1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵業
  4. ≫女性探偵社に頼むメリット・デメリットとは?

女性探偵社に頼むメリット・デメリットとは?

jyosei-tantei-merit-demerit-1

調査員を含め、女性だけで構成された探偵社があることはご存知でしょうか?

最近はこの手の会社がかなり増えてきているので、依頼者としては気になるはずです。

それでは、女性探偵者は依頼者にどんなメリットをもたらすのか?今回は女性探偵社のメリットについて詳しくご紹介させて頂きます。

女性探偵社とは?

女性探偵社とは、主に女性を中心として組織されている探偵社です。

もともと、探偵業界には昔から数多くの女性探偵がいました。探偵の仕事は体力勝負の部分もあれば、女性のようなきめ細やかさや、女性でしか不可能な調査が数多く存在していたので、女性の進出は早くから始まっていた業界でした。

ただし、女性探偵社といっても、社内の人間全てが女性ではありません。調査には男性でなければ有利に運ばないことも多く、その全てを女性が担当するのは難しいのです。

特に、長時間の張り込みは女性にとってはかなりの苦痛です。こうした地味で体力勝負となるような仕事は、どうしても男性の仕事となることが多いです。

 

女性探偵社のメリット

探偵業界では、特に女性探偵社でなくとも、探偵社に女性をイメージするような名前やイメージキャラクターを使っている場合が目立ちます。

それだけ、探偵業界は女性像を打ち出すことにメリットを感じており、そこには依頼者にとって探偵が女性であることに大きな意味があります。

 

依頼者に安心感を与える

探偵が男性であるよりも、女性のほうが安心感を与えることが出来ます。

探偵という仕事は、一般的には何かと危険な職業のように思われています。また、依頼者は怪しい仕事だからと、騙されることが無いか心配になっている人も多いでしょう。

しかし、調査をするのが女性であれば、男性よりも信頼感を得ることが出来ます。特にこうした理由から、女性探偵社ではなくとも、看板やイメージキャラクターに女性を起用し、会社の名前に女性の名前を使う探偵事務所も多いです。

 

依頼者は女性が多い

昭和後期から現在に至るまで、探偵業界でも一番多く依頼され続けているのは、なんといっても浮気調査です。

浮気調査の依頼者はここ最近で男性も増えていますが、やはり女性からの依頼、もしくは相談が圧倒的に多いです。

女性は男性に対して強い警戒心を抱いていることが多いです。特に自分の秘密を打ち明けるとなれば、やはり相手は男性よりも女性を選ぶ傾向が高いのです。

その点、女性探偵社は社内の人間の殆どが女性ですから、女性にとっても相談がしやすいのが利点です。同じ女性同士、悩みを打ち明けることが出来るという安心感が、女性探偵社が支持される最大の要因でしょう。

 

女性しか入れない場所への調査

世の中で提供されるサービスや店舗、もしくは社会の仕組みなどは、おおむね女性優先で作られています。

例えば、朝夕の混雑時の電車には、かならず女性専用車両があります。もしも対象者が女性だった場合には、女性専用車両を使用することも多いのですが、こうなると男性調査員が同じ車両に乗り込むことは出来ません。

また、デパートなども男性一人で商品を見るより、女性調査員が尾行したほうが怪しまれなくなります。特の昼間に男性が一人でデパートの中をウロウロしていると、周囲からはかなり目立った存在として見られてしまうでしょう。

こうした事情があるため、女性をターゲットにする場合には、女性探偵社に依頼したほうが調査の成功率が高まりやすくなります。

 

対象者に警戒されにくい

警戒心が高い女性を尾行する場合は、女性探偵のほうが有利な点がいくつかあります。

まず真っ先に考えられるのが、夜間の住宅街での尾行です。

夜の住宅街は人気が少なく、後ろを歩く人間への警戒心が強くなります。そのため、後ろを歩く探偵の伸長や体格によっては、犯罪者と間違えられて警察に通報されてしまうこともあります。

 

余計な警戒心を与えずに尾行を行うためには、男の探偵なら十分な距離を取る必要があるでしょう。しかし、女性探偵ならそれほど距離を取る必要なく、警戒心をやわらげながら尾行が可能です。

夜間に女性が警戒するのは、自身をつけ狙う犯罪者達です。この手の犯罪を犯す人間は大抵が男性で、その多くは性的な行為を目的としているか、もしくは金銭目当てです。そのため、女性は後ろを歩く男性への警戒心は強くなりますし、臆病な人ほど後方への警戒心が高まります。

一方、女性を襲う同性は殆どおらず、警戒心はさほど強くありません。そのため、尾行もしやすくなるのです。

 

女性探偵社のデメリット

こうしてみると、なんとも完璧のように見える女性探偵社ですが、そこには色々な落とし穴も存在しています。

 

男性からの依頼が少ない

「女性」という言葉を全面に押し出した広告を出す女性探偵社ですが、その結果、男性からの依頼を遠ざける結果も生んでいます。

以前までは、探偵社に依頼する人は女性が大半をしめていましたが、最近は男性からの依頼も多いため、女性探偵という名前のせいで損をすることもあります。

 

女性だけで調査を行うのは難しい

探偵の世界は体力勝負と言われるような部分が沢山あります。

長時間の張り込みや、危険を伴うような調査となると、やはりシビアな状況に強い男性らしさが求められてきます。

特に女性探偵が苦手とするのは、何日間にも連続して張り込みや尾行を行うことです。もしも交代要員が足りなければ、何日も徹夜をすることになりますし、好きなタイミングに食事やトイレもいけません。また、寝泊りをするのも車の中になるので、女性探偵にとっては最も過酷な時間となります。

 

運転技術

女性は脳の構造上、空間認識能力があまり高くありません。そのため、車の運転はどうしても男性探偵よりも劣りやすいという欠点があります。

この欠点は努力によってある程度補えるでしょうが、そのためには女性探偵にかなりの向上心が求められてくるでしょう。

 

女性探偵社の人気は高い

女性探偵社の人気はかなり高く、特に女性依頼者からの支持が圧倒的です。一方、男性依頼者は女性探偵社に依頼するのは抵抗があるのか、それほど依頼数は高くないと言われています。

探偵社に頼むのは、女性にとってかなり勇気のいることですよね。そんな時は、近くにある女性探偵社に相談すると良いでしょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい