1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の慰謝料
  4. ≫浮気調査の料金は総額で幾らかかるのか?一般的な相場と現実の相違

浮気調査の料金は総額で幾らかかるのか?一般的な相場と現実の相違

942

浮気調査を語る上で欠かせない費用の問題ですが、大抵は『一体幾らかかるのか?』というご依頼者様の質問に対して『大抵の相場は~位ですよ』と答えるかと思います。

しかし、この業界の相場は常に変動しており、各社ごとの相場となれば金額はさらに大きく変動していきます。

つまり、一般的な『相場金額』は、実際に依頼するときにはあまり役に立たたず、多くの場合は相場よりも遥かに高い金額を請求されるのです。

 

そして、インターネットなどの情報に相場を知り、いざ探偵社に電話をしてみると『その調査なあ~円ですね』と言われ、調査を断念してしまう人も珍しくありません。

しかし、一体なぜ探偵業の相場は当てにならないのか?

今回は探偵業の料金設定の仕組みと、調査料金が相場を超えてしまうのかについて詳しく解説させて頂きます。

 

一般的な相場は『平均値』でしかない

探偵業系のコンテンツを一度でも御覧になった方なら解ると思いますが、浮気調査の平均相場として大体25万円前後の金額が提示されているかと思います。

この様な情報を見て「なら私も25万円の予算を準備して依頼しよう」と考えて依頼すると、どこの探偵社に電話をしても相場以上の金額ばかり提示されるという事態が発生します。

 

なぜこのような事態になるのかというと、探偵業における相場は『25万円で必ず調査を行ってくれる』ものではなく、『全ての料金の平均値でしかない』という現状があるからです。

これが顧客の状況に左右されない物販や飲食業であれば、どんな状況でも一律した値段設定を行えるので、殆どの商品(サービス)を相場通りの値段で提供できます。

 

ところが探偵業における商品とは“調査を行って結果を出す”こと。

つまり、ただ浮気調査を行うだけならば、当然ほかのサービス業とおなじく相場通りの値段で行えるのですが、ここに“結果を出す”という項目が加わっている以上、調査(サービス)は結果が出るまで行い続けなければなりません。

そのため、依頼者の状況が悪ければ悪いほど調査の結果が出にくくなるので、必然的に相場よりも高い調査費用が掛かり、逆に状況が良ければかかる料金も相場よりはるかに安くなります。

しかも、その状況を判断するのは依頼者ではなく、依頼すする探偵社側なので、探偵社が状況を見て「これはそうとう難しいな」と考えれば料金が高くなってしまいます。

 

料金設定のルールが存在しない

実は、探偵業というのは大変小さく閉鎖的な業界であるため、各探偵社が好き勝手に料金を設定したとしても特に文句を言われる事が無い世界なのです。

例えば、調査員1名で1時間15000円で調査を行う平均的な探偵社が居たとしても、別の探偵社は20000円であったり、10000円であったりと、料金に2~3倍程度の性現れてきます。

なぜこんな事になるのかと言えば、それは探偵業が特に料金相場に問わられずに自由な金額を設定できてしまう点にあります。

なぜなら、探偵業というのは他のサービス業とは違い、提供するサービス内容が明確に解らないからです。

例えば探偵業で多くみられる『実力ある調査員が調査を行っている』といううたい文句ですが、具体的に何がどう実力が高いのかわかりません。

また、通常のサービス業であれば過去の業績などを掲載することで『料金が高くてもこんなにいい仕事をしているんですよ』と依頼者に納得してもらう事もできますが、探偵業の業績=離婚裁判などの判例となるため、浮気問題の当事者たちを公に公表しなくてはならず、事実上、実績好評が出来ない状態にあります。

つまり、探偵社は自社の料金を比較的自由に設定できるばかりか、料金が高い理由などを目に見える形で提供する必要もないのです。

しかし、現在はインターネット上での見積もりサイトも多数登場しているので、各探偵社は他者の料金設定を見て相場通りの金額か、そこに自社の特性に合わせて多少上乗せしたり、値段を下げるなどの経営戦略を取るようになっています。

 

相場通りの調査を行えるのは半数程度

浮気調査を相場通りの金額で行い、なおかつ結果を得られる人の数は恐らく半数程度にも満たないでしょう。

これは自身の経験論から導き出された答えなので、実際にはどの程度の人間が相場通りの金額で調査を成功させて居るかわかりません。

 

しかし、たった一日の調査で浮気の証拠を見つけたとしても、いざ裁判となった場合に不貞行為を立証するには少し弱いので、2回、3回と調査を重ねて証拠を積み重ねるのが慰謝料請求のセオリー。

この事を理解している依頼者は自ら進んで追加調査を依頼しますし、慰謝料請求が前提の依頼者であれば、その事実を伝えて、追加調査を提案するのも探偵社の仕事です。

 

相場通りの料金で調査が出来る人の条件

浮気調査の相場と言われている25万円前後の金額で浮気調査が出来る人は限られた人間のみ。だからこそ、その人たちには当然特徴が存在しています。

 

浮気の証拠をすでに掴んでいる

探偵社に以来をする前に自らセルフ調査を行っている人は、かなりの確率で相場通りの金額で調査が完了します。

逆に、セルフ調査を行っていなかったり、不確かな証拠しか掴んでいない状態で探偵社に依頼しようとする人は、調査を行っても結果がでないか、長期間の調査が必要となってしまいます。

 

過去に浮気調査を失敗していない

セルフ調査を行った事が対象者に気が付かれている場合、その調査に掛ける時間や人員も増やさなくては安全に調査が行えないので、自然と費用も増えていきます。

また、別の探偵社に調査を依頼して失敗した場合も同様に費用が上がりますが、その探偵社の報告書を基に調査プランを組んだ場合、不必要な調査を減らせるため、費用を削減する事も可能になります。

 

予算を削り過ぎる

状況が悪いのにも関わらず、あまりに予算を下げてしまった場合、調査に十分な時間や人員を割けないため結果が出にくくなります。

しかし、やはり結果を出したいと思えば、また新たに調査の契約を結びますが、二度の費用を合算すれば確実に相場を上回る金額となってしまうでしょう。

 

まとめ

この様に、相場通りに調査を行うのは大変難しいことです。

しかし、浮気調査は費用を無駄にしないためにも、やはり結果を最優先にして、時として相場よりも高い費用を投入しなければ慰謝料を勝ち取る事が出来ない場合もあります。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい