1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫法で裁けない新たな浮気の形 キス友もソフレなど新たな浮気のスタイルへの対処法

法で裁けない新たな浮気の形 キス友もソフレなど新たな浮気のスタイルへの対処法

96

裁判における浮気とは、民法770条に定められた『不貞行為』に該当する行為を指しますが、法的に認められる不貞行為とは性交渉がある場合のみです。

つまり、法的な浮気とは性交渉を指す言葉なのですが、近年、性交渉を伴わない新たな浮気の形が流行しつつあります。

この新たな浮気の流行は離婚問題に大きな影響を及ぼしているばかりか、探偵業界においても調査の成功率を下げてしまう重要な問題として頭を悩ませているのです。

新たな浮気の形。

肉体関係を伴わない浮気や不倫として近年注目を浴びているのが『キス友』『ソフレ』と言われる新たな男女の関係性です。

キス友』は、正式なパートナーではない異性との恋愛関係において、性交渉の代わりにキスのみを行う新たな浮気のスタイルです。

これは女性が性的な交渉を持つリスクを冒さずとも恋愛関係を楽しむために発展たもので、主に主婦層が浮気を楽しむために好んで行っています。

『ソフレ』は、“添い寝友達”の略称であり、その名の通り性交渉を行わず、異性同士が添い寝をしあうだけの関係性を指し示す言葉です。

ソフレは主に性的交渉を好まない男性が、手軽な異性関係を維持すために利用しており、こちらも性的交渉を持つリスクを回避するために発展したものと考えられています。

浮気として認められない浮気

『キス友』も『ソフレ』も性的交渉を伴わないものの、一般論としては確実に浮気の範疇にはいるでしょう。

ただ、性交渉を伴わない関係性のため、『不貞行為』に該当する事はなく、こうした浮気を原因に離婚請求を行う事はほぼ不可能とされています。

探偵業への影響

2つの新たな浮気のスタイルは、法的な問題もさることながら、浮気の立証を最終目標とする浮気調査においてはかなりの弊害を及ぼしています。

『キス友』が及ぼす影響

キス友が調査へ及ぼす影響は、なんといっても決定ともいえるラブホテルへの出入りや、浮気相手宅への出入りが殆ど押さえられない自体を引き起こす点です。

キス友関係にある男女は、もともとキスが性行為の代用品となってしまっており、ラブホテルに行く必要がそもそもありません。

また、キスを行うにしても簡易的な密室や暗闇などがあれば簡単に行為を終わらせてしまうので、調査を行ってもバーや居酒屋、漫画喫茶、夜の公園など、不貞の証拠となりえない場所にしか立ち寄ってくれないのです。

そして、いくらキスシーンを撮影したとしても、不貞行為とは認められないため、法的な証拠能力は薄くなってしまいます。

『ソフレ』が及ぼす影響

ソフレが調査に及ぼす影響は、例えラブホテルへの出入りや浮気相手宅への出入りを撮影できたとしても、『室内で添い寝をしていただけだ』という、通常ありえない反証が通用してしまう点です。

これには浮気をした本人と浮気相手との証言だけではなく、二人の関係性を証明する別の証拠が必要となるでしょう。しかし、もしも証拠が提出されてしまえば、離婚裁判において圧倒的な証拠能力を誇っていた調査報告書が一気に力を失ってしまう可能性があるのです。

新たな浮気のスタイルへの対処法

キス友やソフレは、民法上の盲点をついた厄介な浮気の形です。

しかし、かといって対処法が無いわけでもありません。

例えば、性行為を伴わない浮気が原因で離婚請求を行うにしても、不貞行為を理由に請求を行うのではなく、民法770条1項5号『その他の婚姻を継続しがたい事由』を理由に離婚請求をする事ができます。

『その他の婚姻を継続しがたい事由』には、セックスレスや性格の不一致など、多種多様な原因を理由に離婚請求が行えるため、当然キス友やソフレも該当します。

ただ、慰謝料請求額が低くなりやすい傾向にあるので、キス友やソフレなどの証拠しっかりと立証しないと、自分に有利な離婚を行う事は難しいでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい