1. 興信所探偵
  2. 結婚
  3. 実録結婚前調査
  4. ≫実録!結婚前調査 離婚暦を隠す子持ちの男性

実録!結婚前調査 離婚暦を隠す子持ちの男性

393

30歳以上の男女が出会い、そこから結婚に進むことは並み大抵の事ではありません。

なにせ、それまでの人生の半分を知らない人間と出会い、30年分の人生を理解して、これからの人生を歩んでいく訳ですから、お互いの過去にはあまり干渉したがらないのが普通かもしれません。

しかし、やはり結婚前には相手の過去が知りたくなるもので、その結果、想像もしなかった配偶者の過去を知ることになる場合もあるのです。

相談内容

「数か月前に知りあった相手から結婚を申しだされたが、相手が焦っている理由を知りたい」

そんな相談を探偵社に寄せたのは、38歳になる女性。

相手は年下の35歳の男性でしたが、女性は過去に離婚歴があり結婚に対してはかなり慎重な姿勢を見せていました。

しかし、相手の男性は何故か結婚を急いでいるようで、女性に対してすでにプロポーズを先日済ませてしまっているのだとか。

このプロポーズに対して依頼者はまだ答えを出せていませんが、その結論を出す為にも、この男性に対して結婚前調査を行い、疑念を払しょくしたいと考えたようです。

依頼内容

今回の対象者の年齢は35歳、某飲食業界のマネージャを務めており、いままで結婚歴は無し。本人いわく、仕事一筋で生きてきた為趣味も無く、休日は殆ど家にいるとの事でした。

そこで、この人物の調査を行うに1週間程の調査期間を設定。調査員2名によって素行調査を行った後、周辺の評判などを聞き込み、本人像に偽りがないかを徹底的に調査する事となったのです。

調査開始

調査を開始してから一週間、行動調査による対象者の監視中には不審な行動あ見られませんでした。

朝起きて、仕事に行き、帰宅して寝るだけのルーティンワークは本人の言う通りであり、仕事ぶりも居たって真面目。昼休みも殆ど取らずに夜遅くまで仕事をし続ける姿には何の問題店も無く、むしろ働き過ぎといった程でした。

しかし、問題となったのは調査の最終日である日曜。

この日、情報によれば一日中家にいてめったに家に居ないという対象者は、朝から車に高速道路を飛ばしながら郊外へと走っていました。

その後、対象者はインターチェンジを降りて、さらに都心部を離れ、田園地帯の広がる山間部へと向かっていきます。

朝早く、周囲の車も殆ど居ないため、GPSによって位置を確認しながら遠距離尾行を行っていると、GPSが車のエンジンが切れたことを告げてきました。

その地点に急いで向かうと、対象者の車が古い民家の敷地内に止められていました。外観からしてどうやら農家の様子。一時は対象者の実家かと思われましたが、張り込みを続けて1時間程が経過した後、民家から出てきた対象者の隣には、小さな女の子の姿があったのです。

%e6%8e%a2%e5%81%b5

女の子と車に乗った対象者は、そのまま近くのスーパーで女の子と一緒に買い物を行っている様子が確認されました。

そして、対象者の隣を歩く女の子が対象者を『パパ』と呼んでいる姿が幾度も確認されたのです。

調査結果

行動調査の結果から、対象者には小学生程度の女の子の子供が居る可能性が疑われた為、その後は対象者の自宅周辺で聞き込みを行い、対象者の結婚歴に関する詳しい調査が行われました。

その結果、対象者は3年前に離婚した経験があるとのこと。そして妻に引き取られた幼い女の子の子供がおり、その子は時々対象者の自宅に泊まりに来るそうでした。

しかし最近は、妻が新しい男性と結婚するため、娘さんとも会えなくなると漏らしていたことが会社関係者からの聞き込みで判明したのです。

この調査結果を依頼者に知らせると、依頼者は「きっと、寂しさから結婚を急いだのかもしれませんね」と事の次第を納得し、対象者からのプロポーズを受けることを心に決められたのです。

誰にでも言いたく無い過去や、知られたくない事実がありますが、結婚相手からすれば、その事実も不安の種となることもあります。

また、事実さえ分かればお互いが理解し合い、問題を解決する事も可能なのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい