1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気する人の特徴
  4. ≫浮気調査で解る事実。男性が浮気に走る理由とは?

浮気調査で解る事実。男性が浮気に走る理由とは?

743

浮気調査を行っていた時、なぜこんなにも多くの人が浮気に走っていたのか疑問にならざるを得ない時がありました。

もちろん、浮気をするのは男性の本能という意見もあるでしょう。しかし、実際にこの目で多くの浮気現場を見てきた限り、浮気の原因は決して本能という人間の根源的欲求からのみ起きる行動だとは思えない部分はいくつもあります。

例えば、探偵社に持ち込まれる浮気調査の内、その半数近くが家庭内別居状態にあるというデータもあります。

つまり、浮気が発生した時点ですでに家庭内別居になっている人がかなり多く、浮気とは全く別の原因で別居に至っている場合が多いのです。

こうなると、夫婦仲の悪化は離婚が先なのか、それとも別の原因が先なのか解らなくなりますよね?

そこで、今回は探偵の目線から見た浮気の原因について詳しく解説してみたいと思いますので、浮気予防のためにぜひお役立てください。

異性として見られなくなった

自分の恋人や妻が女性として見られなくなった時、男性はとたんに熱を冷ましてしまうようです。

しかし、もちろんそこには愛情は存在しますが、それはあくまで『情』という信頼関係の基礎となる感情。異性に抱くような性的な興奮や、より原始的な恋愛感情などを一気に失ってしまうようです。

こうした現象が起こりやすいのは、もともと男性が異性と性交渉を行った時点で、本能的な恋愛感情の役割が終了してしまうのが原因かもしれません。

また、自分の子供が生まれたのを確認した時点で、動物としての『父』の役割が終了してしまうという仮説も存在するようですから、男性はもともと異性に対して長い間愛情を維持する事が難しい生き物なのかもしれません。

自分への興味を失った時

男性は意外と女性に愛されたい生き物で、自分のパートナーからは無償の愛情を注いでもらいたいと考えているものです。

それは、まさしく母親的な愛情を常に期待しており、女性からつねに注目を集め、心配されたいと考えています。

ところが、子供が出来てしまうと、女性の注目や愛情は常に子供に集中する様になるため、女性に母性を求める様な男性は、その時点で大きな不満を抱えてしまうようなのです。

そのせいか、浮気調査の対象者となりやすい男性の多くが妻(依頼者)が出産してから2~5年後ほどの間が多いのです。

自分の子供が成長する大切な時期に一体何をやっているのかとお怒りになる方もいるでしょうが、男性は本来これぐらいわがままな生き物であり、いつまでたっても大人になり切れない部分があります。

喧嘩が原因

本来浮気症でもなんでもなく、真面目で異性関係で浮ついた話も無いような男性が突然浮気に走った場合、その原因の多くは夫婦やカップルの間に深刻な問題が発生している場合が多いようです。

真面目な男性というのはそれだけストレスを内側に貯めこんでしまっているため、夫婦間の緊張状態が続いてしまうと、ストレスを癒すために別の女性の元へと走ってしまう場合があるのです。

このような浮気の場合は突発的なものなので、夫婦関係が改善されれば浮気もすぐに終わってしまう事が多いです。

しかし、夫婦関係の改善が行われない場合、夫はより不倫にのめりこむようになり、離婚は免れない状態となってしまいます。

仕事のストレス

家庭内の不和だけでなく、男性はストレスを感じると異性を求めるようになり、突発的な浮気を繰り返しやすくなります。

この様な現象が起きる原因として考えられているのは、人間の持つ『種の保存』を守るためのシステムです。

人間は自分の身に危険が迫っている事を察すると、危険な状態に陥るまえに自分の子孫を残そうとします。そのため、仕事のみならず、様々なストレスフルな環境に身を置く人間は性欲が高まりやすく、浮気や不倫の確立も上がると言われています。

また、一般的にはストレスによって浮気に走るのは男性とされていますが、同じようなシステムを持つ女性にも当てはまります。

この様な状態にある男性の場合、仕事のストレスを癒す場所が無い事が多いので、できるだけ男性が安らげるような家庭環境を作ってあげると、とたんに浮気癖が治りやすいのです。

元から性的欲求が強い人間

そもそも結婚が不得手な男性の中でも、とにかく綺麗な女性が好きだという男性は本来生まれ持っての浮気症なので、もはや対応策は存在しません。

こうした男性と結婚したり、パートナーとなる事自体すでに安定とはかけ離れた選択なのでしょうが、このような男性は勢力旺盛で女性にモテやすいので、運悪く結婚してしまう女性も少なくありません。

浮気の原因をつきとめたなら

浮気の原因を見つけたならば、できうる限り改善の余地が無いか探してみてください。

たとえ浮気をした相手といえでも、心の底では本当は妻や彼女を愛している場合もあります。直せるところがあるなら直してみて、結果ダメならという気持ちでチャレンジしてみるのも良いでしょう。

しかし、どうしても浮気が許せないのなら、無理に結婚生活を続ける必要はありません。

そこからは自分の幸せや自分の子供の幸せを考えて行動し、幸せな生活をつかみ取るための努力に切り替えるべきです。

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい