1. 興信所探偵
  2. 結婚
  3. 結婚前身辺調査
  4. ≫親が結婚前身辺調査を行っていた場合は?そのメリットとデメリット

親が結婚前身辺調査を行っていた場合は?そのメリットとデメリット

877

結婚調査を依頼する半数近くの人間は、結婚予定の当人ではなく、その親となる場合が多いです。

この点について、おそらく結婚をする両者は間違いなく良い気分はしないはずです。

特に親が結婚調査をするという発言を一切せず、裏で内密に調査を依頼しているとなれば、自分の両親に対する不信感はつのるばかりでしょう。

さらに結婚相手の親から自分が調査されるとなれば、相当気分が良く無いはず。

そんな相手の両親と一緒にやっていく事はできないと考える人も居るかもしれません。

そうした結婚する両者の気持ちを考えた時、やはり結婚調査をするのは良くないのかもしれないと、子供の結婚相手に対する調査を断念する人も多いです。

 

しかしちょっと待ってください。

実は結婚調査というのは、どうしても相手側の両親が本人に対して内密に行わなくてはならない理由がきちんと存在し、メリットとデメリットの両方がしっかりと存在しているのです。

結婚調査を内密に行うメリット

結婚調査を結婚する両者に内密で行う場合、以下の様なメリットが発生します。

調査の精度が増す

調査対象者が調査の事実を知らなければ、普段通りの行動をしっかりと把握する事が可能です。

もちろんこれは結婚調査に限らず、ありとあらゆる調査で同じことが言えるでしょう。

これがもし相手が調査の事実を知っている場合、不審な行動をとっている人物は調査機関の間だけまじめに過ごす可能性が考えられます。

隠蔽工作を行わせない

隠ぺい工作を行わせないためにはどうしても調査の情報を対象者に漏らしてはなりません。

これは様々な調査で必ず必要な事ですので、調査対象者に対しては徹底して調査の情報が漏れないようにしなくてはなりません。

結婚調査内密に調査を行うデメリット

結婚調査を内密に行うデメリットは以下の通りとなっています。

途中で発覚すると二度と調査が行えなくなる

調査が発覚しないように行うと、調査が発覚した時点で調査そのものが中止になります。

中止になった調査は時間を置けば再び行う事が可能となりますが、相手の警戒心が高くなりすぎた場合には二度と調査が出来なくなるかもしれません。

対象者との関係が悪化する

結婚調査の場合、内密に調査を行っていた事が対象者に知られた時点で相手から嫌悪や怒りの対象となりえます。

もちろん、調査が発覚してきても何も言わない対象者も居ますが、それでも気持ちの良いものでないことは間違いありません。

自分の子供との関係が悪化する

結婚相手に対する調査の事実が発覚した程度では子供との関係が徹底的に破壊される事はありません。

ただし、これが結婚予定の相手に何の不備が無いにも関わらず、調査で発覚した内容を使って結婚を破断させようとすれば当然のごとく悪化します。

例えば母子家庭や父子家庭である事を対象者が隠していて、その事実を持ってして結婚相手を非難するような真似をすれば当然のごとく関係が悪化します。

ただし、報告書の事実を穿った目でさえ見なければ問題ありません。

基本的には調査は内密に行わなければ失敗する

以上の様に、結婚調査を内密に行うことにはメリット・デメリットが存在しています。

ですが、やはり調査は内密に行わなければ『事実を知りたい』という依頼者の本来の目的を達成しにくくなります。

その結果起きるデメリットは、結果を得るためには発生せざるを得ないものであり、結婚調査を依頼される時には上記のデメリットについてのご理解を是非ともお願します。

少しでもデメリットを減らす方法

いくら調査を行うために付随するデメリットとはいえ、その内容を多少なりとも減らしたいと考える人は多いです。

それはもちろん、自分の子供との関係が悪化するのと共に、その子供の恋愛を壊したいと考えているような親は殆ど存在しないからです。

そこで、内密に調査を行う上で発生するデメリットを少しでも減らす方法についてご紹介させて頂きます。

子供にだけは伝える

最悪の場合、結婚調査の事実が発覚して最も大きなショックを受けるのは結婚相手ではなく、自分の子供である事が多いです。

そもそも、結婚相手は親にとっては他人ですし、それは向こうも同じです。信頼関係がはじめから気付かれて居ない状態なので、結婚調査が行われた事を知っても特にそこまで傷つく訳ではありません。

しかし、それが実の子供となると話は違ってきます。

実子の場合、親に対して誠実さや実直さを求めて居る事が多いです。

特に若い時は、結婚調査に対する嫌悪感と親への期待感が強い傾向にあります。

これを防ぐには、やはり調査を行う上で最低でも実子にだけは調査の事実を伝える必要があります。

その結果、結婚調査の事実が調査対象者にまで伝わり、本人にとって不都合な事実が隠ぺいされる恐れもありますが、それでも自分の子供にだけは調査を行う事を告げて置いた方が良いです。

聞き込みを行わない

結婚調査では本人の風評について調査を行うのが基本ですが、どうしても調査がバレたくないのであれば、聞き込み以外の方法で調査を行う事をおすすめします。

なぜなら、聞き込みは対象者に対する情報を聞き出すため、対象者を良く知る人物と話しをしなければならないからです。

そして、結婚調査が発覚するのはこの聞き込みである事が多く、『昨日貴方のことについて聞いてきた人が居たわよ?』という話が本人に伝わることがあるのです。

しかし、聞き込み以外の尾行、張り込み、インターネット調査は対象者の友人や知人に接触せずにすむので、発覚率を大幅に下げる事が可能です。

情報管理は徹底的に行うべき

内密に調査を行う場合、中途半端な情報管理で調査の事実が発覚するのは望ましくありません。

隠すならば徹底的に隠すべきであり、そのためには決して楽はできません。

しかし、結婚する我が子の将来を思えば簡単なはずですから、探偵社に関わる全ての情報を隠すか廃棄するようにしてください。

また、調査が発覚した場合には下手に親としてのプライドを守ろうと思ってはなりません。

なぜ結婚調査を依頼したのか。一体何が不安だったのかをきちんと話せば、貴方のお子さんは必ず理解してくれるはずです。

 

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい