1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫浮気をしない人は居ない?浮気をしてしまう人間の本能とは

浮気をしない人は居ない?浮気をしてしまう人間の本能とは

724

より良き遺伝子を残すため、人は常に良い異性を求める様になっています。

特に男性はその兆候が強く、自分の配偶者よりも可愛い美しい異性が現れれば、その相手にすぐに夢中になってしまいがちなのです。

また、女性も同様に子供さえ育ててしまえば配偶者への興味は薄れるので、そこからは男性と同じく浮気をはじめる可能性が高まります。

新しい異性はなぜ必要なのか?

現在、経済大国のほぼ全てで敷かれている一夫一妻制度は、もともと組織内での争いを減らしながら、子供に対してより良い教育を施すための長期的な子育てを行える仕組みとして普及しました。

ところが、人間は本来このように国や組織といったものに従順な生き物ではなく、より原始的な欲求に従順な利己的な生き物であるため、例え結婚をしたとしても、全ての人間んが一人の人間に延々と愛情を注ぐことは出来ないのです。

特に男性は、自身の遺伝子を残すためにより多くの異性と性交渉を残すという本能が持っているため、愛情の有無に関係なく、常に新しい異性を求めるという貪欲な新奇性を持ち合わせています。

また、女性もこれは同様で、男性ほどでは無いにせよ、常に新しいパートナーを求めて活動を続けるため、当然浮気を行う生きものなのです。

若い異性が浮気の対象

男性、女性と共に、浮気のパートナーとなる相手は自分の正式なパートナーよりも若い異性となる事が多いです。

yurusenai-1

特に男性は明らかに若い異性を好んでおり、中高年の男性の浮気相手は20代~30代の女性となるのが殆どです。

また、女性の不倫や浮気は若い頃は年上の男性を好む傾向にあるのですが、30代を超えた頃から次第に不倫や浮気のターゲットとなる年齢が下がりはじめ、中高年になると男性同様に20~30代の男性を狙い始める人が増えます。

では、なぜここまで人間は年下の異性を求めるのか?

それは、浮気や不倫といった行為は結婚や子育て、もしくは社会的立場などとはまるで関係の無い所で発生するものであり、男女ともに異性選びの基準に理性的なブレーキが殆ど入り込まなくなるからです。

つまり、不倫や浮気の相手は収入や肩書、社会的地位などは殆ど関係なく、自分の好みや性的な趣向などに左右される事が多くなるため、自身よりも年下の人間の若さそのものに魅かれて浮気をしてしまう人間も少なくないのです。

セックスのみが目的?

これは男女共に言える事ですが、はっきりと言って、男性も女性も強い性的欲求によって浮気を行っているため、やはりセックスを行いたいが為に浮気をしている節はあります。

ただ、男性はセックスのみを楽しみますが、女性はセックスと同じ位異性との体の触れあいや言葉などの恋愛そのものを楽しむみたい為、セックスのみの浮気だと満足はしません。

ただ、浮気や不倫をしているにも関わらず、セックスをしないカップルはまず100%存在していません。

浮気をすれば必ずセックスをしますし。その殆どは性交渉からスタートすると言っても過言ではありません。

プラトニックな不倫も浮気もまず存在しませんし、強い性的欲求に突き動かされた動く人間が、プラトニックな関係のみで我慢できる訳が無いのです。

浮気をしないためには?

以上の事から考えてみると、結局浮気をしないためには、私達は強い自制心を持ち、自分の理想に従順に生きるしかありません。

例えば浮気をしたいと思った時に我慢できる能力というのは、やはり性的欲求を抑え込めるだけの強い理性の持ち主しか居ません。

そうした人間は自身の欲望をコントロールする事に長けているため、社会的にも安定した地位に居やすく、大きな成功はないものの大きな失敗もしない堅実な人生を歩んでいる事が多いのです。

しかし、浮気や不倫を行う人間の場合、比較的リスキーな行為を昔から好んでいる場合も多く、社会的に高い地位に居たとしても、自らのミスによって一気に転落するか、欲望のコントロールが上手く行かないため、社会的地位が低い傾向にあるので、一生のパートナーとしてはあまり好まれません。

浮気症の人間とは結婚すべきではない

結局、人間の持つ性能が浮気を防げるかどうかを左右します。

つまり、自分の欲望をコントロールする術を持たない人間は結婚をしても変わる事無く浮気を繰り返すため、もはや改善の余地など殆ど残されていません。

この様な失敗をしないためには、やはりはじめから浮気症に異性とは結婚しないに限ります。

しかし、浮気症の人間は容姿が良く異性に大変モテるため、恋愛期間中には『結婚さえすれば自分だけのものになる!』と考えて結婚を焦って、結局は結婚後も浮気症が治らないばかりか、相手側から離婚を言い渡される場合もあります。

こうした事態を防ぐには、早めに相手が浮気症か否かを確認して、結婚前に対策を練ることです。

特に結婚前には必ず相手の浮気癖について確認しておかないと、離婚してから遅いですよ?

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい