探偵事務所に依頼するなら?女性に向いている探偵社とは

探偵社への需要は高度経済成長期以来、女性の依頼者が過半数を占めるようになったと言われます。その背景には、女性の社会進出という輝かしい表舞台や、日本ではそれまで少なかった離婚率の増加という暗い背景など、様々な要因が重なっています。

男性の利用者が増えた今でも、やはり年間を通して女性依頼者のほうが頭一つ抜きんでているのが実態。しかし、探偵社への依頼は考えても、躊躇う人が多いのも女性利用者の特徴かもしれません。

そこで、ここでは女性に向いている探偵社について詳しく見てみると同時に、女性依頼者の特徴や傾向についても同時に触れてみたいと思います。

探偵社を求めるのはやはり女性

明治から昭和、平成、そして再び年号が変わろうとしている今でも、探偵業界の利用者の多くが女性であるのには、女性の持っている特徴が大きく関係しています。

 

人間関係に悩むのは女性が多い

探偵に調査を頼む人の多くは人間関係にまつわるトラブルに巻き込まれています。その中には当然浮気も含まれていますが、それだけではなく、親族関係や友人関係、もしくはストーカー被害など、ありとあらゆる人間トラブルに巻き込まれやすいです。

女性は男性に比べてコミュニケーションを大切にし、同時にコミュニティの中で生きることを意識します。しかし、それゆえに人間関係のトラブルも発生しやすいです。

同時に、こうした人間関係のトラブルで女性は男性よりも悩みを抱えやすいです。これはコミュニティの中で生きることを女性が重要と考えているからであり、そこから疎外されると生きてはいけないと考えているからです。

一方、男性はトラブルがあればその集団(夫婦単位でも)から離脱するか、敵対して勝つことを選ぶよりシンプルな発想で動くため、学校などの閉鎖的な環境以外ならストレスをためにくいです。

 

浮気問題により深刻な事態になりやすい

浮気問題が深刻な影響を与えるのは、男性よりもむしろ女性です。とくに昔ながらの専業主婦は浮気問題が起きた時、心のショックと同時に将来への大きな不安を感じるはずです。

さらに女性は男性よりも親権を取りたいと考える率が高く、子育ての費用も必要です。ですが子育てと仕事の両立は難しく、シングルマザーの大半は金銭的な問題を抱えています。

こうした問題により、浮気問題が起きたら専業主婦ほど問題解決に乗り出さなくてはなりません。浮気の証拠を掴んで浮気を止めてもらうにも、慰謝料や養育費や財産分与の問題を少しでも有利にするためには、探偵に調査を依頼することを選ばなくてはなりません。

 

自分一人で解決しない

女性はあまり自分一人で問題を解決しようとはしません。それが功を奏し、一人では難しい問題も、他人の手を借りることをためらわずあっさりと解決できるのも女性の特徴です。

しかし、他人に打ち明けられないような問題(浮気や行方不明、ストーカーなど)は相談する相手も選ばなくてはなりません。

また、探偵以外に頼れる専門機関が少なく、最後の手段として探偵に相談される女性は数知れません。

 

女性は探偵社が実は苦手?

女性の特徴を見てもらえばわかる通り、探偵社を必要とする女性はとても沢山います。

しかし、その一方で、女性は探偵社を利用するのが実はとても苦手という特徴もそなえています。

 

探偵社を怖がる女性は多い

探偵社を怖がる女性はとても多いものです。

その理由はむしろ探偵社側にあることが多いのですが、やはり『探偵』という名前だけでも怪しみ恐怖を感じる人も多いのではないでしょうか。

探偵は世間的にはアウトローと言われていますが、そういしたイメージを恐れるのは男性よりも女性のほうが多いです。一方、男性はそうしたイメージにむしろ好感すらもつ人も多く、イメージで探偵社を判断することはさほど多くないでしょう。

 

話にくい探偵社は苦手

前述の通り、女性はコミュニケーションをとても大切にしています。また、相手に優しさを求めるのも女性の特徴で、ぶっきらぼうなトークはさほど好みません。

しかし、探偵というものは厳しい世界で生きている人間だけに、そこまでコミュニケーションに長けません。また、探偵業は個人事業として行っている所も多く、忙しくてなかなか女性に優しい対応ができない探偵もいるかもしれません。

 

調査が終わっても相談したい

女性は自分の悩みを聞いてもらいたい生き物です。問題解決も重要ですが、それよりも抱えているストレスを吐き出すことのほうが重要という場合もあります。

しかし、そういった悩みは複雑で、多くの人間に打ち明けることは出来ません。だからこそ、自分の悩みの全てを知っている探偵社に相談したいと考えるのです。

 

女性に向いている探偵社は『女性の多い探偵社』

女性は探偵社を利用したいと考える機会は多いですが、かといって、いざ探偵社を利用しようと考えると、ついつい恐怖心や不安が先に来てしまいます。

そこでおすすめしたいのは、女性の多い探偵社を選ぶことです。

 

女性探偵社に依頼

女性探偵社とは、女性をメインとして組織された探偵社です。特に調査員までも全て女性でそろえている訳ではありませんが、社長から相談員、営業など、様々な所で多くの女性が活躍している会社です。

男性の気持は男性にしか理解できませんが、同様に、女性の気持ちも女性にしか分からないことが多いです。問題を解決する以前に、相談をして悩みを打ち明けるなら、やはり女性の多い探偵社に依頼したほうが良いかもしれません。

 

相談員にカウンセラー資格がある

いくら同じ女性といっても、依頼者の悩みを聞くための教育が施されていなくては、女性依頼者は満足できません。そこでお勧めなのが、カウンセラー資格を持つ探偵社です。

カウンセラー資格を持つ相談員は、通常の相談員としての業務だけではなく、特殊な悩みを抱える人達といかにコミュニケーションを取るのか?その教育を受けています。もし相談するなら、こうした資格を持っている人のほうが安心できるかもしれません。

 

まとめ

女性のための探偵社は今や探偵業界に驚くほど増えています。

しかし、増加している女性探偵社だけに、その品質は上から下まで様々なものが溢れているのも事実です。イメージにとらわれやすい女性は、なるべく良く探偵社を選ぶように心がけ、自分にあった一社を見つける努力を怠らないでください。