者にとって最も危険で注意すべき状況であることを理解しなければ、その依頼は必ず失敗してしまうでしょう。

疑心暗鬼の恐ろしさ

浮気調査において、疑心暗鬼に陥ったり、確証バイアス(自分の考えが正しいという思い込みによって、好ましい情報ばかりを集めてしまう)を発生させてしまうのは、依頼者も探偵も同じです。

きっと浮気をしているかもしれない、かならずその証拠を見つけ出してやると思って調査に挑んでしまうと、何度やっても浮気の現場を押さえられずに苛立ちが募ってしまいます。

そして、その時は依頼者も探偵もこの様に考えます。

 

『なんで失敗ばかりするんだ!』

 

気持ちは解ります。

しかし、これは大きな誤りです。

殆どの調査の場合、何度やっても浮気の事実が確認できない場合、その対象者は実際には浮気などしておらず、完全な白(無実)な事のほうが多いのです。

それに気が付かずに、依頼者は必ず配偶者が浮気をしていると思い込み探偵社に多くのお金をつぎ込み、探偵社も仕事をこなそうと何度も調査を繰り返すも、対象者に不貞行為の様子は見られず、その事実を依頼者に報告。

すると、依頼者は『きっと調査をあえて失敗している』『本当は浮気の証拠があるのに、その事実を隠している』などとして、今度は探偵社とトラブルになってしまう人も少なくないのです。

このような不毛な争いは、依頼者の財産を減らすばかりか、精神的ストレスも大きくなるので、どちらにせよ早めに考えを改め、事実をきちんと見据えなければなりません。

調査は事実のみを見る

探偵が調査をするときに気を付けなければならない確証バイアスは、実は依頼者も気を付けなければならない事です。

特に疑心暗鬼に駆られて精神的に不安定な状態の時、人は姿無き恐怖におびえ、その恐怖にかならず実態があるはずだと、配偶者の浮気を盲目的に信じ込んでいます。

しかし、本当の真実に辿りつく為には、探偵も依頼者もそうした思い込みや恐怖を乗り越えなければなりません。

%e6%8e%a2%e5%81%b5

特に恐怖心は様々な事象を自分の思い込みと関係があると勘違いさせる効果があるため、本来であれば情報が足りず、断定できないような対象者の行動でも『ほらみろ!これは浮気に違いない!』と、まるで鬼の首を取ったように断定してしまうようになります。

事実を見るのに恐怖心は邪魔なものです。

本当の配偶者の姿を知るためには、思い込みも要りません。

ただ、事実を事実として冷静に判断できる姿勢と、どんなことでも受け止められる柔軟性こそが必要なのです。

探偵社の報告書はありのまま受け取るべき

探偵社が提出する報告書は、その必要性が無い限り、探偵の主観的に要素は排除された完璧な客観的視点によって調査の内容が書かれています。

この報告書を読む時に、依頼者の主観を挟むのはかまいませんが、出来ることなら、依頼者自身も報告書を客観視し、今わかっている事実と解らない事実について判断する冷静さを保っておくべきです。

特に調査を行っても浮気相手と接触しなかった場合は、その後の追加調査は全て依頼者の判断で行われます。

ここで冷静さを欠いてしまうと、浮気をしていない対象者に対して無駄なお金を使うことになるので、良く状況を判断し、調査の有無を探偵社に伝えましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい