1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 不倫浮気の実情
  4. ≫浮気調査は愛をはぐくむのか?破局をもたらすだけではない調査

浮気調査は愛をはぐくむのか?破局をもたらすだけではない調査

974

自らの配偶者を疑うからこそ、人は探偵者に浮気調査を依頼しますが、その結果得られる事実は間違いなく心地よいものではありません。

詳細な行動記録と、仲睦まじく手をつなぎながらラブホテルに入るパートナーと見知らぬ異性。愛している人間が別の異性と性行為に及んでいる。

このような強烈なリアルを目の前に提示されて「離婚」の二文字を頭がよぎらない人間はいません。

しかし、浮気調査のすべてがこの様な結果を生むわけではないのです。

中には浮気の事実ではなく、別の真実を知ることとなり、より夫婦関係が良好になるというケースも少なからず存在しています。

浮気調査は浮気のみを知るためではない

浮気調査とは、厳密にいえば「行動調査によって対象者の浮気の有無を判断する」ための調査となります。

ここに登場した行動調査とは、相手の行動を尾行や張り込みなどを使って観察し記録する調査を指します。これは浮気調査だけに限定せず、シンプルに対象者がどんな行動をとっているのかを確認する作業を指します。

つまり、浮気調査が行動調査である以上、調査の過程において浮気に関係の無い事柄があっても詳細に記録されるので、そこに対象者にとって喜ばしい情報や、改めて対象者の愛情の深さ、自らの過ちに気が付かされるような情報が含まれている可能性があるのです。

実際にあった例

探偵としての活動をはじめる前に「探偵業を行っていると、浮気調査で浮気の有無のみに注目しがちになるが、それ以外の情報も依頼者にとって有益となることが多いことを忘れないようい」と上司から忠告を受けました。

その時は、依頼者にとって有益な情報とは何なのかはっきりと解らず、ただいわれた通りに調査中に対象者がとった行動を詳細に記録し続けていきました。

しかし、ある時、浮気の事実が判明しなかった報告書を作成し終わったあと、相談員を通じて調査部にお礼の手紙がやってきた事があったのです。

一体なぜ?浮気の証拠は捉えられなかったのに、なぜお礼の手紙が?と訝しみながら手紙の内容を読んでみると「皆さまの調査のおかげで、対象者(夫)が日ごろどれだけ仕事をがんばっていたのかを改めて知ることができました、本当にありがとうございました」といった文面が目に飛び込んできました。

この時、私は報告書の作成過程を思い出しました。

たしかに、この対象者は本当に仕事ばかりしていました。朝早くから夜は残業で21時までしていたせいで、浮気の証拠などまるで存在しなかったのです。

しかし、浮気調査の報告書なのに、何もありませんでしたでは済まされないので、とにかくどれだけ調査を行ったのかを詳細に書くために、仕事をしている対象者の写真を詳細に書き込んでいました。

その結果、依頼者は本来求めていた浮気の証拠は手に入らなかったものの、変わりに自分の夫が家族のためにどれだけ努力しているのかを知り、再び心の平穏を取り戻せたのです。

別の疑惑が浮上することも

浮気調査を行った結果、浮気の証拠は見つからずとも、対象者の行動記録だけで十分に依頼者が喜ぶケースもありますが、反対に新たな疑惑を発見するに至り、浮気問題よりもさらに大きなトラブルを未然に防ぐことも可能です。

例えば、浮気調査を行っている最中、対象者が外国人となんどか接触している姿が目撃されたことがありました。

このとき、対象者は外国人男性に金を私、変わりに男性からコンビニのビニール袋のような袋を受け取っている姿が確認できたのです。

この様子を記した報告書が依頼者に手渡されたのち、再び依頼者から相談が入り「外国人男性が麻薬の密売人か調べてほしい」という相談があったのです。

もちろん、もしも本当の麻薬の密売人であった場合には探偵の出る幕ではありませんし、こうした事件性のある以来に首を突っ込みたがる探偵はいません。

そこで、もう一度対象者に対して行動調査を行い、今度は調査員を増やして外国人男性と接触する場面を確認。ビニール袋の中にあるものが2重のビニール袋にくるまれた大麻である可能性が疑われました。

その後、依頼者は男性に事実を問いただすと大麻を使用しているばかりか、ほかにも幾つかの麻薬を使用しいてた事が判明し、依頼者はすぐ男性と別れることになりました。

このように、浮気調査を行っていると、対象者の裏の顔を覗き見てしまうこともありますが、その結果将来を棒に振らずにすんだ依頼者にとっては、浮気の証拠よりもよほど有益な情報であったはずです。

依頼者に伝わる情報と伝わらない情報

浮気調査や行動調査では、対象者が取った行動を記録しなければなりませんが、そのすべてを記録する必要はありません。

例えば、調査中に立ち寄ったお店の名前や住所、電話番号は必ず書き込みます。

しかし、店内で食べたメニューについての詳細まで詳しく報告書に記載しない探偵社も多いでしょう。

また、尾行中には判断できないことや、主な目的ではないため、積極的な調査を行って除法をとるということも難しいです(浮気相手との会話の内容など)

しかし、例え浮気が判明せずとも、その他の情報によって依頼者に喜んでもらえる事を知っている探偵社では、浮気調査の過程で分かった事実ならば出来るだけ多くのことを伝えてきます。

また、良い探偵社であればあるほど、報告書の記載量も多くなるののも特徴です。

まとめ

この様に、浮気調査はその性質上、浮気のみに限って調査を行うものではないので、調査の過程でわかったその他の重要な情報があれば、その情報を依頼者に提供します。

また、一見して探偵にとっては有益な情報とはわからないものでも、依頼者にとっては有益になる場合もあるので、調査報告書には浮気とは関係の無い情報もなるべく多く載せることになっています。

ただ、自宅から全く出てこない対象者を数時間張り込むなど、尾行や張り込みでは対象者の動きがまったくわからない調査では、動きが無い事実以外に書くことも少ないので、依頼者にとって有益な情報が出てくる可能性は極めて低いでしょう。

しかし、報告書に含まれている情報が、依頼者にとってどんなメリットがあるのか解らないので、手渡された報告書はすべてしっかりと目を通すようにしてください。

 

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい