1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の慰謝料
  4. ≫浮気相手の配偶者から慰謝料請求をされたら?

浮気相手の配偶者から慰謝料請求をされたら?

934

探偵社への調査で浮気問題が発覚した場合、浮気相手に対しても慰謝料を請求する人が多いかと思います。

ただ、もしも浮気相手が独身者ではなく既婚者であった場合(通称:W不倫)相手側の配偶者から、自分の配偶者に対して慰謝料請求がされる可能性があります。

この時、夫婦関係がすでに破綻していなければ、慰謝料によって支払わなければならないのは夫婦の共同財産からです。

浮気をされて精神的ショックを受けているのに、しかも家系から慰謝料を支払わなくてはいけないなんて考えただけでも頭に血が登ってしまうかもしれません。

そこで、今回はW不倫時に起きやすい相手側からの慰謝料請求と、その請求に対する対称法について詳しく解説していきたいと思います。

浮気相手の配偶者ともトラブルになる

浮気問題の決着を付けるためには、浮気をした配偶者だけではなく、浮気相手とも話し合いをしなくてはなりません。

しかし、こう考えているのは浮気相手の配偶者も同じ。貴方とまったく同じ方法で浮気問題の解決を考えている事でしょう。

つまり、1つの浮気問題で加害者が2人、被害者が2人居る以上、被害者である2名の配偶者はお互いに双方の加害者に対して慰謝料を請求する可能性はかなり高いのです。

しかし残念なことに、浮気問題の加害者は必ず被害者の家族であり、もう一方の被害者が慰謝料請求をする相手は、自分の夫や妻という事になります。

となれば、慰謝料を支払わなくてはならないのは夫や妻であっても、そのお金は自分のもの。これではせっかく浮気の証拠を掴んでも損をしてしまうだけです。

また、そう考えているのも貴方だけではありません。

もしも貴方が浮気相手に慰謝料請求をしたとしても、そのお金は相手夫婦の共同財産から捻出されてくるので、本来被害者である相手の妻や夫にとっては望ましくない事態なのです。

相手に慰謝料請求をしたら必ず相手家庭でも浮気が発覚

浮気相手の配偶者に知られず、浮気相手のみに慰謝料請求を送れば相手側からの慰謝料請求を逃れられると考えている人が居ますが、それはまず不可能です。

まず、慰謝料請求をするためには請求書を内容証明郵便で送らなければなりませんが、その届け先は相手の自宅である事が多いからです。

これを職場に送っても問題はありませんが、その結果職場で対象者の浮気がバレてしまうので、妻の耳にも事の次第は伝わる可能性は高いでしょう。

また、慰謝料請求をする場合の金額も、100~300万円程が相場ですから、中流階級程度の家庭から、家計以外の場所にそんな大金を隠し持っている人もいません。

つまり、お金を請求した時点で、浮気の事実は必ず相手の配偶者にも知れるという事です。

慰謝料請求を相殺する方法

この問題を解決するのに取れる最良の手段は、こちら側からも同額の慰謝料を請求して、慰謝料の相殺を狙う方法です。

この方法を使うためには、もちろん浮気の証拠を握っている必要がありますし、法律に関する知識が必要なので、弁護士に依頼して相殺を狙った方が高い成功率を誇ります。

ただ、たとえ弁護士に相談せずとも、浮気被害者同士で直接話し合えば、慰謝料の相殺は確実に行えるはずです。

一番はお互いに協力関係を取るべき

この様なトラブルは時間も労力も使いますし、浮気被害者同士で互いに慰謝料を請求し合っていては、本来罪を問われるべき浮気加害者側が何の損もせず、問題の解決は全て貴方ともう一方の被害者が請け負う事になります。

これを避けるためには、できる限り被害者同士で話し合いの場を持ち、お互いにどのような方法を持ってこの問題を解決するのか協議するのが望ましいでしょう。

このときは直接会って話をしたほうが良いでしょう。

電話やメールで話をしてしまうと、相手の顔が見えない分、ただお互いに浮気をされた事への怒りをぶつけあってしまい、本来攻められるべきではない人間を攻撃してトラブルがより大きくなる可能性があります。

また、話し合いの内容に関しては『この問題を解決するためには何が必要か』『今後、互いの配偶者にはどのような措置を取るか』など、意見を出し合いながら話してみると良いかもしれません。

結局は慰謝料を請求し合っても、お互い被害者同士、浮気をされた事への悲しみは怒りはおなじはず。無駄な争いはやめて協力しあったほうが利益は大きいでしょう。

自分で自分の配偶者に慰謝料請求をする

お互いに慰謝料請求を止めた場合、加害者がお咎め無しとなるのは誰も望んではいないですよね?

そこでおすすめなのが、被害にあった配偶者が、浮気をした配偶者に対して夫婦間で慰謝料請求をするというものです。

この方法であれば、夫婦の共同財産から、自分だけが使用できるお金が増えるというもの。

もし結果的に夫婦の共同財産となろうとも、慰謝料請求をされた側は家計により多くのお金を入れなくてはならないので、被害者としては十分メリットのある方法です。

離婚をする予定なら、離婚後に慰謝料請求を行う

離婚することがほぼ確実である場合は、できる限り離婚が成立した時点で慰謝料を払ってもらうようタイミングを見計らって請求をしてもらう、もしくは自分が請求を行う方が良いです。

これには当然被害者同士か情報をシェアし、離婚の予定について協議しなくてはなりませんので、事前に話し合いの場を持っておく事をおすすめします。

話せば解るのが被害者同士の利点

この様に、相手側から慰謝料請求がやってきても決して慌てる必要はありませんし、浮気加害者を野放しにすることもありません。

そのためには、どうしても浮気被害者同士がきちんと話し合い、お互いどうやって受けた精神的損害を埋め合わせるのかを協議し、その結果、どちらかの被害者に不利益が被らないようにしなくてはなりません。

そして、慰謝料請求を相手側夫婦に行うにしても、その夫婦の破綻を願ってはなりません。

その結果傷つくのは浮気相手だけでは無いのですから、その事をしっかりと頭に入れておきましょう。

とにかく、W不倫の場合は被害者同士の協力が不可欠。

話せば解り合える人間同士なので、裏で手を組んで自分の配偶者をギャフンと言わせてやりましょう。

 

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい