1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵業
  4. ≫探偵の収入は幾ら?気になる給与事情

探偵の収入は幾ら?気になる給与事情

salary-1

探偵という仕事は世間にほとんど馴染みが無いため、年収の部分についてもあまり言及されることがありませんでした。

また、知り合いや友人に探偵がいたとしても、その人数はせいぜい1人が良い所、また、探偵自身も他の探偵社が一体どれ位の給与を貰っているのか知らない人がとても多いです。

探偵の給与相場

探偵の給与は会社によってかなり幅があるので、相場を出すのはかなり難しいです。

しかし、給与が他業種よりとびぬけて大きいということもありません。特に探偵社に努める調査員ともなれば、安い所だと月に15万円程度で働かされる所もある位です。

 

大まかな相場

探偵業界の給与相場は、およそ600万円ほどと言われています。

この金額は世間の平均年収よりも少し高めとなっていますが、探偵をやっている本人達からすれば、特に高いとは思えないでしょう。

探偵の仕事はかなりのハードワークです。時間は不規則で、さらには厳しく失敗が許されないシビアなものばかり。給与が年収600万円だとしても安いと感じる人が多いです。

 

調査員の相場はさらに低い?

調査員とは、探偵社で働くサラリーマン探偵のことです。給与は基本給+歩合制となっている場合が多いのですが、基本給だけの相場は30万円前後という所が多いです。

また、中小の探偵社となると、調査員への給与が極端に低いケースが目立ちます。また、アルバイトとして雇われている探偵も多いので、年収は極端に下がります。

 

報奨金制度・歩合制度

探偵の仕事は個人の能力に頼ることが多いので、その給与には歩合制、もしくは報奨金制度が敷かれている所が多いです。

歩合制(インセンティブ・報奨金)は、こなした調査の数や、調査を成功させた数、もしくは難しい調査を成功させた場合に給与が追加される仕組みとなっています。

 

歩合の仕組みは各社様々ですが、多くの探偵社は依頼料金の数パーセントを歩合として上乗せしています。

そのため、探偵としてかなり稼ぐ調査員は、小さな案件を数多くこなすか、大型案件を狙ってこなすタイプの2種類に分かれることになります。

こうして稼ぐ調査員となると、月収が100万円前後になるという探偵も時折現れます。この点は、営業マンと同じような仕組みだと考えてもらえれば良いですね。

 

ボーナスもしっかりとある

中~大手探偵者の調査員には、必ずといって良いほどボーナスが支給されます。

支給のされかたは他業種と同じく、数か月分の基本給を年に1~2回ほど給与として振り込まれることになります。

ただ、やはり小規模な探偵社の場合にはボーナスが出ないことも珍しくありません。また、アルバイト探偵も同様にボーナスの対象外となります。

 

役職手当も存在する

あまり知られてはいませんが、探偵の中にも役職手当が存在します。

役職名は各社によって変わりますが、普通の会社のように係長や課長、部長といった序列が存在するのです。

 

探偵として成功している人は経営者

探偵者の社員(調査員)の年収は平均より少し上しかありませんが、一方で経営者となれば、やはり大きな金額を稼ぎ出すことが可能となります。

 

年商70億円

探偵業界で最も収益を上げていると言われるガル・グループは年商70億円を稼ぎ出しています。

このグループはFC(フランチャイズ)経営を行っているので、70億円という年商はグループに加盟している経営者達の売り上げを合計したものとなります。しかし、グループに加入している一経営者だけでも、年商は1億を超える人もいると言われています。

他にも業界大手の探偵社となれば、年商は10億円規模に達する所が多いです。ただ、探偵業界は大手といっても社員数もそれほど多くはないので、他業種からすれば、なぜそんなに小さな規模で利益を上げられるのだろうと不思議になるかもしれません。

 

元手が少なく、利益を大きくできる?

探偵で最も大きく稼いでいる経営者達の多くは、それほど多くの資本金を準備していません。はじめは雑居ビルの一室やアパートを借り、そこに事務所を置いて小さな会社からスタートさせた人が殆どです。

探偵業の開業が簡単な理由は、必要となる専門の機材が少ないからです。今ならパソコン一台に車一台、そしてビデオカメラが一台あれば、誰でも簡単に探偵業を始めることが出来ます。

しかし、だからといって簡単に儲けられる世界ではありません。探偵への依頼者は景気にかかわらず常に一定数存在しています。

しかし、依頼者のニーズが激増することもなく、シェア数も多くはありません。また、業界は大手探偵社がシェアを奪い合い、残りの中、小の探偵社がそのおこぼれを狙うという構図となっているので、新規参入をするなら、かなり頭を使わないといけません。

 

探偵として高収入を得ている人の特徴

探偵の中でも経営者であったり、調査員として高い年収を得ている人達には共通点がたくさんあります。

 

バイタリティがあふれている

探偵はとにかくアクティブな仕事です。

そのため、お金を稼ごうと思ったら日本中を飛び回らなくてはなりません。(私は月に2回は必ず出張に行っていました)

こうしたバイタリティが無いと、探偵として沢山稼ぐことはまず出来ません。探偵のニーズがかなり限られているので、全国を飛び回る位の気概が無いと、まずお金持ちにはなれません。

 

頭の回転が速い

探偵にとって体力以上に必要なのが、とにかく頭の回転力です。

探偵という仕事は、体力勝負の部分も多ければ、頭が勝負となる場面もとにかく多いです。とくに一人で調査に当たる事となれば、調査の方法を考えたり、どうすれば結果を出せるのか考えなくてはなりません。

特に行方調査は頭を使うことが多くなります。また、時間制限(調査の期限)もあるので、じっくり考えている暇はなく、とにかくフルスピードで頭を回し続けることになります。

 

探偵業が好き

探偵として成功する人の大半は、とにかく探偵が好きということが大切になります。

むしろ、好きでなくては続けることが難しいような業界ですから、成功するとなれば並以上に探偵業が好きということになるかもしれません。

 

まとめ

探偵のお金の問題について知ってもらえたことで、また少し探偵への理解を深めて頂けたかと思います。

探偵も人間であり、そこには知られざる秘密が隠されているのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい