1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫浮気未遂があったら今度は浮気を疑うべきか?未遂に対する措置とは

浮気未遂があったら今度は浮気を疑うべきか?未遂に対する措置とは

952

もしも貴方のパートナーが浮気ではなく浮気未遂をしたら場合、あなたはそれをどう感じますか?

もしかしたら、多くの人は浮気未遂はすでに浮気だとして非難するかもしれません。特に女性はパートナーである男性が別の異性に気を取られているだけで、それを浮気だとみなす所があります。

それでは一方男性はどうなのか?自分のパートナーが別の異性に気を取られていたら、それはやはり浮気だと思うのでしょうか?

男性の浮気未遂の種類

女性が感じる男性の浮気未遂の種類としては考えられるのは、恐らく以下の項目となるのでしょう。

女性と親しく話をする

男性が女友達と親しく話していた場合、多くの人が浮気未遂であると感じるようです。

これが直接自分の前で会って話していたり、複数人と同時に話していれば良いのですが、とにかく一対一で親しく話しているとなると、それはもう浮気未遂であると感じやすいのだとか。

一緒に食事をする

他の女性と一緒に食事をしている場合、浮気未遂であると感じる人と、すでに未遂のラインを越え、浮気に入ると感じる女性が多いようです。

女性はとにかく隠れて会っている時点ですでに浮気であると考える事が多いので、世の男性はなるべく一対一で女性の友人と会わなくてはならない時は、自分のパートナーに断りを入れておく事をお勧めします。

二人きりで遊びに行く

二人きりでどこかに遊びに行った場合、浮気未遂であると感じる人はごく少数で、殆どの女性は浮気であると考えます。

確かに、男性がいくら言い訳しようとも、これは完璧にデートの範疇に入りますよね。

遊びに行く女性がよほどパートナーからの信頼を得ている人物でない限り、浮気未遂というのも少し苦しいかもしれません。

風俗通い

男性の風俗通いはかなり多くの人が浮気未遂であると考えているようで、浮気であると考える人が半数程度でしょう。

その理由としては、やはり風俗が『性的なサービス』を目的として行っているため、性行為はしていても、気持ちが相手に傾いていないと考えているからでしょう。

ただ、ここでもしも風俗に何度も通い、特定の風俗嬢に貢いでいるようであれば、これは間違いなく浮気であると断定されてしまいます。

キス

ここは大変微妙なラインですが、キスをしていたら殆どの女性は浮気だと考えるようです。

男性からすれば、風俗は良くてなぜキスがダメなのか解らない人もいるでしょうし、キスなんて酔ったら誰でもやるじゃないかという意見も聞こえてきそうですね。

しかし、女性にとってキスというのは相手への好意を示す恋愛感情の象徴なので、キス=相手に恋をしているという構図が成り立ってしまい、かなりの確率で浮気だと言われます。

ただ、キス程度なら浮気じゃないという大変おおらかな女性も居るので、全ての女性がキスを浮気だと考えている訳ではありません。

手をつなぐ

キスがダメでも手をつなぐ位なら未遂にすらならないと考えている世の男性方、甘いです。手を繋ぐ事も、殆どの女性が浮気未遂と考えていますし、恐らく半数の女性はばっちり浮気に入っていると考えています。

女性の浮気未遂の種類

女性の浮気未遂の特徴として、男性よりも多少甘めの設定だといえます。

ただ、ある一線を越えた時、男性は「浮気未遂である」ラインから突如として『浮気である』に豹変するので、甘く見ていると危険かもしれません。

別の男性と親しく話す

男性の殆どが1対1でパートナーが別の男性と会う事に抵抗は感じるものの、浮気未遂であるかどうかについて尋ねると「未遂ではない」と答えます。

ただ、多少は浮気未遂であると感じる人もいるのですが、そこは男のプライドなのか、それとも自分が別の異性と話している時の言い訳なのか、浮気未遂であると答える男性は殆どいません。

手を繋ぐ

このラインではそろそろ浮気未遂であると考えはじめる男性が増えはじめます。

しかし、男性の女性幻想なのかはわかりませんが、この時点でも浮気未遂ではないと主張する男性もちらほら居るように感じます。

キスをする

キスにまで達すると男性の殆どは浮気未遂であると考えますが、浮気そのものだと考える男性は恐らく7割程度でしょう。

男性は性行為に至らなければ浮気未遂だが、女性は親しければ浮気未遂

この様に、男女によって浮気未遂のライン引きは大きく違ってきます。

この原因を考えた場合、やはり男性と女性自らが『浮気をしている』と感じるラインそのものが、パートナーへの浮気未遂の判断に大きく影響しているのだと思われます。

男性の場合は、浮気をする目的が性行為である事が多いので、当然そのラインも自身の願望と直結しています。

一方女性の場合、浮気をする目的が恋愛そのものにあるので、恋愛活動と等しい行動を取ったパートナーに対しても浮気であると感じるようです。

探偵業の場合は?

探偵業の場合、調査対称者が浮気未遂を行っていると見なす範囲は『キス』や『手を繋ぐ』といった行動が見られた段階からです。

これは法的には不貞行為にあたらないので探偵が浮気とみなす事はできませんが、不貞行為には当たらずとも、親密な関係を示す証拠としては十分な効力を発揮します。

また、こうした証拠があれば、たとえ不貞行為を立証できずとも、その他の重大な離婚事由として使う事ができます。

この場合、パートナーが他の異性と恋愛関係にあり、その行動が被告(依頼者)に対して結婚を継続し難いほどの精神的損害を与えているとして証拠を提出するのですが、これも1度や2度の証拠では離婚は難しいので、最低でも3回以上の親密さを示す行動を映像証拠として残す必要があるでしょう。

ただ、これはあくまで探偵業の話であり、今後離婚裁判の判例などで「二人で会っているだけで親密な関係とみなす」というような判決が出てしまえば、探偵業における未遂の定義も大きく変わってきます。

まとめ

浮気未遂は、浮気の前兆であると共に、未遂行為そのものが離婚の原因となる事もあります。

しかし、それは男女間においてかなりの差異があるため、もしも離婚後に慰謝料請求を行う場合には調停や裁判が必須となるかもしれません。

その時には、未遂行為でもあっても必ず証拠を残さなければ争いには勝てませんので、未遂だからといって甘く見ず、しっかりと証拠収集を行いましょう。

 

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい