1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気不倫の調査方法・見抜き方
  4. ≫浮気の証拠が見つからない人に試して欲しい裏ワザまとめ

浮気の証拠が見つからない人に試して欲しい裏ワザまとめ

993

浮気調査には、これといって決められたマニュアルは存在しません。この点はプロである探偵も同じで、決められた方法が無い分、合法かつ安全な方法であれば、固定概念にとらわれずに柔軟に調査の手法を変えていった方が、結果的に調査の成功率も高くなります。

そこで、今回は少し風変りな浮気調査の手法についてご紹介させて頂きます。自主調査が上手く進まないひとは是非参考にしてください。

 

ETCカード

車を運転しない、もしくは高速道路に乗らない為、ETCカードを利用しない主婦の方などにはあまり縁が無いかもしれませんが、ETCカードの履歴を見る事によって、浮気をしている日を特定できるかもしれません。

しかし、ETCカードは高速道路に乗った日時、インターチェンジの場所といった情報が全て記録されており、これらの情報は明細書や電話などで確認することが出来るので、浮気旅行が発覚する原因ともなっています。

もしもETCのカード履歴を確認する事が出来るのであれば、パートナーの勤務表(シフト)などと照らし合わせてみましょう。仕事に出かけているはずの日に観光地方面に高速道路を走らせていたら、浮気相手とのデートかもしれません。

また、出張に出かけた日などがあれば、事前に日取りを確認しておくととても便利。あとでETCカードの明細を突き合わせてみれば、パートナーの嘘が解ることでしょう。

 

ポイントカードの使用履歴

スーパー、コンビニ、レンタルDVD店、家電量販店など、ありとあらゆる種類のポイントカードは、自分で行う浮気調査の強い味方となってくれます。

一番手に付けやすいのは、日常的に利用するコンビニ、スーパーなどのポイントカードであり、これらのカードは使用される度に、使用者が何処のお店を何時利用したのかをデータベースに記録しています。

もしも浮気が疑われる日があれば、後でカードの記録を照合してみれば、浮気相手の自宅周辺のコンビニに立ち寄っていた形跡が解るかもしれないのです。

また、部屋デートでは定番の映画観賞でも、やはりレンタルDVD店で映画を借りなくてはならないので、こちらも記録が残るでしょう。

ただ、カードの履歴を確認するには必ず本人からの申請が必要ですから、本人の了承を取ってから履歴を確認してもらうようにしましょう。

 

Wifi

浮気相手の自宅にWifiが設置されていれば、その家に良く出入りする人間はwifiを利用している可能性があります。

通常、個人利用のwifiには認証ロックが掛けられており、パスワードを入力しなければ使用できません。これは情報漏洩を防ぐと共に、回線の無断利用を回避するために付けられた機能なので、例えwifiの電波を受信したとしても、パスワードを知らない人間は自動的にログインする事が出来ません。

しかし、一度ログインしている人間であれば、同じwifiの電波を受信したら自動的にログインし回線利用がはじまります。

もしも浮気相手の家でwifiを利用いしてるとなれば、その家に近づいた時に自動的にwifiにログインし通信を開始すれば、少なくともその家に良く出入り、通信回線を良く利用していたと言う事が解るので、浮気の状況証拠としては十分通用するでしょう。

 

家計簿

自信の給与やパートナーの給与を全て含め、しっかりと家計を管理している人間であれば、収支の些細な変化や、用途不明の出費があるだけでも十分に浮気を察知する事が出来ます。

家計簿なんかで浮気が本当にわかるのかと、疑いたくなる人も居るでしょうが、浮気をしている人間は以下の様な理由で家計簿に変化をもたらす事が多いので、細かく記録を付けていれば、小さな数字の変化から、パートナーの不審な行動に気が付く事が出来ます。

 

レシートが行方不明

パートナーに必ずレシートをもらうように指示し、飲食代を含めた金銭を家計簿に記録している場合、レシートの不在によって浮気に気が付く事ができます。

浮気をする人間にとって、レシートは決定的な証拠となる恐ろしい物体ということは余り知られていません。しかし、浮気相手とのデートで食べた飲食代やホテルの領収書などは、見られただけで浮気がバレてしまうので、浮気をしている本人はレシートを貰わないか、その後破棄している可能性が高いです。

しかし、家計簿さえしっかりと付けていれば、お金は減っているのにレシートが無いという事にすぐに気が付くはず。それも月に1万円程度も消えているのなら、明らかにレシートを破棄している証拠となるでしょう。

 

給与額のごまかし

完璧なお小遣い制度を採用している家庭の場合、旦那さんが浮気をするお金も当然お小遣いの中から出さなければなりません。

しかし、ただでさえ少ないお小遣いから浮気のためのお金を出すのは至難の業。

そこで、浮気をしやすい旦那さんは、給与明細そのものを渡さず、給与の中から遊び用のお金を抜いた分を奥さんに渡しています。

ただ、これもただの甘やかし。もしも完璧に浮気を防ぐのであれば、まずは自由に使えるお金を減らし、必要であれば夫婦相談の上お金を使う制度を家庭に導入すべきです。

こうしておけば、貯金も溜まって浮気も防げるので一石二鳥です。

もしもそれでも浮気をするのであれば、給与明細からの差額で浮気を見つけることが可能なので、浮気も恐ろしくありませんね。

 

公共機関のカード

電車やバスなどを利用する時に使うsuicaやPASMOですが、これらのカードは料金が発生する度に、必ずその記録がカードの中に残される様になっています。

この履歴は自主調査ではかなり役に立つので必ず確認するようにしてください。

【確認出来る履歴】

  • 残額
  • カードを利用した日
  • 利用内容
  • ポイント残高

 

また、駅の構内に設置されているsuicaのチャージ機でも履歴が確認できます。

 

浮気調査のマニュアルは無い

浮気調査において、固定概念にとらわれてしまうのはとても危険な事です。

いつもの調査手法で情報が得られなかった場合に、すぐ簡単に諦めてしまえば、せっかく得ら得れるチャンスを逃す事になります。

また、無理にその調査方法にこだわりすぎ、調査が発覚する可能を無視してしまう事もあります。調査の発覚に関しては、技術も経験もない人間が行う自主調査のほうがより危険性が高いといえるでしょう。

つまり、プロではない一般人が浮気調査をするなら、なるべく無理をして同じ情報源にこだわらず、頭を柔軟に働かせ、様々な角度から責める方が結果的に成功しやすいということ。

浮気調査はアイディア一つで驚くべき証拠が取れる事もあるので、マニュアルにとらわれずに攻める心がけをしましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい