1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫
  3. 浮気不倫の定義
  4. ≫恋愛期間中の浮気を決めるのは誰?

恋愛期間中の浮気を決めるのは誰?

959

結婚している夫婦であれば、浮気についての定義は法律でしっかりと決められており、民法770条に記される『不貞行為』は配偶者以外の相手との複数回に渡る性行為であると過去の裁判例の判決からも出ています。

しかし、不貞行為は夫婦関係の間にしか発生しないもの。結婚前のカップルは法律上禁止されているような浮気についての定義などは一切存在していません。

では、恋愛期間中に自分のパートナーが別の異性を性行為を持った場合、それは果たして浮気と言えるのか?

今回は恋愛期間中における浮気の定義について考えてみたいと思います。

 

恋愛期間中に何故浮気は罰されないのか

結婚前の男女に行われる浮気が違法とならないのは、未だ両者が正式なカップルでは無く、その間には男女は常に新たなパートナーを求める権利があるからです。

常に新しいパートナーを求める最中、例えば1人の人間と交際しているのに、他の異性に目が向く事は沢山あるので、交際期間が多少被ってしまったり、他の異性と付き合っているのに、もう1人の異性と性行為を行ってしまい、そのごパートナーを入れ替え、新たな交際がスタートする事もあるはずです。

そして、残念ながらこれは誰でも持っている人間の権利の一部。結婚さえしていなければ、常により良き異性を求めることができるのです。

 

恋愛期間中でも浮気が認められる理由

恋愛期間中の浮気は違法では無いといっても、浮気は浮気と考える人は多いはずです。

その理由としては、法律では結婚によって浮気が違法となるのに対して、恋愛期間中の浮気は道徳心によって儲けられた社会のルールとして違法となっているからです。

つまり、やはり浮気は道徳的観点からは罰せられるべき行為であり、例え恋愛期間中でも浮気者はパートナーから制裁を受ける事になります。

 

ここでは問題なのは、道徳観点で浮気を認めるのか、法律によって浮気を認めるのかといった違いです。

浮気をする人間からすれば、「恋愛期間中は違法ではないので、浮気をしても当たり前である」と考える人も多く、一度に複数人の異性と同時に関係を持ち続ける人も居ます。

そうした人の考えとしては、自らの中に優先順位を付けながら複数の異性と関係を持つのも当然の事なのです。

 

しかし、多くの人はそうは考えていません。

例え別の異性に目が行ったとしても、別れることを良しとしない人が多く、浮気は認められないと考えている人も居ます。

また、そう考える人間はパートナーの浮気を許す事が出来ませんし、浮気をされた時の怒り様も半端ではありません。

また、私が知る限り、例え恋愛期間中のカップルで浮気をした場合でも恐ろしい制裁を加える人は居ますし、毎年の様に痴情のもつれが原因となった死傷者が出ています。

 

浮気を許すのは度量ではない

では、結局恋愛期間中の浮気を許してしまえば良いじゃないかと思うかもしれませんし、浮気をする人間としては『度量が大きければ浮気を許せる』と考えているかもしれません。

しかし、この様な考えで恋愛期間中の浮気が許し許される事はありません。

浮気を憎む気持ちは、結局は愛情の深さから生まれるからです。

 

それでは、愛情とは一体何か?

愛情とは、姿の良く解らない不可思議なもの。

その正体について未だ人が知る哲学の分野から科学の分野まで、その正体を完璧に突き止められていません。

 

ただ、一つだけ言えるのが愛情が人の動物としての本能と直結しているという事です。

現在まで進んでいる『愛』に対する研究によれば、愛情の深さとは、すなわち自身の遺伝子を残すため、遺伝子を残す為のパートナーである異性に対する強い執着心を示す状態を示すものです。

つまり、浮気は結局法律によって定められるものでも、道徳によって定められるものでもなく、生物として、異性に対する執着心を示す姿勢から生まれる大切な機能の一つでもあるのです。

 

恋愛関係においても浮気を許すためには、システマティックな恋愛観が必要

この様に、愛情も浮気を人の持つ動物としての本能が大きく影響しています。

ならば、恋愛期間中に浮気を許す事を完全に可能とするためには、人はそもそも異性への執着心を消し、複数の人間との性行為をお互いに許せるようになるしかありません。

ただ、そのような恋愛の姿を思い描いた時、そのような恋愛に人は一体どんな魅力を持つことができるでしょうか?

 

まるで性欲や自分の遺伝子を残すための利己的な考えを全ての人間が肯定した「より良き異性を求める為だけの機械達」が、愛情を持たずに活動する結婚の準備運動ではないでしょうか?

こんな恋愛は、恐らく誰も望んではいないでしょう。

また、もしもこれが人間の進化の過程として考えても、まるで絶望的な未来としか私には思えないのです。

 

浮気を許さない事は大切

浮気を許し、許し合う関係からは、一人の人間に対しての愛情を持つことは決してありません。

また、一人の人間への愛情の薄さは浮気をする人間ほど多く持っているの、そうした人間は『浮気』という概念をそもそも理解していないのです。

そう、浮気はする側が定義するものでは無く、浮気をされる側の人間が決める事になるのです。

 

しかし、そうなると異性と電話をしたり、異性と食事をするだけでも『浮気だ!』と言われてしまう事もありますよね?

実際に、私の友人や知人でも異性と話すだけでパートナーから怒られたりする人も居ます。

さすがにここまで行くと、浮気を抑止しようという恐怖心がパートナーとの関係に悪影響を及ぼしているので、浮気の定義を広げすぎるのも問題なのです。

 

浮気の定義は、パートナーの関係維持に最適な範囲で設定すべきである

結局の所、浮気の定義は浮気をされる側によって決定付けられるのですが、その範囲を狭めてしまうと、男女関係の破綻を招きます。

つまり、浮気の定義を決定する場合に最優先すべきなのは、『如何に異性との関係を良好に保つのか』であり、相手の行動を自分の思い通りに設定して安心を得るためのものではありません。

閉め過ぎず、緩めすぎず、自分と相手との関係を維持するのに最適なバランスを考えながら浮気の定義を決定付ける事が、恋愛期間中の男女に求められる行為なのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい