1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の慰謝料
  4. ≫浮気調査を行って証拠が取れない場合、料金の支払いはどうなる?

浮気調査を行って証拠が取れない場合、料金の支払いはどうなる?

946

浮気調査を行っても、その証拠が出てこなかった場合、そのお金が返ってくるのか不安ですよね?

過去に浮気調査を行って失敗した人や、自分でセルフ調査をしてみたけれども、浮気の日時や証拠らしい証拠も出て来ない時など(もしも調査をしても証拠が取れなかった羅道昭…)と不安に思う人もいるかもしれません。

しかしご安心を。

探偵社への依頼料金は、条件さえ整えば返金してもらう事が可能なのです。

調査プランによって変わる

探偵社側のミスではなく浮気の証拠が取れなかった場合、料金が全額返金になることは大変稀です。

しかし、それも調査を頼む時の料金プランの内容によって大きく代わり、中には証拠が取れなければ調査料金を全額返金する所もあります。

ただ、全額返金となる場合でも幾つかクリアしなければならない条件があるので、契約時には特に注意しなくてはなりません。

また、探偵社側の明らかなミスによって証拠が取れなかった場合、料金の一部を返金するのが通例となっています。

時間制度(パック料金)の場合

探偵業界の中で最も多く普及しているパック料金制度の場合、例え証拠が取れなかったとしても、料金は一切返金されてはきません。

このプランではそもそも調査員の稼働時間ごとに料金が加算されるシステムなので、証拠が取れるかどうかで金額が決定する訳では無いのです。

ただ、その分料金設定が安くされており、時間制限を設ける事で、浮気調査の相場以下で調査を行う事も可能なのがパック料金制度ですので、デメリットばかりでもありません。

また、パック料金制度を導入しているからといって、その探偵社で成功報酬制度が出来ない訳ではありません。証拠が取りにくいかもと感じた場合には、はじめから別のプランにするか、途中から別のプランに変更してもらう様にしましょう。

成功報酬制度の場合

成功報酬制度とは、調査が成功した場合に依頼者から料金を戴くシステムです。

ただ、調査を始めるまえに諸経費分である着手金(前金)を探偵社に収める必要があります。

着手金は調査を始めるための諸経費であるので、浮気の証拠が取れず、調査が成功しなかった場合には依頼者の元に返還されません。

しかし、残りの料金は成功しなければ戴く事は無く、浮気調査の証拠が取れなければもちろんお金を返してもらえます。

ただし、成功報酬制度では調査の成功の条件を初めに必ず設定しなければなりません。

例えば、成功条件を『浮気相手の写真を撮影』にしてしまうと、浮気の証拠ともいえるデートシーンは撮影できたものの、ラブホテルへの出入り等、肝心の不貞行為の写真が取れなくとも調査が成功したとして料金を支払わなくてはならない事もあります。

この様な意地の悪い契約の取り方をしている探偵社は今の所存在しないと思いますが、万が一の可能性もあるので、成功報酬制度の契約を行う時には、調査の条件を『不貞行為の証拠を抑える』等に変更してください。

完全成功報酬制度の場合

完全成功報酬制度の場合、着手金などは一切掛らず、調査の成功をもって料金の全てを頂くシステムです。

このシステムの利点は、証拠を手に入れる事が難しい調査であれば、例え失敗したとしても料金が発生しないので、無駄な調査料金を支払わなくてすむ所でしょう。

恐らく、浮気調査の証拠が取れなかった場合の事を危惧する依頼者であれば、完全成功報酬制度が最もお勧め……と、言いたい所なのですが、この料金システムには以下のようなデメリットも存在しています。

まず1つ目は『料金が高い』という事です。

完全成功報酬制度は、そもそも成功率の低い調査に対して提示する料金プラン。難しい調査を行わなくてはならない分、定時される調査料金も若干高めに設定されています。

ただ、最近では料金も相場に近い所まで落ち着いてきたので、昔のように信じられないぐらいの高額をふっ掛けられる事も無くなりました。

 

そして2つ目は『成功率が高い仕事しか受けたがらない探偵社が多い』という事です。

完全成功報酬制度で調査が失敗した時に探偵社が貰える料金が0円となってしまいます。

しかも、頼まれるのは難しく成功率の低い調査となれば、実際には探偵社にはあまりメリットが無い料金プランなのです。

しかし、調査の成功率が高くなればなるほど、成功報酬制度は通常の調査費用よりも高い金額を請求できるので、探偵社の利益も上がるということです。

そのため、明らかに浮気の気配があり、依頼者が浮気を行っている場所まで知っている場合でなければ依頼を受けないというシビアな探偵社も存在しています。

そのような風評が広まっていったせいか、今では完全成功報酬制度で依頼を受けている探偵社はめっきり減ってしまい、極一部の探偵社のみが未だにこの料金制度を利用しています。

その他の場合

浮気調査で証拠が取れないことは、調査対象者の警戒行動や、依頼者が浮気をしている日時を読み違えたせいで起きる確率が高いです。

しかし、その中には明らかに探偵社のミスによって浮気調査の証拠が取れない場合があります。

この場合、探偵社がミスを認めれば、例えパック料金でも料金の一部、もしくは全額返済が期待できます。

尾行中のミス

調査員の明らかなミスにより尾行が発覚した場合、探偵社に料金の返金を一部返金してくれる事があります。

ただ、契約の内容によっては、探偵社側のミスであっても料金を全額支払わなくてはならない場合があるので注意しましょう。

調査員が現場に来なかった

調査を頼んだのにも関わらず、探偵社側の理由によって調査員が現場に来なかった場合、その日の分の料金を返還してもらう事が可能です。

しかし、調査料金の返金を求めるよりも、そのまま調査日数を延長してもらう事の方が多いので、全額返金を率先して行ってくれる探偵社は少ないです。

ただ、調査をすっぽかすというのは、探偵社側が言い訳のしようがないミスなので、全額返金を求めれば素直に応じてくれるでしょう。

まとめ

浮気の証拠が取れないのに、そのまま素直に料金の全額を支払う必要はありません。

もしも尾行のミスが探偵社側にある場合、お金は全額返金してもらえますし、それほど大きなミスであっても調査費用の一部を返金してもらえる事もあります。

こうした行動は、相手探偵社との粘り強い交渉がキメ手となりますので、料金を返金ができないと諦める必要はありません。

 

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい